←前の記事 次の記事→

『ブロックチェーンを学べる大学の登場』10/30 NEWS一覧

ブロックチェーンを専門的に学ぶ大学の登場。

『ブロックチェーンを学べる大学の登場』10/30 NEWS一覧
暗号通貨のニュースをピックアップ。( Dave Collie )

ブロックチェーンを学べる大学

ビットコイン(Bitcoin)をはじめとする多くの暗号通貨はブロックチェーンという技術を使用していますが、このブロックチェーンの特殊な性質はあらゆる分野に大きな影響を与えています。

世界への影響が高まることはそれだけ需要も大きくなるということであり、ブロックチェーンを学ぶことで専門性を高めることは良いことでしょう。

もし今後ブロックチェーンの専門家が必要となった場合、企業は彼らに多くの金銭を与え、その流れはブロックチェーンを利用したより専門性の高い製品が誕生することに繋がります。

既に海外ではブロックチェーンについて学ぶブロックチェーンコースを用意している大学があります

以下はその一例です。

コーネル大学(Cornell University)、ケンブリッジ大学(Cambridge University)、プリンストン大学(Princeton University)、Cyprus University of Nicosia(ニコシア大学)、スタンフォード大学(Stanford University)、B9ラボアカデミー(B9 Lab Academy)、コペンハーゲンIT大学(IT University of Copenhagen)、ニューヨーク大学(New York University)、デューク大学(Duke University)、マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)。

これら大学ではブロックチェーンを専門的に学ぶことが出来るため、ここから将来大きく活躍する専門家が誕生すると考えると、非常に期待が高まります。

時価総額ランキング

2017年10月30日現在、時価総額の高い暗号通貨トップ10は以下の通りです。

時価総額ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
時価総額ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $101,966,486,980(価格:$6122.67)

2位:Ethereum – $29,553,928,173(価格:$309.752)

3位:Ripple – $7,831,381,160(価格:$0.203246)

4位:Bitcoin Cash – $7,386,146,358(価格:$440.961)

5位:Litecoin – $3,098,414,534(価格:$57.8044)

6位:Dash – $2,195,340,051(価格:$286.901)

7位:NEO – $1,837,407,000(価格:$28.2678)

8位:NEM – $1,813,509,000(価格:$0.201501)

9位:BitConnect – $1,665,797,862(価格:$227.283)

10位:Monero – $1,354,909,655(価格:$88.6382)

なお、暗号通貨マーケット全体の時価総額は『$178,251,124,738(20.2443072 兆円)』でした。

24時間出来高ランキング

2017年10月30日現在、取引量(24h)が多い通貨トップ10は以下の通りです。

24時間出来高ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
24時間出来高ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $2,594,400,000(価格:$6122.67)

2位:Bitcoin Cash – $1,835,970,000(価格:$440.961)

3位:Ethereum – $586,653,000(価格:$309.752)

4位:Tether – $273,023,000(価格:$0.999102)

5位:Litecoin – $175,886,000(価格:$57.8044)

6位:Ripple – $61,737,800(価格:$0.203246)

7位:Dash – $51,597,700(価格:$286.901)

8位:Zcash – $40,871,700(価格:$230.921)

9位:Ethereum Classic – $35,773,100(価格:$10.8635)

10位:Qtum – $33,218,500(価格:$10.4333)

ちなみに、1位~10位で最も上昇率(24h)が高かった暗号通貨はBitcoin(+5.30%)でした。

新規に追加された暗号通貨

CoinMarketCapのRecently Addedページによると、以下の暗号通貨が新たに追加されました。

PlayerCoin(PLACO)

Natcoin(NTC)

Roofs(ROOFS)

FAPcoin(FAP)

BTCMoon(BTCM)

※これら通貨の信頼性は不明なため、投資を行う際は綿密な調査を行うことをおすすめします。

暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

中国でビットコイン採掘が活発な理由 – THE ZERO/ONE

この「ものすごく手間がかかる」ということが、ブロックチェーンのセキュリティを支えている。

例えば、10個前のブロックのデータを改ざんしたとする。すると、10個前のブロックのハッシュ値(凸部分)が変わってしまうので、9個前のブロックのナンス値(凹)を計算し直さなければならない。

これだけでも大変な労力が必要になるが、9個前のブロックのナンス値が変わると、ナンス値と格納データを元に計算される9個前のブロックのハッシュ値も自動的に変わるので、8個前のブロックのナンス値も計算し直しになる。

こうして、7個前、6個前…とすべてのブロックのナンス値を計算し直さなければならなくなる。

ベトナム中央銀行、ビットコインユーザーを刑事訴追の対象に。最大2億ドンの罰金も | クリプトカレンシーマガジン

れから暗号通貨は近代通貨の歴史を繰り返すのか? | Coin Choice

ウォールストリート投資家BillMiller、自身の運営するファンド資産の30%をビットコインで保有 | クリプトカレンシーマガジン

会社が不要に? 世界を変えるブロックチェーンと日本のチャンス | Forbes JAPAN

重要政治イベントが終わった中国でビットコイン取引再開の噂 | Cointelegraph

10月24日、中国共産党第19回全国代表大会が閉幕した。

五年に一度開かれる中国最大の政治イベントである本大会では暫定的な規制や政策が取消になったり変更されるケースがあるが、現在中国国内で禁止となっているビットコイン取引の取引についても政策変更が出てくる可能性が出てきた。

10月28日、中国の新しい仮想通貨取引サイトであるwww.ZB.comは、11月1日から全てのトレード機能が使用可能になると発表した。現時点で、口座開設や入金が可能という。

ブロックチェーン上で行方不明なビットコインは430万枚にも上る? | CoinPost

ビットコインキャッシュ(BCC/BTC)上昇の原因は?|Coin Choice

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。SegWit2xへのリスクヘッジか | ビットコインラボ

DMMグループのネクストカレンシー、仮想通貨取引事業に参入:MarkeZine

仮想通貨の決済システム提供の動き相次ぐ | NHKニュース

このうち「ぐるなび」は、代金をスマートフォンなどで手軽に支払うことができるシステムを飲食店向けに提供していますが、31日から東京都内の10店舗で代表的な仮想通貨、ビットコインで支払いができるようにします。

会社では、先行して始める店舗の利用状況を見ながら、来年春から全国に広げていく計画です。

仮想通貨も登場し、いよいよ旧来の仕組みを変えてしまうのだと思います。本当に面白いのはこれからです。:日経ビジネスオンライン

28歳にして仮想通貨で資産2億円の男 その成功法とは? | 日刊SPA!

テックビューロが『COMSA』ICOのトークンセールにおいて、国内初で最大の100億円を突破|テックビューロ株式会社のプレスリリース

AMPLE!がICO開始、アニメ業界共通の暗号通貨を発行 | TechWave テックウェーブ

ブロックチェーン、IoTなど新興技術に潜むリスク–CERT/CCが最新レポート – ZDNet Japan

新しい技術が成熟し、市場に受け入れられるようになると、日常生活の中に入り込んでくる。しかしそこにリスクがないわけではない。

カーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所で運営されているCERT/CCは、情報セキュリティや安全性の観点から、問題が生じる可能性があるテクノロジのリストの最新版を公表した。

CERT/CCが発表したレポート「Emerging Technology Domains Risk Survey」では、人々や企業に大きな恩恵を与えてくれる可能性がある一方で、対応が必要なリスクをもたらす、さまざまな技術トレンドについて検証している。

社名巡る株価高騰再び-「ブロックチェーン」で熱狂か早とちりか – Bloomberg

会社が不要に? 世界を変えるブロックチェーンと日本のチャンス | Forbes JAPAN

中国で新しい仮想通貨取引所が11/1日にオープンする。https://t.co/V2rGr9lDRWというサービスで中国人はもちろん世界中の人がアクセスして利用する事ができるみたい。中国政府が運営していると噂されている。https://t.co/ffzWAWLLtV

— Sawa Azumi (@SawaAzumi) October 29, 2017

GMOがブロックチェーンを利用したオープンソースプログラム「Pay@Table」を公開。
このプログラム利用者は伝票のQRコードをスマートフォン等で読み取った後、表示された金額(トークン数量)の支払いを許可するだけで会計可能です。https://t.co/cmznhfdZbs

— CoinPost -仮想通貨情報サイト- (@coin_post) October 30, 2017

速報:中国大手CHBTCの新しい取引所https://t.co/yVaDbdUGWGは取引を11月1日から提供するも人民元は対象外でUSDTとBTCペアを提供する模様。#ビットコイン #仮想通貨 #Bitcoin $BTC #ブロックチェーン #イーサリアム #中国 pic.twitter.com/3ZENpPqiKv

— 墨汁うまい(BokujyuUmai) (@bokujyuumai) October 30, 2017

お金を稼いでも日本人の財布には大きな穴が空いてるんです。得られるお金が多いほど穴も広がっていく、というか、切れ込みを入れられる。日本の税制はほんとFu〇〇。 https://t.co/M4absRvcX8

— マナ@仮想通貨(暗号通貨) (@1000crypto) October 30, 2017

5万円を数倍にする銘柄を見つけるのと、1000万円を数倍にできる銘柄を見つけるのは多分1000倍くらい難易度が違います。
前者の情報は私含めて多くの人が発信してますが、色々気をつけましょう。

— edindin@仮想通貨ブログ (@edindin_crypto) October 30, 2017

200億ってCOMSAの倍だぞwww

「仮想通貨」販売で虚偽説明 消費者庁、業者を取引停止:日本経済新聞 https://t.co/ukBYG3G0tv

— タヌ神 (@GodTanu) October 29, 2017

東京海上日動火災保険とNTTデータが、貨物の輸出入をめぐる保険金請求に、ブロックチェーン技術を活用する実証試験を11月に始動。

関係書類を2国間で郵送しあう必要がなくなるため、1ヶ月かかった手続きが約1週間に短縮するとのことです。https://t.co/Iu53RR2RRz

— CoinPost -仮想通貨情報サイト- (@coin_post) October 30, 2017

ここ数カ月で、仮想通貨関連のスパムメールが増えています。いわゆる、情報商材屋さん、その取り巻きのアフィリエイターが増えているみたいですが、内容は、大抵がうさんくさい。簡単に儲かる、10倍20倍は当たり前みたいな煽りをしてるけど、実際は、そんな簡単にいかないですよ。。。

— カツヲさん@暗号通貨気絶投資法 (@katsuwosan3) October 30, 2017

増島先生の分散技術に対する理解、すばらしい。「ICOトークンは1号仮想通貨と相互に交換可能である場合仮想通貨に該当する。」これは ICOであっても取引所に上場することを確約すると仮想通貨に該当するということ。個人的に懸念しているのは取引所とICO業者とのインサイダー取引やKYC https://t.co/hWiNDT2LQX

— ♦️syroheiΞYusaku Senga (@syrohei) October 29, 2017

韓国第4位の取引所であるCoinnestにBitmainが投資をした。投資額は明らかになっていない。Coinnestは急成長をしており、会員数は3万人を超えたという。
코인네스트, 비트코인 채굴계 큰손 '비트메인' 투자 유치 https://t.co/RU3Nmjch5O

— 가상화폐 정보(暗号通貨情報) (@Bitcoin_Ripple) October 30, 2017

そろそろみんなこれに気付こう。 https://t.co/edv78GycoK

— 暗号通貨王子 (@Bitcoin_Invest) October 29, 2017

Segwit2xのメーリングリストが、色々深刻というか、LOLだ。
開発の姿勢と、支持者の姿が垣間見え、これがビットコインとして扱われてしまえば、ビットコインの未来は暗いと言わざるを得ない。
MLはこちらから登録できます。https://t.co/05DaMDkemU

— Junya Hirano 平野淳也 (@junya_1991) October 30, 2017

難易度が上がっても多くのマイナーはBTCに流れなかった。今もBTCの方が効率いいのに、BCHの採掘を続けてる。なぜかって?それはBCHのマイナーは将来の値上がりを見込んでるからということらしいです^_^

https://t.co/YVe2ETIVZY

— 指針 (@silverfox789123) October 30, 2017

女性が有料アダルトサイトで詐欺被害 ビットコイン16万円(神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース https://t.co/CS1dwr1aZt @YahooNewsTopics ちょっと待て「コンビニに備え付けの端末から16万円分のビットコインを購入」それビットキャッシュ

— まのま( ´₿ ɷ ₿` ) (@manoma221) October 30, 2017

一般向けブロックチェーンの解説書って
今もあるし今後も出るっぽいが

小学生向けの本があったらいいなと思うっぽい

"暗号通貨の"ではなく"ブロックチェーンの"で

絵本にしやすいだろうし
数学が何の役に立つのかという
典型的な疑問へのヒントにもなるっぽいし

— Cryptcoin Junkey (@cryptcoinjunkey) October 30, 2017

良い子のみんな。オフチェーンというのはブロックチェーン外で送金や取引を行うことなんだ。bitflyerとかでも利用されていて、これを使うと送金が1秒で終わるぐらいの高速取引が可能なんだ。 https://t.co/AapD56jz2F

— らぷとる@爬虫類型りっぴぃ (@cannavinothc) October 29, 2017

円天…だと…? pic.twitter.com/W6D61k7GdH

— edindin@仮想通貨ブログ (@edindin_crypto) October 30, 2017

▲ サイト最上部へ移動 ▲