←前の記事 次の記事→

『総額3兆円以上、およそ400万のビットコインが消失』11/28 NEWS

ビットコイン供給の20パーセント前後が既に使えない状態となっている。


Translate this article in English

『総額3兆円以上、およそ400万のビットコインが消失』11/28 NEWS
暗号通貨のニュースをピックアップ。(Fortune)

失われたビットコイン

ビットコイン(Bitcoin)には最大供給量として21,000,000 BTCが設定され、これ以上は生成することが出来ません。

執筆時では16,705,700 BTCがネットワークに存在しており、既に多くのビットコインが発掘されています。

しかし、一部のビットコインは秘密鍵およびウォレットのパスワード紛失、ハードウェアの故障などによって通貨を二度と使うことの出来ない、完全に消失した状態になっています。

他にもCounterparty(BTC消失によってXCPを得るため)やBitcoinEaterによるBTCの投棄、Mt.Goxの送信ミスに加えて7,500BTCの入ったハードディスクを捨てた人は紛れもなく消失したビットコインです。

そして、発行上限が定められている通貨にとって、このような消失は大きな問題です。

ブロックチェーンの研究を行っているChainalysisの調査によると、多くて379万、少なくとも278万ものビットコインが様々な理由によって使えない状態となっているようです。

これは現在のビットコイン供給量の17パーセントから23パーセントに当てはまり、1BTCが100万円である現在では凄まじい額(379万BTCの場合、3兆7900万円)となっています(別の研究では25パーセントが消失と推測)。

Chainalysisの統計では、循環外(長期保有者)が256万BTC、Satoshi所持が104万BTC、売り買いが121,300BTC、戦略的投資家が71,200BTC、計3,792,500BTCが使用出来ない状態となっているとのことです。

詳細なフォーマットでは16,381,204BTC時点で、トランザクションによる消失が121,333BTC、長期保有者による消失が2,555,499BTC、戦略的投資家(短期放置)による消失が71,151BTC、Satoshi所持が1,041,715BTC、計3,789,648BTCが消失扱いとなっています。

Exclusive: Nearly 4 Million Bitcoins Lost Forever, New Study Says – Fortune

2017年のビットコイン流通(16,381,204 BTC時点)

Mined Coins(マイニング):604,388 BTC(消失額無し)

Transactional(送受信):6,066,644 BTC(消失額:121,333 BTC)

Out of circulation(長期保有者):5,110,898 BTC(消失額:2,555,499 BTC)

Strategic Investors(戦略的投資家):3,557,539 BTC(消失額:71,151 BTC)

Original Coins(Satoshi所持):1,041,715 BTC:(消失額:1,041,715 BTC)

合計:16,381,204 BTC(消失額:3,789,648 BTC)

HODLER(長期保有者を意味する暗号通貨スラング)のビットコイン所持額は非常に大きいものですが、ゾンビ(Zombie)と呼ばれるトランザクションを長期に渡り実行しておらず、アドレスの生存確認が出来ないものも含まれていることから、実際の消失額は多少左右されます。

なお、Satoshi保持に関することですが、ビットコインの作成者であるSatoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)は最初のブロックを意味する2009年1月4日に起源(genesis)ブロックを生み出しましたが、その後2009年の末までに3万以上のブロックを生成しており、その額は160万以上のBTCに及びます。

当時のビットコインは非常に知名度が低かったため、限られた人数でしかマイニングが行われていなかったことから、そのBTCのほとんどはSatoshiが所持しているという意見があります。

これは未だに詳細が不明であり、SatoshiはそのBTCを消失させたのか、あるいは制御しているのかはっきりしていません。

また、トランザクションミスによる消失は総額10万BTC以上とみられていますが、ビットコインのシステム仕様上、人的ミスにより失われたビットコインはハードフォーク等による内部システムの変更を行わない限りは永遠に取り出すことは出来ず、人的ミスは今後も必ず発生することから、消失するビットコインはこれからも増え続けていくでしょう。

ただ、この消失に関してビットコインの価値にどのような影響を与えるのかという疑問が湧く人は多いと思われます。

市場では価値の上下に供給量も少なからず関連しているため、供給上限のあるビットコインではその影響は大きいと考えるでしょう。

ChainalysisのシニアエコノミストであるKim Grauer氏は「それは非常に複雑な質問です。一方で、時価総額に関する直接的な計算では、紛失したコインを考慮に入れません。この分野がいかに高度に投機的であるかを考えると、それらの時価総額の計算は、消費活動に影響を与える市場の経済モデルになるかもしれません」と述べています。

他にも彼は「しかし、市場は実際の需要と供給に適応しています。取引行動を見てください。更に為替レートに影響を及ぼすために準備金を削減または増加させることはよく知られた通貨政策手続です。答えは『はい』と『いいえ』です」とも話しています。

ビットコインは早くも100万円の大台に突入しており、一部取引所では既に1万ドルにも到達しています。

年内でどこまでその価値が上昇するのか、あるいは下落するのか、今後のビットコインの動向に目が離せません。

時価総額ランキング

2017年11月28日現在、時価総額の高い暗号通貨トップ10は以下の通りです。

時価総額ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank" rel="noopener">CoinMarketCap</a>)
時価総額ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $163,013,886,486(価格:$9757.98)

2位:Ethereum – $46,069,678,128(価格:$479.901)

3位:Bitcoin Cash – $26,977,858,965(価格:$1603.34)

4位:Ripple – $10,464,441,886(価格:$0.270939)

5位:Bitcoin Gold – $5,924,270,943(価格:$355.264)

6位:Litecoin – $5,018,025,482(価格:$92.8796)

7位:Dash – $4,863,589,498(価格:$630.423)

8位:IOTA – $3,264,780,680(価格:$1.17458)

9位:Ethereum Classic – $2,953,663,036(価格:$30.1808)

10位:Monero – $2,775,652,920(価格:$180.136)

なお、暗号通貨マーケット全体の時価総額は『$305,655,040,565(34.0145827 兆円)』でした。

24時間出来高ランキング

2017年11月28日現在、取引量(24h)が多い通貨トップ10は以下の通りです。

24時間出来高ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank" rel="noopener">CoinMarketCap</a>)
24時間出来高ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $5,408,250,000(価格:$9757.98)

2位:Ethereum – $1,413,390,000(価格:$479.901)

3位:Bitcoin Cash – $1,318,010,000(価格:$1603.34)

4位:Ethereum Classic – $1,208,410,000(価格:$30.1808)

5位:Tether – $770,520,000(価格:$0.996271)

6位:Ripple – $391,051,000(価格:$0.270939)

7位:Litecoin – $385,716,000(価格:$92.8796)

8位:IOTA – $240,818,000(価格:$1.17458)

8位:Qtum – $228,244,000(価格:$15.7122)

10位:EOS – $142,514,000(価格:$3.00485)

ちなみに、1位~10位で最も上昇率(24h)が高かった暗号通貨はIOTA(+41.75%)でした。

新規に追加された暗号通貨

CoinMarketCapのRecently Addedページによると、以下の暗号通貨が新たに追加されました。

SmartBillions(SMART)

Publica(PBL)

Magnet(MAG)

SpankChain(SPANK)

Mutual Coin(MUT)

VoteCoin(VOT)

Bitcoin Diamond(Futures)(BCD)

POLY AI(AI)

Accelerator Network(ACC)

Triaconta(TRIA)

DimonCoin(FUDD)

PlexCoin(PLX)

Monkey Project(MONK)

Flixxo(FLIXX)

GlassCoin(GLS)

Hyper TV(HYTV)

ANRYZE(RYZ)

Time New Bank(TNB)

※これら通貨の信頼性は不明なため、投資を行う際は綿密な調査を行うことをおすすめします。

暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

ビットコインなど仮想通貨の保有量は他人には内緒にするべき? | AppTimes

仮想通貨のビットコイン(BTC)を狙った犯罪が増えています。

おそらく多くの方がビットコインと犯罪を結びつけるものとして、マネーロンダリング(資金洗浄)や違法薬物の取引、ハッキングや詐欺などが思い浮かぶかと思われますが、それだけではありません。

今月24日には東京都港区赤坂のホテルで、会社員の男性が少年4人に顔を殴られ、「早くコインを出さないと刺す」と脅された事件が起きました。

男性の通報により少年らは逮捕されましたが、警察の調べに対し黙秘をしているようです。

知人関係や詳しい経緯などについては現在、警察が調べていますが、男性がビットコインを保有していることを知っていたということで、狙われた可能性が高いと考えられます。

ビットコインが遂に100万円を突破、上昇を続けるサイクルが継続 | ビットコインニュース

ビットコインゴールド、仮想通貨時価総額ランキング5位に登場! | AppTimes

欧州のICO規制動向〜EU・英国・ドイツ | ビットコインニュース

ビットコインを狙った犯罪に注意を。 | ビットコインラボ

世界各国中央銀行によるビットコインなどの暗号通貨に対する見解 | クリプトカレンシーマガジン

ビットコインの誕生から9年、ビットコイン価格は100万円に達し、暗号通貨市場規模は30兆円となった。

数年前ではこのような状況を誰も予想しなかっただろう。

特に既存の金融システムに依存する人々からは、詐欺や犯罪、ネズミ講の一種とした扱いを受け誰も相手にしなかった。

しかしこの数年で状況は大きく変わった。

大手金融機関がビットコイン関連の商品を発表するなど知名度は上昇しそれとともにこの1年で価格は850%以上の上昇を記録している。

世界各国中央銀行によるビットコインなどの暗号通貨に対する姿勢がBloombergにより発表された。

今後世界各国はこの無国籍通貨にどのような姿勢を見せていくのだろうか。

【2017年11月27日】ビットコイン108万まで高騰。1万ドル目指す勢い | ビットコインラボ

韓国金融当局、ビットコインなど仮想通貨取引を監督する計画はない | AppTimes

ビットコイン、1万ドルうかがう-投機の津波や機関投資家参入で – Bloomberg

ビットコインが100万円に到達、世界通貨ランキング30位以内にランクイン。| TradeBitLab

ビットコインが金融システム崩壊が起きた際のヘッジファンドとなる | クリプトカレンシーマガジン

ロシアの投資家でアナリストのMikhail Mashchenko氏は金融システムの崩壊が起きた場合、ビットコインがヘッジファンドまたは、投資家達のライフラインになる可能性があると語った。

暗号通貨市場が激変する中で、ビットコインの需要は増えており、プロの投資家は保険としてこれを認識しています。

CMEグループによるビットコイン先物取引の上場やLedgerXによる長期先物オプションなど機関投資家向けのサービスが増えつつあるが、デジタルプラットフォームへの機関投資家の誘致には依然、インフラ整備が必要であると彼は考えている。

ビットコインの高騰により指摘される送金コスト増の問題 | ビットコインラボ

ビットコインハードフォークってやっぱり儲かる?|Coin Choice

活況のビットコイン9700ドル超え、1万ドルまであとひと押し | Cointelegraph

ビットコイン盗難「フリーWi-Fiで1200万円を盗まれた男性」 | BITTIMES

大手ウォレット企業、アルプス山中の秘密シェルターにビットコインの鍵を保管 | Cointelegraph

ビットコインのウォレットを提供するザポ社(本拠地・香港)は、同社が顧客のビットコインを保存するために機密使用している、スイスアルプス山中の旧軍用隠ぺい壕にジャーナリストが訪れることを許可した。

隠ぺい壕は1947年に建設され、冷戦時代はスイス軍の極秘指令所として使用されていたといわれている。

米サイトQuartzと世界経済フォーラムによせた最近の記事で、ジューン・イアン・ウォン記者はスイスアルプスの花崗岩山地にある極秘軍用隠蔽壕への訪問の詳細を記録している。

2017年の11月末現在、一万平方フィート(約929平米)の隠ぺい壕はDeltalis社によってデータセンターとして運用されている。

ロジャー・バー「仮想通貨資産の大半をビットコインキャッシュで保有している」 | TradeBitLab

ヴィタリック・ブテリン氏、台湾でイーサリアムの未来を語る | Cointelegraph

ビットコインのマイニング業界図が変わるか?新マシンDragonMintの発表 | Coin Choice

米最大仮想通貨取引所の口座数、大手証券会社の株取引口座数を超える | Cointelegraph

ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生 | TradeBitLab

10月24日にビットコインから分裂したことで誕生したビットコインゴールド(BTG)が、11月12日から配布が始まったのは記憶に新しいですね(取引所によっては配布されていないところも多く存在します。)

そのビットコインゴールドを利用して330万ドル以上が盗まれる被害が発生しています。

ハードフォーク時点でビットコインを保有していた人達にはビットコインが配布されたわけですが、当初ビットコインに対応しているウォレットが少なく、引き出せない状況にありました。

この状況を利用して「mybtgwallet.com」と呼ばれるウェブサイトの管理者によって行われたこの詐欺は、BTGオンラインウォレットを作る手段として、秘密鍵または回復シードをサイトへ入力するように促していました。

そしてユーザーがその指示通りに行った直後に、ウォレット内のBTGが別のアドレスに送信され抜き取られてしまったのです。

たまごっち想起とヘッジファンド支援会社-仮想通貨ファンドを拒否 – Bloomberg

仮想通貨の相談など急増、相場乱高下、取引リスク不安か:朝日新聞デジタル

フィリピン政府、仮想通貨を証券に区分し合法化へ | Cointelegraph

仮想通貨とネズミ講考~ビットコイン、スイカ、円天は何が違うのか?=矢口新 | マネーボイス

英国の地方都市が「ふるさと仮想通貨」で地方税減額特典、市民惹きつける | Cointelegraph

英国東海岸の小都市ハルの地域仮想通貨ハルコインが、ユーザーに地方税の減額などの特典を提供し話題になっている。

経済紙FTによると、ハルコインは数年前に誕生して以来、政府の補助をうけるなどして順調にユーザー数を伸ばしてきた。

現在も約3500万円がこのコインのプロモーションのために確保されているという。

ハルコインが興味深いのは、ブロックチェーン上に記録された地域コミュニティへの貢献度や奉仕活動に応じてユーザーに特典が付与されることだ。

まさに善行を報いる仕組みだ。

特に話題になっているのが、同コイン所有者には、カウンシル税として知られる地方住民税が減額されることだ。

MIT Tech Review: 食のトレーサビリティにブロックチェーン活用、七面鳥が実験台に

利益の半分は税金 ビットコインの注意点 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

韓国第2位の新韓銀行が仮想通貨ウォレット提供へ | Cointelegraph

ニュージーランド航空、ブロックチェーン技術の活用を研究|ニュージーランド航空 日本地区のプレスリリース

Byteballファウンダー、Tonychのインタビュー。ローンチから1年になるDAG型プロジェクトの今。 | Think Nomad

実際に使われる暗号通貨プラットフォームでありたいと思います。

スマートコントラクトや、アセットなどの機能を、現実世界で使えるように、なるべく普通の人でも分かるようにデザインしています。

それらは、お互い知らない人同士が、お互いを信用をせずとも、トラストレスで価値交換することを可能にします。

そして、それらのコントラクトのトランザクションを安価であることです。

従来のスマートコントラクトは、コントラクトの実行することに手数料がかかりますが、DAGを採用するByteballでは、それが安価です。

通常のトランザクションコストも、従来型のブロックチェーンより、遥かに安価です。

そういったユーザビリティを提供すると同時に、Byteballは、汎用性の高いプラットフォームです。

こういったことに加え、改ざんができないアセットを作ることが出来たり、そのアセットに匿名性を加えることも出来ますし、コントラクトを利用したアプリケーションの開発もできます。

Byteballは、それらを可能にする分散型プラットフォームです。

ここまでBTC相場が上がると、もはやBTC手放して決済しようとか思えないですね。
この先まだBTCの価値が伸びるなら決済に使う方が勿体ないよね、日本円手放した方がいいよねって思うのは自分だけかな??

— マナ@仮想通貨(暗号通貨) (@1000crypto) November 27, 2017

雑所得とか言ってないで、3年間は課税を繰り延べますとやってくれれば日本は一気に仮想通貨大国になるし、消費も拡大するのに、ああホントにお馬鹿さんねえw

— MiningFOX🦊 (@moritakitsune) November 27, 2017

金融庁仮想通貨モニタリングチーム長が、「匿名通貨」について言及

「あくまでも仮想通貨交換業者の、業務の遂行体制や財産的基礎などの登録要件をクリアしているかどうかを審査。金融庁が仮想通貨としての価値を保証したり、推奨したりするものではない。」と言及していますhttps://t.co/QXc5UyaaVH

— CoinPost -仮想通貨情報サイト- (@coin_post) November 27, 2017

朝方激薄の板で1,000BTC前後約10億円の大口ショートロスカした模様。最近は24時間の出来高も10万BTC切りそうで気配値付近も実質的なスプがかなり広かったのでしょうがないですね。100万ショート組に乗った人は1BTCに付き約12万の損失 #ビットコイン #Bitcoin #仮想通貨 #ブロックチェーン #bitFlyer https://t.co/YfjOpdVJEd

— 墨汁うまい(BokujyuUmai) (@bokujyuumai) November 27, 2017

ビットコイン分裂祭りかー・・・買うしかないなぁ!(煽り)

・ビットコインプラチナ(12月1日)
・スーパービットコイン(12月17日前後)
・ビットコインウラン(12月31日)
・ビットコインシルバー(12月予定)
・ビットコインキャッシュプラス(来年1月)

おかしいよ…https://t.co/UrQ9aRCOXO pic.twitter.com/DcNZytHIl9

— ゆきママ@FX株仮想通貨バブルポケ森 (@yukiyukimama) November 27, 2017

ビットコイン100万円ってこんなサクッと超えていっちゃうもんなんだね。。ほんといつの間にかって感じ( ꒪⌓꒪) pic.twitter.com/3KlECVYocA

— ふうか·ᴥ·仮想通貨な女子大生 (@huuka_u_u) November 26, 2017

もしそうなれば、相当ヤバそうですね。ITバブルの時みたいに一度全てが冷え込み本物の銘柄(Goggle、Amazonみたいに) のみ生き残りそうです。仮想通貨戦国時代突入です笑 pic.twitter.com/Mlqta2mS2L

— タイムスリップラー (@Doraemon_XRP) November 27, 2017

#Coincheck銘柄
過去1年間の上昇倍率ランキング
(本日の始値/昨年11月26日の始値)を四捨五入$DASH 67.3倍$XEM 55.4倍$ETH 48.2倍$LSK 47.5倍$XRP 35.0倍$ETC 26.4倍$XMR 21.2倍$LTC 20.8倍$BTC 11.5倍$FCT 10.2倍$REP 6.6倍$ZEC 4.1倍
番外 $BCH 5.2倍(8月14日~)#暗号通貨 #仮想通貨

— とみ三(Samurai33) (@samurai3311) November 26, 2017

finexは怪しい怪しい出金しとけ出金しとけという割には日本の期限切れ間近の『みなし業者』に関しては出金しとけとはいっさい言わないあたり、暗号通貨クラスタは金融庁を舐めきっているのがよくわかる。

— タヌ神 (@GodTanu) November 27, 2017

稼ぎの手法を公開してる人は、本当にそのまんまやってる事を公開してる人もいると思うんですが、言語化出来てない・書かれていない事が稼ぎのミソだったりするので、ノウハウ買っても99%の人は撃沈しますよ。

— マナ@仮想通貨(暗号通貨) (@1000crypto) November 24, 2017

仮想通貨という呼び方をそろそろ暗号通貨に統一したいね。英語でもCryptocurrency、Digital currency、Virtual currencyって記述を見るけどやっぱりCryptocurrencyが一番多い。 pic.twitter.com/njuDSHYnov

— Sawa Azumi (@SawaAzumi) November 26, 2017

そういや、昨日サンタルヌーさんにて話きいたんだけれど、

支払いの3分の2くらいが日本円で
他3分の1くらいが暗号通貨らしい。中でもMonacoinファンによる支払いが多いだとか!簡単に表にしてみる。PEPECASHはまだ誰もいないww

(東京店での話) pic.twitter.com/1eIoUuF3O3

— エヌ🐸RETPYRC (@BFM33211) November 26, 2017

ビットコイン100万って聞いたら普通の人は100万単位じゃないと買えないと思いそう。

— Sawa Azumi (@SawaAzumi) November 27, 2017

「ビットコインの教祖」がデジタル通貨を好む5つの理由 https://t.co/D9h4yUzPvl pic.twitter.com/KHV2oP6mCB

— ブルームバーグニュース日本語版 (@BloombergJapan) November 27, 2017

ビットコインのマイニング消費電力が多くの国の消費電力を超えてきている。

Source: https://t.co/E5MChQ8wjs pic.twitter.com/iN7NeBG0zd

— アメリカ部/米国株投資アンテナ (@america_kabu) November 27, 2017

■ビットコインが失敗する10の理由
1.ブロックチェーンだけが残る
2.FBIの監視
3.リーダーシップの欠如
4.法と規制
5.利用シーンの限界
6.マイニング難易度の上昇
7.恐怖からの暴落
8.ハードフォークの乱立
9.ビットコインを好まない銀行
10. 革命家も世界の崩壊は望まないhttps://t.co/6uzGriLoaJ

— 仮想通貨小学生 ケン (@crypto_child) November 23, 2017

ブロックチェーンブームでは本質を理解できてない一般投資家が株式市場でカモられ、ICOブームではプロジェクトの本質を理解できてない一般人がビットコインでカモられ、これから起こるHFブームではビットコインの本質を理解できてない一般人がまたカモられる。

— 田中😇 (@tanaka_bot_1) November 25, 2017

有名なモナコイナーからいつの間にかフォローされてたのでフォロバしようと思ったけど………これ…… pic.twitter.com/poqKM6B5Hc

— Dvorakはしもと@仮想通貨女子 (@dvorak__) November 27, 2017

▲ サイト最上部へ移動 ▲