←前の記事 次の記事→

『中国の主要取引所が業務停止後、即復活する』11/01 NEWS一覧

中国主要取引所が早速復活。

『中国の主要取引所が業務停止後、即復活する』11/01 NEWS一覧
暗号通貨のニュースをピックアップ。()Huobi.pro)

中国主要取引所の停止と復活

10月31日、中国の主要な暗号通貨取引所であるOkcoin(OKEx)とHuobiは業務を停止しました。

原因は中国政府からの規制によるものです。

しかし、OkcoinとHuobiは共に中国外に多くの事業を移転し、国際的な関連会社を通じてP2P取引プラットフォームを立ち上げることでその規制に対応しています。

これは企業が中国の規制当局からの援助を回避し、中国の暗号通貨市場にサービスを提供し続ける手段として行われていると考えられます。

その結果としてHuobiは新たな取引所であるHuobi Proを立ち上げ、Okcoinも同じく新しい取引所をオープンさせるとアナウンスしています。

Huobi Proは当初暗号通貨ペア(BTC/LTC等)のみの取引を予定していましたが、最近のアナウンスでドルと紐付けられた通貨であるTether(USDT)も取引に採用することを発表しています。

これら取引所は中国政府による規制から完全に逃れることが出来た場合、再び中国マネーという大きな波が暗号通貨マーケットにやってくるでしょう。

時価総額ランキング

2017年11月1日現在、時価総額の高い暗号通貨トップ10は以下の通りです。

時価総額ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
時価総額ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $107,487,011,167(価格:$6452.92)

2位:Ethereum – $29,026,747,202(価格:$304.109)

3位:Ripple – $7,681,801,726(価格:$0.199364)

4位:Bitcoin Cash – $7,545,904,476(価格:$450.451)

5位:Litecoin – $2,978,043,120(価格:$55.5318)

6位:Dash – $2,133,325,212(価格:$278.667)

7位:NEO – $1,797,640,000(価格:$27.656)

8位:BitConnect – $1,758,266,958(価格:$239.49)

9位:NEM – $1,682,055,000(価格:$0.186895)

10位:Monero – $1,333,346,292(価格:$87.1821)

なお、暗号通貨マーケット全体の時価総額は『$182,590,987,302(20.7986089 兆円)』でした。

24時間出来高ランキング

2017年11月1日現在、取引量(24h)が多い通貨トップ10は以下の通りです。

24時間出来高ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
24時間出来高ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $2,442,560,000(価格:$6452.92)

2位:Ethereum – $367,914,000(価格:$304.109)

3位:Bitcoin Cash – $359,317,000(価格:$450.451)

4位:Tether – $190,229,000(価格:$0.999516)

5位:Litecoin – $102,441,000(価格:$55.5318)

6位:NEO – $63,381,500(価格:$27.656)

7位:Groestlcoin – $56,968,200(価格:$1.18139)

8位:Dash – $52,211,800(価格:$278.667)

9位:Ripple – $44,950,800(価格:$0.199364)

10位:Qtum – $44,186,000(価格:$10.3697)

ちなみに、1位~10位で最も上昇率(24h)が高かった暗号通貨はGroestlcoin(+139.34%)でした。

新規に追加された暗号通貨

CoinMarketCapのRecently Addedページによると、以下の暗号通貨が新たに追加されました。

Qvolta(QVT)

Russian Mining Coin(RMC)

FlypMe(FYP)

eBTC(EBTC)

ETHGAS(EGAS)

※これら通貨の信頼性は不明なため、投資を行う際は綿密な調査を行うことをおすすめします。

暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

米CMEがビットコイン先物を年内に上場 | ビットコインラボ

10月31日、シカゴ・マーカンタイル取引所を運営する米CMEは、ビットコインの先物を上場する計画を発表しました。

当局の審査を通過すれば、2017年10~12月期中の上場が実現します。

CMEは世界最大のオプション・先物市場であり、実現すれば仮想通貨の取引拡大は間違いありません。

ビットコイン先物に関しては、シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営するCBOEホールディングスも年内の上場を目指すことを発表済みです。

オプション取引所としてはCMEより歴史が浅いですが、S&P500先物やナスダック100先物など有名な商品を扱っています。

イケハヤ氏のブログがアクセスしてきたユーザーのPCを使って勝手にマイニング – はらですぎ

ビットコイン寄付で日本の学生アーチスト支援を開始|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

東京新聞:<ビットコインの世界> (3)投資家「荒れる相場に魅力」弁護士「自己責任のゲーム」

「仮想通貨規制の計画ない」 シンガポール、リスク警戒は続ける – SankeiBiz

意外と早く追加された? 「広辞苑」に「ビットコイン」と「ディープラーニング」| INTERNET Watch

岩波書店の辞書「広辞苑」が10年ぶりに新版へと改訂された。

ITに関する用語も多く追加されているようだが、「ビットコイン」「ディープラーニング」という語が含まれていることは、意外にも早く採用されたと驚いた。

他の語を見てみても、10年以上は「ネット以外の」メディアなどで一般の人が目にして、社会に定着をしたことが確認されてから採用されているように感じていたが、ビットコインやディープラーニングという語はそれに比べるとまだまだ若いと感じたからだ。

もはや、技術に明るくない人でも、この語について知らないとならないといと判断からなのかもしれない。

ビットコインにとってウォール・ストリートは本当に必要なのか | CoinPost

ビヨンドブロックチェーン、新たなブロックチェーン基盤「BBc-1」のソースコードを公開 | bitpress

ビットコイン女子に嬉しい仮想通貨のアクセサリー | Coin Choice

中国の仮想通貨取引所、閉鎖後は香港や日本に進出か? | AppTimes

ジンバブエの人々は世界との繋がりにビットコインを使用している | TradeBitLab

Golixの代表者であるYeukai Kasangaya氏は、ジンバブエで起こっているビットコインの普及について語っています。

GolixのCEOであるTawanda Kembo氏によると、今年の10月1日にBitFinanceからリブランド化されたのは、「ビットコインはただのデジタル通貨にとどまらない。」という確信によって決定されたということです。

また、Kasangaya夫人は、最近、地元のメディアに対し、ほとんどのイノベーションに見られる上向き成長の軌道についてを解説しながら、「一般のトレンドを見てもビットコインへの関心の高まりを示している。」と述べました。

ジンバブエ経済の大部分を損なっている、継続的な資金不足とハイパーインフレによりもたらされた金融危機の大部分に起因して、夫人は、Golixでの取引の大部分は電子的に行われていると報告しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)11月にハードフォークの予定~新たな分裂は? | AppTimes

ビットコイン相場は11月のsegwit2xが主題か? | Coin Choice

「Y’alls」ライトニングネットワークを使ったマイクロペイメントを実装 | ビットコインニュース

ぐるなびがビットコインの決済サービスを提供~全国展開を目指す | AppTimes

ペイパル創業者、ビットコインの可能性について述べる | Coin Choice

Pay Palの共同創設者であり億万長者のピーター・ティール氏は、ビットコインに対する批判は仮想通貨の「過小評価」によるものだと考えているようだ。

10月24日から26日に渡ってサウジアラビアで開かれたFuture Investment Initiativeサミットにスピーカーとして招待されたティール氏。

彼はそこで「ほとんどの暗号通貨に対して懐疑的ではあるものの、進んでいく道によってはビットコインには明るい未来があると考える」と語ったと、海外メディアが報じている。

ティール氏は、Fox Business NetworkのニュースキャスターMaria Bartiromo氏との対話で、ビットコインに対する批判は、「特に、金のように、通貨や価値を保存する形態としてのビットコインを過小評価している。利用者はビットコインを支払に利用する必要はない。」と話している。

また彼はビットコインの発行数が限られている部分や電力を消費して新しいビットコインのマイニングが行われるという部分に注目しているようだ。

「もしビットコインがサイバー空間において金と同じような価値を持つとしたら、そこには大きな可能性が残っている。」とも発言している。

福岡発! 新たな仮想通貨取引所『Mr. Exchange』とは? 紫竹佑騎が語る熱狂、そして企て | CAREER HACK

日本発の新たなブロックチェーン始動 効率高め仮想通貨で主導権狙う  :日本経済新聞

仮想通貨取引プラットフォームHuobiがTether(USDT)取引へのサポートを追加 | 共同通信PRワイヤー

スマホに感染、仮想通貨を採掘させるウイルス―Google Playに登場 | インターネットコム

シンガポールは仮想通貨規制せず、警戒続けリスク見極め-MAS長官 – Bloomberg

シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)のメノン長官は、ビットコインを含む仮想通貨を規制する計画はないと述べた上で、仮想通貨を利用したマネーロンダリング(資金洗浄)などのリスクの可能性には警戒を続けると表明した。

同長官はブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「今のところ仮想通貨の規制を必要とする理由は見当たらない」と言明。

MASの焦点はむしろ「仮想通貨に絡んだ活動を注視し、そうした行動が提起するリスクはどのようなものかを自問し、どのリスクに対して規制での対応が必要であるかを見極め、そこから前進することになる」と語った。

リーチサイト著作権侵害事件、海賊版投稿者ランク付けし報酬渡す 最高で月100万円、支払いは仮想通貨で… – 産経WEST

Monacoのカード・プログラムが認可を取得 – SankeiBiz

ハッカーがあなたのブラウザを利用して、仮想通貨をマイニングしているかもしれない | ライフハッカー

ビットコインを巡る動きに怪しげな加速度が 分裂の動きにある背景 | 財経新聞

SBI北尾会長はビットコイン開発者の「サトシ・ナカモト」と一体何を議論したのか? | マネーボイス

「サトシ・ナカモト」の正体、考えられる可能性

これについて筆者は、ここでの「サトシ・ナカモト」とは個人名ではなく、ブロックチェーン技術を使った新しい金融システムのグローバル・スタンダートを構築しようとしているプロジェクトの名前に違いないと考えています。

日経新聞の「3メガ銀、デジタル通貨統一へ協議会」という記事(10/27付)に出てきたのは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャル・グループの3メガバンクが、それぞれ発行を予定している仮想通貨の互換性についして話し合うための協議会で、これはユーザーの利便性を考えた統一化への動きを示すものです。

社名巡る株価高騰再び-「ブロックチェーン」で熱狂か早とちりか – Bloomberg

https://t.co/9SdM01SsTpという形で継続です。昨晩取引所側から発表されてました。USDT建で取引を行うようになるそうです。 pic.twitter.com/dNfYv63WJI

— はまー (@musibaibai) October 31, 2017

ニュージーランド当局が暗号通貨を有価証券として認める公式声明を発表したとのこと~😳❗️https://t.co/MhDcGzS1WN

— ロシアンOLちゃん@仮想通貨 (@crypto_russia) October 31, 2017

5カ月くらいかかってpoloniex出金制限解除のサポートメールが来て、「Skypeでやり取りするから連絡くれ」と3度コンタクトした結果、何も返答が無く1週間後にサポートチケットがクローズ。

さよならPoloniex。ありがとうPoloniex。 pic.twitter.com/HByrd0pX4S

— マナ@仮想通貨(暗号通貨) (@1000crypto) November 1, 2017

コインチェックさんの金融庁認可が遅れてますが、匿名通貨の売買が日本で承認下りるかどうか注目してる。 DASH,Monero,Zcash。

— マナ@仮想通貨(暗号通貨) (@1000crypto) October 31, 2017

MobileGoが56億円集めた上で5ヶ月かけてやった事が「画像2枚作っただけ」って今世紀でもトップレベルの錬金術なのではないでしょうか。

— edindin@仮想通貨ブログ (@edindin_crypto) October 31, 2017

ビットコイン70万円突破!🎉 pic.twitter.com/iFKdrs18Km

— ふうか·ᴥ·仮想通貨な女子大生 (@huuka_u_u) October 31, 2017

恐らくこのまま行くと、決済層には何らかのデジタルアセット(仮想通貨)が用いられることは濃厚なので、そのときに用いられる仮想通貨は何か考えてみると良いかも。ビットコインなのか、イーサリウムなのか、XRPなのか、NEMなのか、ビットコインキャッシュなのか、柴犬なのか。

— 名もない猫@りっぴぃ 👼‏ (@cryptopayments2) October 31, 2017

ってか$ADKって
・独自取引所のみ。
・その取引所がかなり不安定
・スキャムとか詐欺とか言われてた
・オフショアとか日本ではかなりグレーなネタが多い…etc
これだけ悪いネタばかりでよく0.50centから30USDの値段を付けたよね。
仮想通貨界隈の人たちはヤバイ人ばかり😱

— ADKで資産100倍計画@芦田 (@adk_holder) October 31, 2017

最近マイニングと量子コンピュータについての考察をする人が増えた希ガス
量子コンピュータの特定計算速度の懸念は確かにあるが、ハッシュ計算もそれに合わせて複雑化すれば解決をするわけで、そう考えれば技術の進歩に合わせて仮想通貨も進化してしまえば良いと俺は思う。

— まさやん(摩擦係数)@仮想通貨垢 (@MasayanMonacoin) October 31, 2017

このスライド、情報量が圧倒的です。今年8月以降の暗号通貨界隈の総まとめで、動画は二時間以上、スライドは165ページあります。既知情報のおさらいと未知情報の概観に使えます。

第11回ブロックチェーン2.0概況 https://t.co/wflrBDu7Yb

— indv1 (@indiv_0110) October 31, 2017

SBIVCのサービス開始はSegwit2xの分裂後かな。https://t.co/lE6yoyz1yA pic.twitter.com/tWCpNKdeiA

— 暗号通貨王子 (@Bitcoin_Invest) October 31, 2017

女性が有料アダルトサイトで詐欺被害 | 2017/10/28 – 神戸新聞 https://t.co/ILSNsZ4cDX

これ、記者が「ビットキャッシュ」を「ビットコイン」と間違えたのでは?という話はガセで、コンビニのクイック入金による購入機能を悪用したらしい(記者の正しさ)

— びりある@暗号通貨💰*[消耗中] (@visvirial) October 31, 2017

暗号通貨界の賢者達(2%)→分裂問題は深刻、これはノータッチ。

愚者達(98%)→え?分裂でまたコインもらえんの? てか中国復活!? 激アツ!!

だと、ビットコインは上がるし暴落もしないことに段々気づきつつあるなう。

— クリプトニャンちゅう (@neko03122) October 31, 2017

Google Docsを使っていたら突然、「利用規約に反する内容が含まれている」と言われアクセスできなくなったうえに、ファイルが削除されました。内容は、ビットコインのレポートです。
個人のファイルを検閲しているのか。Googleはもう使えないかもしれない。 pic.twitter.com/rgQafJOQ1z

— 大石哲之 Tetsu Oishi HODL (@bigstonebtc) October 31, 2017

Bitcoin Cashこれまでのあらすじ

1. 採掘速度安定のため難易度調整アルゴリズムを改善しようという意見が出る

2. 改善案を募集。シミュレーションを経て採用する案を決定、実装

3. 日付を告知。マイナーは新しいアルゴリズムを採用したクライアントへアップデートする必要がある

こんな感じ。

— メンテごめんて (@gomente_coin) October 31, 2017

【Segwit2xによるビットコインの分岐に係る対応方針】
ブロック高494,784(11月15日前後見込)より、「Segwit2x」に係る分岐が起こる可能性が高くなっております。分岐に関し、弊社での対応方針をお知らせいたします。https://t.co/Tk3uqKj3ZX

— Coincheck(コインチェック) (@coincheckjp) November 1, 2017

BCH派にとって最高の結末のシナリオが論文書き換えに怒ったサトシが所有BTCをダンプする事。実はCPU時代にマイニングされたブロックに入った2000BTC以上が9月に動いてたらしい。同じアドレスのBCHは動いていない。これはまさかね。https://t.co/DUt9HHsX4r

— Pluton (@23pluton) October 31, 2017

というわけで実験データまとめ。/ 読者のCPUパワーを借りて仮想通貨をマイニングする「CoinLab」を導入してみたよ! : まだ労働で消耗してるの? https://t.co/IWYmKq7HPc pic.twitter.com/w7BJVBUiLw

— イケダハヤト@仮想通貨 (@IHayato) October 31, 2017

ネットでくそみそに叩かれて利益30円って面白すぎ。
"読者のCPUパワー借りて仮想通貨をマイニングする「coinlab」、12時間動かした実績はこんな感じ。30円くらいなので、正直Adsenseのほうがぜんぜんいいですねw"

— はらですぎ (@hara_desugi) October 31, 2017

▲ サイト最上部へ移動 ▲