←前の記事 次の記事→

『ビットコインが8,000ドルを突破、今年終わりに1万ドルへ到達か』11/22 NEWS

ビットコインの価格は更に上昇する。


Translate this article in English

『ビットコインが8,000ドルを突破、今年終わりに1万ドルへ到達か』11/22 NEWS
暗号通貨のニュースをピックアップ。(CoinMarketCap)

今年までに1万ドルに届くか

先日発生したドルと裏付けされたトークンであるTether(テザー)のハッキング事件などによってビットコイン(Bitcoin)は一時的に暴落していました。

しかし、Tether公式のアナウンスによるとハードフォークによって盗まれたTetherは攻撃者のアドレスからの送信を受け入れない設定を追加することでハッキング損失を最小限に抑え、アップグレード後は盗まれたトークンを回収してウォレットに戻す予定です。

Tetherの対応が素早かったことが影響してか、発表後はビットコインの価格は再び上昇し、現在の執筆時では8100ドルほどになっています。

ビットコインの価格は時々下落していますが、長期的に見ると常に上昇傾向にあり、今年に入ってからはそのペースは非常に大きくなっています。

Forbesの億万長者ランキングにも掲載されたこともある、Fortress Investment Groupの元ヘッジファンドマネージャーであるMichael Novogratz氏は「ビットコインは今年の終わりまでに1万ドルに到達するだろう」と話しています。

彼は暗号通貨や初期通貨公開(ICO – Initial Coin Offering)および関連会社に投資するために5億ドルのヘッジファンドを開始しており、大きな影響を及ぼす可能性があります。

もし今後ビットコインが1万ドルに達した場合、節目であることから多少の下落は十分考えられますが、上昇要因となる様々なニュースが続々とリリースされていることから、ビットコインに関する深刻な問題が発生しない限りその価値は伸び続けていくでしょう。

時価総額ランキング

2017年11月22日現在、時価総額の高い暗号通貨トップ10は以下の通りです。

時価総額ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank" rel="noopener">CoinMarketCap</a>)
時価総額ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $136,262,740,010(価格:$8162.25)

2位:Ethereum – $34,956,854,085(価格:$364.602)

3位:Bitcoin Cash – $20,051,206,521(価格:$1192.44)

4位:Ripple – $9,052,003,515(価格:$0.234369)

5位:Dash – $3,979,492,573(価格:$516.612)

6位:Litecoin – $3,807,059,586(価格:$70.5838)

7位:IOTA – $2,561,084,219(価格:$0.921409)

8位:NEO – $2,350,016,500(価格:$36.1541)

9位:Monero – $2,245,753,500(価格:$146.037)

10位:NEM – $1,836,243,000(価格:$0.204027)

なお、暗号通貨マーケット全体の時価総額は『$242,811,897,003(27.2485576 兆円)』でした。

24時間出来高ランキング

2017年11月22日現在、取引量(24h)が多い通貨トップ10は以下の通りです。

24時間出来高ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank" rel="noopener">CoinMarketCap</a>)
24時間出来高ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $3,475,040,000(価格:$8162.25)

2位:Ethereum – $720,268,000(価格:$364.602)

3位:Bitcoin Cash – $565,277,000(価格:$1192.44)

4位:Tether – $461,100,000(価格:$0.996992)

5位:Dash – $188,475,000(価格:$516.612)

6位:Litecoin – $162,943,000(価格:$70.5838)

7位:Ripple – $131,509,000(価格:$0.234935)

8位:Ethereum Classic – $118,239,000(価格:$17.9924)

9位:Qtum – $96,803,200(価格:$14.138)

10位:IOTA – $91,854,600(価格:$0.921409)

ちなみに、1位~10位で最も上昇率(24h)が高かった暗号通貨はDash(+10.58%)でした。

新規に追加された暗号通貨

CoinMarketCapのRecently Addedページによると、以下の暗号通貨が新たに追加されました。

BitSerial(BTE)

BitBoost(BBT)

Sugar Exchange(SGR)

Corethum(CRTM)

Viuly(VIU)

ALQO(ALQO)

GoByte(GBX)

WINCOIN(WC)

Oyster Pearl(PRL)

Infinity Pay(IPY)

B2BX(B2BX)

Phantomx(PNX)

Copico(XCPO)

DigiPulse(DGPT)

EncrypGen(DNA)

Ink(INK)

Bitcoin2x(BTC2X)

Bodhi(BOT)

Quantstamp(QSP)

QASH(QASH)

ZoZoCoin(ZZC)

Energo(TSL)

※これら通貨の信頼性は不明なため、投資を行う際は綿密な調査を行うことをおすすめします。

暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

海外投資家は強気?高値まで売却しない投資家が多数 | ビットコインラボ

学生ローン情報サイト「Lend EDU」がビットコインに投資をしたアメリカ人564人を対象とした世論調査を行いました。

調査ではビットコインホルダーの強気な姿勢を伺うことができます。

「いくらでビットコインを売却する予定ですか?」という質問では、19.6万ドルが平均の数字となりました。

二歩年に換算すると約2,200万円です。

現在のビットコイン価格から約20倍になります。

更なる上昇期待があることがわかります。

米JPモルガン、ビットコイン先物仲介への参入を検討 米報道  :日本経済新聞

ビットコインは1万ドルで今年を終える-ノボグラーツ氏 – Bloomberg

米著名投資家ジム・ロジャーズ「ビットコインはバブルの匂いがする」 | Cointelegraph

仮想通貨だけじゃない! ブロックチェーンを活用した海外サービスの事例とは? Omise 宇野雅晴 | CAREER HACK

仮想通貨「Tether(USDT)」ハッキング被害額は35億円 | AppTimes

ドルペッグ制の仮想通貨、Tether(テザー:USDT)が悪意のある何者かのハッキングによって3,095万USDT(約35億円)が盗まれたことが分かりました。

テザーの運営会社によると、11月19日に3,095万USDTがTether Treasuryウォレットから、許可されていないビットコインアドレスに送られていたとのことです。

該当のアドレスは「16tg2RJuEPtZooy18Wxn2me2RhUdC94N7r」で、ここからのテザーは受け取らないように呼びかけています。

また、この問題の解決策として、ハードフォークを行うとし、また、盗まれた分のテザーを戻すように動くとのことです。

CMEは12月11日にビットコイン先物取引開始か | TradeBitLab

マルク・カルプレス氏が再起のICO~マウントゴックス復活計画とは | AppTimes

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」 | BITTIMES

ビットコインキャッシュを取り扱うビジネスの状況 | Coin Choice

NEOが来春初の開発者会合開催、マイクロソフトと連携 | Cointelegraph

中国版イーサリアムといわれるNEOが、2018年3月にマイクロソフトと連携して開発者会合を開催すると発表した。

「中国初の開発者コンテスト」と銘打ったイベントは、オンチェーンやエラストス等の新興ブロックチェーン団体からの支援も受けて行われるという。

挑戦者は50万ドルの賞金プールから、最高で15万ドル獲得を狙えるという。

ビットコインゴールド(BTG)がBittrexに上場し高騰中、TREZORもサポートをスタート | Cointelegraph

ロシア地方検察当局がビットコインATMの設置者に警告 | Cointelegraph

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略 | Bittimes

Visaがマスターカードとアメックスに続きブロックチェーンでの国際間B2B決済へ | AppTimes

仮想通貨とネズミ講考~ビットコイン、スイカ、円天は何が違うのか?=矢口新 | マネーボイス

現在ビットコインが使える場所は、前述のウェブページによると、ビックカメラ、エイチ・アイ・エスの一部店舗、飲食店や歯医者などとされている。

私の記憶では、最も早く受け入れを表明した中に、キプロス大学の授業料があった。どこも、受け入れることを止めると言えば、止められるところばかりだ。

JPモルガンチェースのCEOは仮想通貨を「詐欺」と呼び、先週にはソシエテジェネラルのCEOも「仮想通貨はその匿名性ゆえに未来がない」とした。

確かに、通貨の裏書は政府だ。

電子マネーの裏書は使用者自身の現金か信用力だ。

商品券やポイントカードなどは発行企業の信用力である。

仮想通貨は、信用調査機関が調べようにも実態がない。

「お好きにどうぞ」というやり取りだ。

ICOの本質と日本が推進すべき理由とは – ZDNet Japan

MIT、ブロックチェーン卒業証書を授与–改ざん不可能で真正性を保証、共有も容易 – CNET Japan

#12 詐欺か革命か ICOに沸くシリコンバレー  :日本経済新聞

省エネで環境に優しい「新しいビットコイン」、BitTorrentのプログラマーが開発中|WIRED.jp

ICOで34万7000ドル集めた会社、直後に雲隠れ | TechCrunch Japan

Confidoなる会社がカスタマイズされたCFD〔差金決済取引商品〕を売って小規模なICOを行った。

これは「安全かつtrustlessな(中央集権的発行権限を必要としない)暗号通貨」による払い込みという宣伝だった。

ICODropsによればこの会社は目標の40万ドルに近い金を集めとたんにキャッシュを握ったまま消えた。

会社のドメインは放棄されたらしく、サーバーには何も残っていない。

ファウンダーは元eBay社員のJoost van Doornという人物らしい(画像参照)。

DoornのRedditのConfidoフォーラムへの投稿によると、「われわれは契約から生じる法的な困難に直面している。

われわれが署名した契約について弁護士は法的に問題なくリスクも最小限だと保証していた。

ここで詳細を明らかにすることはできないし、するつもりはないが、弁護士は間違っていた。大問題になっている」ということだ。

この1年で仮想通貨に関するツイートが急増–ビットコイン急騰と連動して – CNET Japan

仮想通貨をATMで購入、暁星が技術開発 – NNA ASIA

GMOインターネット、300億円「採掘」の皮算用  :日本経済新聞

ウォール街のブロックチェーン利用近づく-「機能すること分かった」 – Bloomberg

Ripple社にジョインしたBenjamin Lawsky氏はNYCの仮想通貨規制であるビットライセンスの制定者ですが、今後は銀行がXRPを採用する助けをしていくとのことです。https://t.co/5wGrv9Fr8r

最強の味方ですね(笑)

— 名もない猫@りっぴぃ 👼‏ (@cryptopayments2) November 21, 2017

株は2分割したら総量が倍になるから半額になる。
ビットコインは2100万枚が4200万枚になるわけではなく、ビットコインゴールドが価値がなくなることはあるが…
この人は大丈夫か?
何もわかってないんだろうね

— ダースエイダー@私が日銀 (@haru28bit) November 21, 2017

ひたすら羊毛フェルトと格闘しリップルとネムのロゴが完成!ピンバッジにでもするです(*´-`) pic.twitter.com/BQCrQQn6uT

— ゆいちゅう@仮想通貨女子部 (@cheko_bit) November 21, 2017

モナコインキーホルダー*
ずっとモナが上がり続けるように無限大を付けました♡ww

モナッピーで販売します。
zaifチップ払いでも可能です。#モナコイン #モナコインキーホルダー #モナ #仮想通貨 #zaif pic.twitter.com/7F0Z9zTTLM

— ころころ♡ (@chiwawa10211) November 21, 2017

大学生の時に仮想通貨に出会ってたらと思うとゾッとするわ。普通に就活とか経験したほうが良いと思いますよ

— ツァビデル (@coinkeiba) November 21, 2017

たとえ相手が「実は男でした!」と言ったとしても
そういうことにしたがってる女の子だと思い続ければ幸せになれます。
ガチホと一緒で、信じるものは常に救われるのです…。

— 仮想通貨小学生 ケン (@crypto_child) November 21, 2017

ロシアの通信省(Minkomsvyaz)の事務次官は、
「ロシアは"絶対に"ビットコインを合法にしないだろう」と言及しました。https://t.co/yscQmzQf3b

— CoinPost -仮想通貨情報サイト- (@coin_post) November 21, 2017

大石さん流石正装wwww@bigstonebtc #ビットコイン #仮想通貨 #Bitcoin $BTC #ブロックチェーン https://t.co/5uaCKfuK3m

— 墨汁うまい(BokujyuUmai) (@bokujyuumai) November 21, 2017

USDTを使ってる所から避難をとか言ってる馬鹿が居るが常識的に考えればそんなアナウンスいらねぇんだよ
まともな仮想通貨クラスタの人々は、そもそも取引所というものを信用してないから自分のウォレットに保管してるわ

— tanaka@呉提督 (@tanaka_nem) November 21, 2017

市場の反応

_人人人人人人人人人人人人人人_
> ビットコインやばい売ろう <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄#ビットコイン #Bitcoin #仮想通貨 #ブロックチェーン #フィンテック $BTC https://t.co/HPDrDpEn0A

— 墨汁うまい(BokujyuUmai) (@bokujyuumai) November 21, 2017

モナコインの価値を上げたいなら自分でモナコインを扱うコンテンツを作って相対的にモナコインの付加価値を高めればいいって数年前から提唱されてる 市場に材料を投下されるのを待つんではなく自分が材料を投下する側に回る それが気兼ねなくできるのが他の仮想通貨にはないモナコインの強みだと思う

— すみうく (@sumyu_r125) November 17, 2017

将来的に匿名通貨は絶対なくならないと考えています。
もしあなたが300BTC持っていて、コンビニ等で決済した際にアドレスから資産が追跡される危険性があるのは怖くないですか?
資産の透明性は犯罪のターゲットにされるリスクが発生するので、個人では匿名通貨のほうが適していると私は考えています。

— edindin@仮想通貨ブログ (@edindin_crypto) November 17, 2017

今更ですが、なぜXRPの65%がKRWで購入されているのかわかりません。BCHですらKRWの割合は45%、ETHは24%なのに、XRPだけ圧倒的です。今年の5月くらいまでは、XRPを購入できる韓国取引所は一ヶ所しかなかったんですけどね pic.twitter.com/blU6QXBAVZ

— 가상화폐 정보(暗号通貨情報) (@Bitcoin_Ripple) November 21, 2017

あの…暗号通貨民なんですが…なんと今ならジンバブエ旅行を3万円引きできるプランがあります…7万円分のビットコインを持って行ってください…現地の相場が1.5倍です…1000ドルに換金して日本国に帰りましょう…これ以上の額の換金は空港で捕まります…覚えておいてください…

— うわらざくん (@urawazakun) November 20, 2017

暗号通貨が流行って小学生のなりたい職業ランキングにマイナーが入ってくる未来を想像したらいろんな意味で胸熱。

我が子には勧めない。

— mineCC (@ETHxCC) November 19, 2017

2012年から2017年のビットコインの市場価格の歴史が、動画で見れる。

チャートで見るよりもリアリティが違う。どんだけハラハラドキドキか、直接体験(わら https://t.co/fKWhK0CURQ

— Seapollo Setu (@seapollo) November 21, 2017

速報:ビットコインのオフチェーン解決 #ライトニングネットワーク のノードと簡単なUIを追加した新しいクライアントをiPhone6に同期し、支払いテストが無事完了しました。これによりほぼコスト0で、iPhoneから即座に送金が可能となります #ビットコイン #仮想通貨 #Bitcoin $BTC #ブロックチェーン https://t.co/zRGTDytLuF

— 墨汁うまい(BokujyuUmai) (@bokujyuumai) November 20, 2017

投資の確率を上げるという事だけを考えれば、仮想通貨のトークンを購入するよりもブロックチェーン関係の会社の株式を保有する方がいい。でもそれでは面白くないんだよなぁ。

— Sawa Azumi (@SawaAzumi) November 20, 2017

日本ブロックチェーン協会より日本居住者向けにicoをする場合の注意ドキュメントが出ています。
日本の法律を知らずに突っ込んでくる海外の方にぜひご案内してあげてくださいhttps://t.co/dPPYHimwJi

— 大石哲之 Tetsu Oishi HODL (@bigstonebtc) November 18, 2017

どういうことかというと、Omni Layerというのは、スマートコントラクトを作る仕組みで、Bitcoinのブロックチェーン上で動いてる。カウンターパーティと同じ様な感じです。実は、スマートコントラクトを発明して最初に作ったのがOmniで、元の名前はMaster Coinと呼んでた。史上初のICOをした。

— Seapollo Setu (@seapollo) November 21, 2017

遊びで買っていた草コインが暴落している時の私 pic.twitter.com/VjXMMUHA4l

— edindin@仮想通貨ブログ (@edindin_crypto) November 21, 2017

▲ サイト最上部へ移動 ▲