←前の記事 次の記事→

【ZIL】Zilliqa(ジリカ)

高いスループットを実現し、スケーラビリティを拡張するプラットフォーム。

【ZIL】Zilliqa(ジリカ)
Zilliqa

関連情報

通貨名(通貨単位):Zilliqa(ZIL)

最大供給量:12,600,000,000 ZIL

現在の供給量(記事作成時):6,508,988,220 ZIL

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年

公式サイト:https://www.zilliqa.com/

ソースコード:https://github.com/Zilliqa/Zilliqa

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x05f4a42e251f2d52b8ed15e9fedaacfcef1fad27

ホワイトペーパー:https://docs.zilliqa.com/whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2219655.0

公式フォーラム:-

公式ブログ:https://blog.zilliqa.com/

チャット:https://t.me/zilliqachat

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/zilliqa/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • シャーディング理論に基いてトランザクションレートを向上させる。
  • TXのレートをVISAやMasterCardなどの従来の集中決済方式に匹敵することを目指す。
  • さまざまなアプリケーションに適したスマートコントラクト言語も開発している。

概要

Zilliqaは、コンピュータ科学者、エンジニア、および金融サービスのベテランのグループによって開発された新しいパブリックブロックチェーンです。(Zilliqa Keynote: Next-Gen Scalable Blockchain)

Zilliqaとは

ジリカ(Zilliqa)は、ハイスループットパブリックブロックチェーンプラットフォームで、毎秒何千ものトランザクションに対応できるように設計されています。

ジリカはネットワークの拡張に伴ってトランザクションレートを向上させる新しいプロトコルを使用してシャーディング(sharding)の理論を実践しています。

シャーディングを使用することで、Zilliqaは従来の支払い方法(VISAやMasterCardなど)で設定されたスループットベンチマークと一致する可能性があります。

さらに重要なことに、ジリカのトランザクションスループットは、ネットワークサイズによって(ほぼ)直線的に増加します。

このプラットフォームは、機械学習や財務アルゴリズムのスケーリング要件を満たすように設計された安全なデータ駆動型分散アプリを実現するように調整されています。

ジリカは2年間にわたり研究開発中であり、いくつかの画期的な導入を商業的に推進してきました。

規模に合わせて作られたスケールするクリーンスレートデザインおよび新しいブロックチェーンを生み出します。

また、高い並列性、原子コミット、ユーザー定義のセキュリティ予算で設計された新しいスマートコントラクトを作成します。

そして定量化可能なセキュリティにより、確率的なセキュリティ保証が強いブロックチェーンプロトコルとなります。

スケーラビリティ

ブロックチェーンプラットフォームが直面する最も重大な問題の1つは、スケーラビリティの欠如、すなわち、ネットワークが成長するにつれ、より多くのトランザクションを1秒あたりに処理する能力です。

既存のブロックチェーンは、次世代のインターネットスタイルアプリケーションのために拡張できないことが広く議論されています。

よく引用される例は、今日ビットコイン(Bitcoin)とイーサリアム(Ethereum)で利用可能な7-10トランザクション/秒(TX / s)と、数千のTX / sをサポートするための集中オペレータ(例えば、VISA、MasterCard)における支払い処理の要求です。

ジリカをスケーラブルにする中心的な機能は、ネットワークを複数の小さなコンポーネントネットワーク(shardsと呼ばれる)に分割して、並列にトランザクションを処理できることです。

ジリカチームは2015年に論文のシャーディング理論を提案し、以来このプロトコルは研究、洗練され、積極的に開発されてきました。

シャーディングに関するチームの作業のおかげで、鉱業ネットワークが拡大するにつれ、ジリカの取引レートは増加します。

ジリカはVISAやMasterCardなどの従来の集中決済方式に匹敵することを目指しています。

実際、10,000ノードのネットワークサイズで、ジリカは、VISAとMasterCardのスループットと同等のスループットを商人にとってはるかに低い料金で実現します。

データフロースマートコントラクト

スマートコントラクトにより、ブロックチェーンストレージとコンセンサスによって提供される分散元帳の上にアプリケーションを構築することができます。

しかし、今日の主流のパブリックブロックチェーンは、計算タスクを実行するのに適していません。

これは、検証のために全ノードで計算タスクを繰り返す必要があるためです。

安全であるにもかかわらず、このような完全に冗長なプログラミングモデルは、大規模な計算を実行するには非常に高価です。

ジリカの主な目標であるスケーラビリティを考慮して、Turing-Completeではなく、自動オークション、経済の共有化、財務モデリングなど、さまざまなアプリケーションに適したスマートコントラクト言語を提案します。

ジリカのスマートコントラクト言語は、プログラムが有向グラフとみなされるデータフロープログラミングスタイルに従います。

グラフのノードは計算を表し、円弧は入力/出力を表します。

データフロープログラムは本質的に並列化可能であり、推論が容易であることが知られています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲