←前の記事 次の記事→

『Amazonがビットコイン決済を導入するとの噂』10/26 NEWS一覧

アマゾンのビットコイン決済導入の日は近い。


Translate this article in English

『Amazonがビットコイン決済を導入するとの噂』10/26 NEWS一覧
暗号通貨のニュースをピックアップ。(Stephen Woods)

アマゾン、ビットコイン決済を導入か

大手ECサイト、Webサービス会社であるアマゾン(Amazon)は、ビットコイン(Bitcoin)を支払い方法の一つに加える可能性があるとの報道がドイツのDie Welt紙からなされました

この記事ではアマゾンがビットコインに関するイノベーションについての発表を今週の木曜日に行うと述べています。

著名投資家であるJames Altucher氏は以前に「アマゾンは金融機関や暗号専門家と協力している」と述べており、同氏は今週木曜日に開催されるアマゾンが主催しているカンファレンスに注目すべきであると話しています。

また、Die Welt紙は「10月26日にアマゾンへのビットコイン決済発表がなされなくとも近いうちに導入されるだろう」とアマゾンでビットコインが使用できる日は近いと考えています。

ただしアマゾンは同紙に対し「あなたの調査の件に関する発表はなかった」と広報担当者が説明しており、他にも担当者は「アマゾンでは通常、顧客のために使用できるかどうかを表現するための新製品やサービスにつきまして、それまでは推測に参加しないようにしています」とも述べていました。

もしアマゾンが近い将来にビットコイン決済を導入することを発表した場合には、今後多くの企業がビットコイン決済を行うことを後押しすることになるでしょう。

時価総額ランキング

2017年10月26日現在、時価総額の高い暗号通貨トップ10は以下の通りです。

時価総額ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
時価総額ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $95,408,981,758(価格:$5731.16)

2位:Ethereum – $28,365,214,676(価格:$297.552)

3位:Ripple – $7,877,580,475(価格:$0.204445)

4位:Bitcoin Cash – $5,554,392,717(価格:$332.324)

5位:Litecoin – $2,988,451,875(価格:$55.8166)

6位:Dash – $2,200,193,018(価格:$287.838)

7位:NEM – $1,841,553,000(価格:$0.204617)

8位:BitConnect – $1,531,879,903(価格:$209.791)

9位:NEO – $1,428,340,000(価格:$28.5668)

10位:Monero – $1,364,614,522(価格:$89.3763)

なお、暗号通貨マーケット全体の時価総額は『$168,612,956,473(19.1431604 兆円)』でした。

24時間出来高ランキング

2017年10月26日現在、取引量(24h)が多い通貨トップ10は以下の通りです。

24時間出来高ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
24時間出来高ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $1,765,860,000(価格:$5731.16)

2位:Ethereum – $269,524,000(価格:$297.552)

3位:Bitcoin Cash – $148,014,000(価格:$332.324)

4位:Tether – $144,389,000(価格:$1.00296)

5位:Litecoin – $90,732,400(価格:$55.8166)

6位:Monero – $58,466,500(価格:$89.3763)

7位:Ripple – $58,278,200(価格:$0.204445)

8位:Zcash – $44,509,100(価格:$221.128)

9位:Dash – $43,545,700(価格:$287.838)

10位:Qtum – $38,528,700(価格:$10.6659)

ちなみに、1位~10位で最も上昇率(24h)が高かった暗号通貨はBitcoin(+3.51%)でした。

新規に追加された暗号通貨

CoinMarketCapのRecently Addedページによると、以下の暗号通貨が新たに追加されました。

Open Trading Network(OTN)

EXRNchain(EXRN)

ClearPoll(POLL)

LAToken(LA)

Exchange Union(XUC)

Nuls(NULS)

Bitcoin Red(BTCR)

Paragon(PRG)

BOScoin(BOS)

※これら通貨の信頼性は不明なため、投資を行う際は綿密な調査を行うことをおすすめします。

暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

秋葉原で実施中!モナコインの謎のプロモーションの真相とは!? | Coin Choice

秋葉原UDXと秋葉原ラジオ会館の大型ディスプレイで謎のモナコインプロモーション動画が流れている。

2017年10月25日~31日までの予定とのことで、興味のある方は秋葉原に行ってみると良いだろう。

そこで、このプロモーションを実施している方にコンタクトを取らせて頂き、今回の件に関して真相を伺うことが出来たので記載していく。

今回のプロモーションを企画・実施されたのは「田中さん」という方だ。

視覚障害者のビットコインへのアクセスをバリアフリーにするプロジェクトが立ち上げられる | クリプトカレンシーマガジン

BitcoinUnlimitedのGigablock Testnetで1GBのブロックが採掘される | ビットコインニュース

「ビットコイン、投資すべきか…」に悩む人へのプロからの助言(伊藤 博敏) | 現代ビジネス

ビットコインゴールドが誕生後70%も暴落 | Cointelegraph

界初のローカル仮想通貨が英国の地方都市で導入される | Techable

「Hullcoin」は、ボランティア活動の報酬として住民に支給される地域限定の仮想通貨だ。

まず、地域の非営利団体やチャリティらが、ボランティアに担ってもらいたい活動やタスクを投稿。

「Hullcoin」に会員登録した住民は、スマホアプリから、ボランティアの募集情報をチェックし、希望するものに応募する。

指定された活動やタスクが完了すると、スマホアプリを介して、報酬の「Hullcoin」が発行される流れだ。

また、カフェやショップ、理髪店など、地元の事業者は、「Hullcoin」に加盟し、「Hullcoin」と交換できる特別な商品・サービスを提供することで、ローカルなプロモーションにつなげる仕組み。

アメリカンエクスプレスがブロックチェーンで顧客情報を管理し還元するシステムを特許出願 | CoinPost

ビットコイン分岐問題、今度は「ビットコインシルバー」| Cointelegraph

プーチン大統領が発表した仮想通貨及び、ICOの新しい法律とは | CoinPost

アップルの共同創業者Wozniak氏曰く「ビットコインは金より優れている」TradeBitLab

ECB総裁のドラギ氏がビットコインの規制に関して発言 | Coin Choice

ECB(欧州中央銀行)の総裁であるマリオ・ドラギ氏は「仮想通貨は規制されるほどにはまだ成熟していない」と発言した。

CNBCによると、先日の記者会見ではドラギ氏は以下のように記者たちに語ったとされている。

「なにか新しいものについて、人々はとても大きな期待と不安を感じてしまうものである。特にビットコインとその他の仮想通貨に関して、現時点ではこの技術は私たちの考慮に値するほど成熟していないと考えている。」

仮想通貨の可能性についての質問には次のように答えている。

「これまでの金融危機から得た教訓は、ビットコインのような新しいフィンテック技術革新の恩恵を大切にしながらも潜在的な危険性に注意を払うことだ。」

Master Card、ブロックチェーンを使った決済ネットワークを導入へ | AppTimes

米コインベース、SegWit2xについての立場を急遽変更 | Cointelegraph

仮想通貨はアルト優勢?ビットコインゴールドが及ぼした市場への影響 | AppTimes

仮想通貨の会計ルール、時価評価し損益計上  :日本経済新聞

クラウド資金調達法「ICO」は日本で流行るのか? 仮想通貨相場にも大きく影響を及ぼす「ICO」 | IoT Today

のちに「The DAO事件」と呼ばれる事件が2016年6月17日に起きた。

投資家によって集められた1億5,000万ドル分の投資額のうち7,400万ドル以上が流出した。

原因はThe DAO のプログラム(スマートコントラクト)のバグ(脆弱性)をついたハッカーによるものだとしている。

ニューヨークの分析会社チェーンアリシスによれば、ブロックチェーン技術・イーサリアムのトークン公開用サイトを装ったアドレスに送金させるという“フィッシング詐欺”のような手口による被害額が、6月に1億ドル、8月には2億2,500万ドルに達したとしている。

被害は過去1年間で3万人以上にのぼり、1人当たり7,500ドルを失ったとの推計だ。

詐欺事件などが多発している現状から、中国ではICOによる資金調達が「経済および金融の秩序を著しく乱す活動」として全面的に禁止となった。

この知らせを受けてビットコインをはじめとする主要な仮想通貨の相場が大幅に下落したのだ。

仮想通貨「モナコイン」のステッカーが無料配布中 (取材中に見つけた○○なもの) – AKIBA PC Hotline!

仮想通貨取引所「QUOINE」が法令を遵守した形でICOを11/6に実施 | 創業手帳Web

発達障害者が働ける場を——ブロックチェーンで“自分たち経済圏”をつくる挑戦 | BUSINESS INSIDER JAPAN

中国政府の仮想通貨取引規制下でも、なぜビットコイン価格は上昇するのか? (1) Bitcoin価格上昇の本質とは? | マイナビニュース

ブロックチェーンは量子コンピュータ時代に生き残れるか | ダイヤモンド・オンライン

量子コンピュータが実用化した場合に、従来型のブロックチェーンのどこで問題が生じるか?

第1は、電子署名だ。つまり、送金情報などの情報の発信者が、確かにその人であって、なりすましではないことを証明することだ。

第2は、取引承認のメカニズムだ。ブロックチェーンで取引を承認するには、ある種の計算作業が必要とされる。

しかし、量子コンピュータが実用化されると、これが簡単に解けてしまう可能性がある。

量子コンピュータにも破れない新しいブロックチェーンは、これら2つの課題に答えなければならない。

​最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」、「ビットコインの円建てチャージ」に関する利用調査結果公開|株式会社カンムのプレスリリース

ビットコイン使い幻覚キノコを輸入 福井県警、逮捕の女は容疑否認 | 福井新聞ONLINE

欧州・ロシアで新種ランサムウェアBad Rabbitが拡散中。Flashアップデータ装い、ビットコイン要求 – Engadget 日本版

AIかブロックチェーンか、クラウドか–CIOの投資はどこへ? – ZDNet Japan

GameCreditsがユニティ・テクノロジーズと提携、ゲーム開発者とゲーマーにブロックチェーンを提供 | 共同通信PRワイヤー

この協定により、両社は1000億ドル(注)のゲーム業界に、とりわけ急成長するモバイルゲームとeスポーツ(eSports)の分野に集中しながら、新しい形態のゲーム配信を導入する。

GameCreditsのモバイルゲーム・ストアGPlayはUnityのゲーム開発エコシステムと統合され、開発者は自分のゲームを簡単にGPlayで直接公開できる。

GPlayは総収入の90%をシェア(業界標準は70%)し、60時間以内に開発者に支払う(業界標準は60日)。

ユニティ・テクノロジーズのアジア太平洋社長、ヒューバート・ラレノーディー氏は「Unityはゲーム開発を民主化し、難しい問題を解決し、開発者を成功に導く新技術を積極的に採用することで知られている。

われわれはGameCreditsとともに、ゲーム業界にパラダイムシフトを起こそうとしている。

ブロックチェーン・ソリューションはゲームを発表する際の流通プロセスにおける中抜きをなくし、クリエーターへのリターンを増やすことに役立つ」と述べた。

ビットコインが「分裂」って!? プラスかマイナスか。 | BestTimes

▲ サイト最上部へ移動 ▲