←前の記事 次の記事→

【2017年10月14日】ビットコイン・暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

様々な気になる暗号通貨のニュースを紹介します。


Translate this article in English

【2017年10月14日】ビットコイン・暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧
暗号通貨のニュースをピックアップ。

気になる暗号通貨の情報をピックアップ

本日より『ピックアップ』カテゴリーにて『ビットコイン・暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧』というタイトルで記事のリリースを開始いたします。

この記事ではCoinMarketCapの情報を元にした『時価総額ランキング』『24時間出来高(取引量)ランキング』『新規に追加された暗号通貨』を紹介します。

その他にも、当サイト以外でリリースされた暗号通貨に関連しているニュースなどを複数記事に渡り簡単に説明します。

時価総額ランキング

2017年10月14日現在、時価総額の高い暗号通貨トップ10は以下の通りです。

時価総額ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
時価総額ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $94,133,723,153(価格:$5663.35)

2位:Ethereum – $32,048,805,912(価格:$337.02)

3位:Ripple – $10,199,991,920(価格:$0.264718)

4位:Bitcoin Cash – $5,395,635,309(価格:$323.09)

5位:Litecoin – $3,157,251,822(価格:$59.17)

6位:Dash – $2,375,362,627(価格:$311.73)

7位:NEM – $1,863,603,000(価格:$0.207067)

8位:NEO – $1,442,475,000(価格:$28.85)

9位:Monero – $1,429,717,953(価格:$93.98)

10位:BitConnect – $1,414,041,713(価格:$197.32)

なお、暗号通貨マーケット全体の時価総額は『$173,619,641,109(19.4140267兆円)』でした。

24時間出来高ランキング

2017年10月14日現在、取引量(24h)が多い通貨トップ10は以下の通りです。

24時間出来高ランキング。(<a href="https://coinmarketcap.com/" target="_blank">CoinMarketCap</a>)
24時間出来高ランキング。(CoinMarketCap)

1位:Bitcoin – $3,015,250,000(価格:$5663.35)

2位:Ethereum – $1,213,160,000(価格:$337.02)

3位:Ripple – $355,257,000(価格:$0.264718)

4位:Tether – $270,279,000(価格:$0.999277)

5位:Bitcoin Cash – $266,939,000(価格:$323.09)

6位:Litecoin – $255,703,000(価格:$59.17)

7位:Monacoin – $78,174,400(価格:$4.87)

8位:Dash – $68,121,400(価格:$311.73)

9位:NEO – $68,050,400(価格:$28.85)

10位:Ethereum Classic – $66,844,400(価格:$12.12)

ちなみに、1位~10位で最も上昇率(24h)が高かった暗号通貨はMonacoin(+33.25%)でした。

新規に追加された暗号通貨

CoinMarketCapのRecently Addedページによると、以下の暗号通貨が新たに追加されました。

Cindicator(CND)

Enigma(ENG)

Bastonet(BSN)

Zeusshield(ZSC)

ethereumcash(ECASH)

CORION(COR)

※これら通貨の信頼性は不明なため、投資を行う際は綿密な調査を行うことをおすすめします。

暗号通貨(仮想通貨)ニュース一覧

モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」| BITTIMES

モナコインが bitFlyer へ上場した影響で、1日で 3倍以上の高騰を記録し、現在も価格は上がり続けています。

今年の 1月に「3円」だった価格は、本日の最高値で「487円」を記録していますので、わずか 10ヶ月で「162倍」にまで上昇しました。

それに伴い、モナコインの時価総額は 200億円を突破し、全暗号通貨の中でも 30位にまでランキングを上げています。

仮想通貨 ホワイトリストとは/国内取引所で取引可能な仮想通貨一覧 | CoinPost

ビットコインがバブルだとしたら、崩壊するのはいつなのか? – WirelessWire News

ECB、仮想通貨に懸念表明 | ロイター

ビットコイン保持者がビットコインの流通を妨げている? | CoinPost

進むビットコイン採用、スウェーデンで税金が支払われる | ビットコインニュース

ビットコインが過去最高値をマークしたことを踏まえ、著者はビットコインが価値を創造する理由を二つ挙げている

一つ目は激しい変動を乗り越えて何度も相場を回復させるビットコインの抵抗強さ、二つ目はビットコインは既に利用者が保持しているため、供給不足になるという点です。

多くのビットコイン保持者がホールドし続けることにより流通が少なくなり、結果として価値尺度として使われなくなる可能性?

貨幣としての三つの役割(価値貯蔵、流通手段、価値尺度)を果たそうと、価値がどれだけ上がろうと通貨は流通しなければ通貨としての意味がないと指摘されています。

暗号通貨経済圏のキーとなる分散型取引所についての考察 ーAirSwap, KyberNetwork, 0Xー |ビットコインニュース

11月にもビットコイン分裂?NYAに合意した企業一覧 | Coin Choice

イーサリアムが急騰。「ビザンチウム」フォーク日時決定 | TradeBitLab

スロベニア首相、「自国家を欧州連合において最も認知されるブロックチェーンリーダーとして位置づける」 | クリプトカレンシーマガジン

ビットコインについてもう話さない~JPモルガンCEOジェイミー・ダイモン氏 – AppTimes

12日にCNBCが伝えるところによると、ダイモン氏がビットコインについて新たな発言をしました。

「私はこれを世界の重要なカテゴリとして置かないだろう、しかしビットコインについてはもう話し合うつもりもない」

今回の話合うつもりがない理由として、前回の詐欺発言により、シリコンバレーやウォールストリートで混乱を起こしたことが挙げられています。

ハッカー、Amazon Web Servicesのコンピューティングリソースを使用しビットコインマイニングを行う | クリプトカレンシーマガジン

暗号通貨ハードウォレットがAmazonベストセラー8位に!!「業界初の快挙」| BITTIMES

Blockchain Wallet: ビットコインキャッシュに対応 | クリプトカレンシーマガジン

SegWit2xに向けた各取引所の対応 | ビットコインニュース

トランプ政権:ブロックチェーン技術の採用にフォーカス | Cointelegraph

アメリカ大統領トランプ陣営は、当陣営の重要な政策・戦略として、政権運営中ブロックチェーンの利用に取り組むことを再確認した。

このことは、9月の終わりに開かれたデータトランスパレンシーカンファレンスで、ホワイトハウスの2人の高官によって繰り返された。

アメリカ合衆国行政管理予算局の最重要情報を扱っているマーギー・グレイブス氏は、彼女の会議の批評の中で、連邦政府が、政府運営に利益をもたらし得るAIやブロックチェーンのキャパシティを事前に学習するため調査していると述べた。

グレイブス氏は、ブロックチェーン、すなわちDLT(Distributed Ledger Technology)は、国のサイバーセキュリティディフェンスを補強するのと同時に、不正行為の発生や不正使用などの無駄を減らすのにも使われ得る、と明確に主張した。

仮想通貨でもマネーロンダリング対策はできる : 日本経済新聞

JPモルガン:仮想通貨、活用に「極めて柔軟」-適切な規制あれば – Bloomberg

“仮想通貨のマイニング向けSSD”が販売スタート、容量は90GB – AKIBA PC

消えた800万円は授業料-「買い手はご用心」の新規仮想通貨公開 – Bloomberg

仮想通貨の技術を薬の取引に活用 道内3社が実証試験へ:どうしん電子版(北海道新聞)

システム開発のインディテール(札幌)などは年内にも仮想通貨に使われるブロックチェーン(BC)技術を活用し、調剤薬局同士で医薬品の在庫を融通し合う実証実験に近く乗り出す。

実証に先立つインターネット上の実験では、厳格な管理が必要な医薬品の取引履歴の追跡などに、BC技術を活用できることが確認できたという。効果を確認後、早期実用化を目指す。

SBIがブロックチェーン技術者養成ネットワークを設立 —— NTT、日本マイクロソフトが参加へ | BUSINESS INSIDER JAPAN

銀行、仮想通貨交換、重要インフラがハッキングの標的とGroup-IBのハイテク犯罪報告書 – CNET Japan

ビットコインで1週間生活してみた 手数料には仰天|マネー研究所|NIKKEI STYLE

「史上最大級のバブルだ」元ファンドマネジャー、ビットコインの1万ドル超えを予測 | BUSINESS INSIDER JAPAN

改めて感じる「仮想通貨投資は余裕資金で」の重要性 | ビットコインラボ

投資は余裕資金で行うのが基本です。

仮想通貨投資も例外ではなく、余裕資金で行うことが推奨されています。

特に仮想通貨の場合は、他の投資よりもボラティリティが大きいため、余裕資金の重要性が増します。

7月と9月の相場暴落により、この重要性を改めて認識した方も多いのではないでしょうか。

ビットコインの取引多様化 先物、シカゴ勢も参入へ|マネー研究所|NIKKEI STYLE

今そこにある「仮想通貨バブル」という危機|Forbes JAPAN

南国のバヌアツが世界で初めて市民権をビットコインで購入できるプログラムを開始 – THE BRIDGE

VISAでビットコイン bitFlyerがプリペイドカード発行 – ITmedia NEWS

イーサリアムを生んだ23歳の天才が語る、ブロックチェーンのこれからと「分散の力」 | WIRED.jp

特定のひとつ、あるいはいくつかのアプリケーションのためだけに設計されたブロックチェーンをつくる代わりに、あらゆる目的のために使えるブロックチェーンのプラットフォームをつくればいいんじゃないかと気づいたんだ。

少しのコードを書いて、アップロードするだけで、個別のアプリケーションのためのブロックチェーンシステムが手に入れられるようなプラットフォームだ。

それがイーサリアムの核となるアイデアにつながっていった。

▲ サイト最上部へ移動 ▲