←前の記事 次の記事→

『マウントゴックスのCEOが事件に関するツイートを発信』10/27 NEWS一覧

マウントゴックス事件のブロックチェーン追跡が失敗。

『マウントゴックスのCEOが事件に関するツイートを発信』10/27 NEWS一覧
暗号通貨のニュースをピックアップ。(Wikipedia)

Mt.GoxのCEOが事件に関するツイート

前回の記事でも紹介した、世界最大のビットコイン(Bitcoin)消失事件として知られるマウントゴックス(Mt.Gox)事件ですが、そのマウントゴックス社のCEOであるマルク・カルプレス(Mark Karpeles)氏が公式ツイッターにてMt.Gox事件に関するツイートをしていました。

内容は「法廷で初めて警察からの捜査結果を聞いた」というもので、詳細としては警察の捜査によるブロックチェーンの追跡が失敗に終わり、消失したビットコインがマウントゴックスからどこへ流れたのか不明だということです。

他にもカルプレス氏は別のツイートにて「その一部がマウントゴックスに戻って、Vinnik氏名義の口座に入ってきたけどね、海外の分がわからなくてもマウントゴックス内の分くらいはデータもあったのに」とも発言しており、捜査に疑問を抱いています。

また、暗号通貨取引所BTC-eの元管理人であり、マウントゴックスの破綻にも関連したとみられるAlexander Vinnik氏の逮捕に関する質問は、異議によってまともな回答を得られなかったようです。

警察の捜査によるブロックチェーン追跡失敗に関する詳細は現段階で判明していませんが、今後の調査および裁判で明らかになるかもしれません。

なお、マウントゴックスの破産債権に関するお知らせは現在もMtGox.comにて更新されており、執筆時で最新(2017年9月27日)である『第9回債権者集会配布資料 / Documents distributed at the ninth creditors’ meeting(PDF)』によると、破産管財人が管理しているビットコインは202,185.36428254BTC(115,624,500ドル、およそ130億円)に及び、これにはビットコインキャッシュ(BCH)も同額含まれています。

今日は法廷で初めて警察からの捜査結果を聞いた。ブロックチェイン追跡失敗し、ビットコインがマウントゴックスからどこへ流れたかわからないと
アメリカのVinnik氏の逮捕の質問は異議によって、まともな回答を得られなかった

新聞等でこの事件は「巨額ビットコイン消失事件」と言われるのに

— Mark Karpeles (@MagicalTux) October 26, 2017
Mt.GoxのCEO、マルク・カルプレス氏のツイート。

時価総額ランキング

2017年10月27日現在、時価総額の高い暗号通貨トップ10は以下の通りです。

時価総額ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
時価総額ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $97,889,277,411(価格:$5879.47)

2位:Ethereum – $28,458,951,222(価格:$298.474)

3位:Ripple – $7,835,195,782(価格:$0.203345)

4位:Bitcoin Cash – $5,891,005,510(価格:$352.306)

5位:Litecoin – $2,966,573,086(価格:$55.3942)

6位:Dash – $2,174,187,886(価格:$284.365)

7位:NEM – $1,767,645,000(価格:$0.196405)

8位:BitConnect – $1,578,843,372(価格:$216.041)

9位:NEO – $1,429,580,000(価格:$28.5916)

10位:Monero – $1,335,120,075(価格:$87.4204)

なお、暗号通貨マーケット全体の時価総額は『$170,933,227,217(19.5040195 兆円)』でした。

24時間出来高ランキング

2017年10月27日現在、取引量(24h)が多い通貨トップ10は以下の通りです。

24時間出来高ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
24時間出来高ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $1,931,060,000(価格:$5879.47)

2位:Ethereum – $272,443,000(価格:$298.474)

3位:Bitcoin Cash – $261,987,000(価格:$349.98)

4位:Tether – $166,618,000(価格:$1.00002)

5位:Zcash – $92,229,100(価格:$237.219)

6位:Litecoin – $79,679,800(価格:$55.3942)

7位:Dash – $46,901,400(価格:$284.365)

8位:NEO – $35,338,400(価格:$28.5916)

9位:Ripple – $35,196,200(価格:$0.203345)

10位:Monero – $26,147,600(価格:$87.4204)

ちなみに、1位~10位で最も上昇率(24h)が高かった暗号通貨はZcash(+7.46%)でした。

新規に追加された暗号通貨

CoinMarketCapのRecently Addedページによると、以下の暗号通貨が新たに追加されました。

Ripio Credit Network(RCN)

Xios(XIOS)

Mercury Protocol(GMT)

ICON(ICX)

JavaScript Token(JS)

Bitcoin Silver(BTCS)

Intelligent Trading Tech(ITT)

iEthereum(IETH)

※これら通貨の信頼性は不明なため、投資を行う際は綿密な調査を行うことをおすすめします。

暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

ハードフォークには4つの種類がある | CoinPost

ハードフォークには4つの種類がある

通常状態での分岐、意見対立のないアップグレードによるハードフォーク、ブロックチェーンの特性を利用して派生通貨を作るハードフォーク、意見対立のあるハードフォークの4つです。

それぞれの内容を解説し、実際にハードフォークが起きた通貨例も紹介します。

PayPalの共同設立者Peter Thiel、「ビットコインには大きな可能性が残っている」| クリプトカレンシーマガジン

世界を揺さぶるICO – あらゆる通貨を交換可能に、2時間半で170億円を集めたベンチャーの野望:ITpro

ロシアがICOとマイニングの規制準備 | bitpress

ビットコイン・シルバー誕生?/ビットコインを取り巻く現状を解説 | CoinPost

シンガポールと香港がフィンテックのプロジェクトで協力協定に合意 | AppTimes

25日、MAS(シンガポール金融管理局)とHKMA(香港金融管理局)が、両都市間でフィンテックの協力を強化していくとし、フィンテック開発を促進することで協力協定に合意したことを発表しました。

この協定はHKMA主催のFintech Dayの中で交わされました。

MASとHKMAは、まずはDLT(分散型元帳技術)に基づく貿易金融や国境を越えたインフラ構造に関する戦略を共同プロジェクトとして取り組んでいくとしています。

ビットコインゴールド価格大幅下落、DDos攻撃に合いウェブサイトがダウン | Coinpost

GMOがマイニング事業のICO検討を発表。| TradeBitLab

ロシア、仮想通貨の規制ガイドラインを発表 | ビットコインニュース

韓国銀行総裁、ビットコインは通貨として認めるのは難しい | Coin Choice

香港のビットコインコミュニティが SegWit2xを非難 | Cointelegraph

香港ビットコインミートアップと呼ばれるグループが、11月に予定されているSegWit2xと呼ばれるビットコイン分岐案に強く反対する声明を発表した。

現地のビットコインコミュニティのメンバーと香港ビットコイン協会で構成されるミートアップグループは、当分岐案を「混乱と害悪を生み出すむこう見ずな試み」と非難。

さらに「SegWit2x はコミュニティにおけるコンセンサスおよびリプレイ対策を有しておらず、(ビットコイン)のエコシステムに混乱と害悪を生み出すむこう見ずな試みと考える」と水曜日にリリースされた声明で述べている。

ビットコインに超強気のリー氏、唯一の米投資信託3倍に高騰を予想 – Bloomberg

ットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人 | BITTIMES

実施迫るビットコイン分岐案SegWit2xとは

解説:スマートコントラクト、Ethereum、ICO – カスペルスキー公式ブログ

量子コンピューターがビットコインを滅ぼす日 | ニューズウィーク日本版

ビットコインはもう終わりだ。投資家はこれまで何度もそんな噂を聞かされてきたが、すべてオオカミ少年の叫びだった。

ビットコイン終焉説を追跡したサイトをのぞくと、誕生7年目のビットコインはこれまでに100回以上も、メディアに死亡宣告されたことが分かる。

ところが最近のブーム再来でこの1年に価格は3倍に高騰。

ビットコインはしぶとい。

価格崩壊にも、ネット上の盗難にも、コミュニティー内の内輪もめにも耐えて生き残ってきた。

だが行く手には最大の脅威が待ち受けている。

それは量子コンピューターだ。

SBIの仮想通貨関連事業の中間持株会社として
「SBIクリプトカレンシーホールディングス」
が設立されていたんですね。( ´ー`)フムフム pic.twitter.com/bnQdI6QxKu

— 仮想通貨小学生 ケン (@crypto_child) October 26, 2017

SBIグループ会社のモーニングスターが仮想通貨専門サイトを運営開始!(10/19-)

主要通貨の取引所やスプレッド一覧、仮想通貨市況、時価総額ランキングなどが見れる状態で、今後ICOや仮想通貨の格付けも順次公開してくみたいです〜。https://t.co/9E9zdDTCTE pic.twitter.com/OWvaxq35aG

— ふうか·ᴥ·仮想通貨な女子大生 (@huuka_u_u) October 27, 2017

インドネシア中央銀行が仮想通貨決済を禁止を発表

国内で決済システムを提供する2社のサービス停止を発表しており、内1社が提供するビットコイン決済は11月1日までで終了、もう1社も仮想通貨決済を停止することを発表しました。#仮想通貨 https://t.co/X8jzJfq8K7

— CoinPost -仮想通貨情報サイト- (@coin_post) October 26, 2017

今の「仮想通貨といえばビットコイン」の時代は、
「Webブラウザといえばモザイク(1990年)」
「SNSといえばフレンドスター(2002年)」だった頃に
近いと思ってます。

黎明期には黎明期に作られたものが流行るけど、
成熟期にはChromeやFacebookがメインになる。

— 仮想通貨小学生 ケン (@crypto_child) October 26, 2017

Zaif内のSJCXトークンも、早めに引き出して変換されることをお勧めします。 https://t.co/QLy53RGr5X

— Zaif – 暗号通貨取引所 (@zaifdotjp) October 27, 2017

僕も、複数の大手マイニング事業者と会ってきていますが、どこも、暗号通貨以外の領域で事業を作りはじめていますね。
マイナーは、暗号通貨の価格に左右されるアンダーコントロールでない要素が多いビジネスなので、当然こうなる。
2014-2015年の下落相場を経験した今の大手はなおさら。

— Junya Hirano 平野淳也 (@junya_1991) October 27, 2017

韓国のQTUM人気がすごいです。韓国最大の取引所ビッサムがQTUMを上場して5日目、世界のQTUMの取引量のうち51%をビッサムが占めるという圧倒的な数値を記録した。https://t.co/UaJvm7am7r

— 가상화폐 정보(暗号通貨情報) (@Bitcoin_Ripple) October 26, 2017

モナコイン見つけたときの興奮て言うのは、新しい技術として台頭してきて話題性もあって、どこか遠い世界に思えた暗号通貨を一番最初に身近に感じさせてくれたことと、そこに集まったおかしな人とのコミュニケーションを模索することから始まった
bitzenyは何をユーザーにもたらしてくれるのか

— なめたいポエー☆ (@nametai_youbun) October 26, 2017

暗号通貨向けのチップ需要がTSMCの収益の5%も押さえてた。

CEOいわく「需要の持続性は分からないが、勢いが落ちる様子はない」とのこと。

いつまで続くか。 pic.twitter.com/djj7ezkdFx

— mineCC (@ETHxCC) October 26, 2017

もう大学の授業にビットコインが出てきてもまったく驚かなくなってきたね(本日二度目)
CSWがサトシナカモトって断言してた教授元気かな pic.twitter.com/9gmN9FpzYi

— 暗号通貨王子 (@Bitcoin_Invest) October 25, 2017

なんだおまえ。アマゾンがビットコイン採用するって噂で上がってんのか?だいたいよぉ、おまえらアマゾンがビットコイン採用してもどうせあれだろ?枚数減らしたくねえなんて言って現金で払うんだろ?

— ビットたけし (@bittakeshi777) October 26, 2017

ウォーレン・バフェットがビットコインについて遂に言及した。ビットコインは正にバブルであり人々は価値が上がる事に期待して購入しているだけだ。何の価値も提供しないビットコインを評価出来ないと厳しい意見を述べた。
( _。д゜)アウアウhttps://t.co/yX9SoRUzB9

— Sawa Azumi (@SawaAzumi) October 26, 2017

アルジェリアは、
ビットコインを禁止(違法)にする方針みたい、
ビットコイン保持することすら禁止、、、

/Algeria Wants to Ban Bitcoin and other Cryptocurrencies https://t.co/EeN05UvNxC

— ニシノカズ (@nishinokazu) October 26, 2017

ビットコインはしょっちゅうハードフォークしてると信用が。。。「BCHの方良くない?」って思う人は増えてくる事も考えられるなぁ。。

— マナ@仮想通貨(暗号通貨) (@1000crypto) October 27, 2017

ビットコインゴールドを主導したマイニングファームのlightning ASICのCEOの発言
「ジハンは、ビットコインを分かってない。あいつはエコシステムもコードも全部支配しようとしている。マイナーの集権化が目的だ。」と。
あんなフォークしといて、さすがに説得力なさすぎるなw

— Junya Hirano 平野淳也 (@junya_1991) October 27, 2017

ビットコイン気になってて、勉強した分簡単にまとめた!
間違ってたら教えてください🙇🏻
マックの照明が強すぎて影が写ってしまった☹️
ナカモトサトシは宇宙人か未来人だと思う!!!!!! pic.twitter.com/v8yDXj08ya

— はいえろ@ポケ森ともだちください (@omeme_1231) October 26, 2017

「ビットコインは通貨ではなく資産クラス」楽天 三木谷氏やマスターカードらが激論 |ビジネス+IT https://t.co/OagGAksOL4 #sbbit @bitsbbitより

— ほよよ (@uhohoiarale) October 26, 2017

韓国造幣公社が公的機関としては国内で初めてブロックチェーン事業チームを組織し、研究を進めているという。韓国ではすでにクレジットカードの利用率が現金利用率の2倍に達しており、実物貨幣からの脱皮への挑戦として期待されるhttps://t.co/6awdBHnxh5

— 가상화폐 정보(暗号通貨情報) (@Bitcoin_Ripple) October 27, 2017

選挙では投票用紙に候補者の名前を書かせる記名式ではなく、記載してある候補名に○をつける選択式にするべき。
更にブロックチェーンを使ったスマホ&パソコンでの投票が可能になれば、天候や居場所に関係なく在宅投票できる。
今の方式は投票期間が1日、書き間違いによる無効票など効率悪すぎね。

— 城之内 みな (@minajyounouchi) October 23, 2017

この発展段階は極めて重要な認識。2ndレイヤーつまり拡張プロトコルやサイドチェーン。
まだこの段階。
投資としてブロックチェーンじゃもう遅い(勝敗ついてる)、アプリケーションでは早すぎる。 https://t.co/HuevOhC0nj

— Crypto Chick(通称:ひよこ) (@CCassets) October 27, 2017

10代後半の反応(私調べ)
株→すごいー!教えてー!
FX→どうせ儲かんないでしょ?ギャンブル好きなの?
VALU→ヒカルのヤツ?詐欺に気をつけたほうがいいよ!
仮想通貨→うわぁあの子怪しい宗教に…あまり関わらないほうがいい
銀行積立→すごい!!将来のことめっちゃ考えてる!!

— 女子高生トレーダーにこるん (@nicom1123) October 27, 2017

▲ サイト最上部へ移動 ▲