←前の記事 次の記事→

【ZEN】ZenCash(ゼンキャッシュ)

コミュニケーション、取引、および出版の信頼性を重視したプラットフォーム。


Translate this article in English

【ZEN】ZenCash(ゼンキャッシュ)
ZenCash

通貨名(通貨単位):ZenCash(ZEN)

最大供給量:21,000,000 ZEN

現在の供給量(記事作成時):1,602,688 ZEN

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Equihash)

公開日:2017年3月9日

公式サイト:https://zensystem.io/

ソースコード:https://github.com/ZencashOfficial

Blockchain Explorer(取引詳細):http://node1.zenchain.info:8886/?

ホワイトペーパー:https://zensystem.io/assets/Zen%20White%20Paper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1819977.0

公式フォーラム:https://forum.zensystem.io/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/zencash/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • コミュニケーション、トランザクション、パブリッシングのための分散型プラットホーム。
  • Zenプライベートメッセージングは、分散パブリッシングと情報アクセスのためにIPFS統合されている。
  • セキュアノードによってネットワーク難読化を可能にし、エンドユーザの活動を保護。

概要

ゼンキャッシュはコミュニケーション、取引、および出版のための、プライベート、分散、および信頼性の高いプラットフォームです。(ZenCash Intro Video)

ゼンキャッシュとは

ゼンキャッシュ(ZenCash)はテクノロジー、ガバナンス、コミュニティー構築の最善の考え方を活用して、コミュニケーション、トランザクション、パブリッシングのための世界初のプライベート、分散、および信頼性の高いプラットフォームを構築しています。

ゼンキャッシュには、ブロックチェーンベースの商取引のための透明かつ隠された取引を使用する能力があります。

ゼンキャッシュブロックチェーン上のプライベートな通信により、トランザクションの詳細に関するメタデータの漏洩がなくなります。

分散ノードとセキュアノードは、追跡不可能な方法で通信を中継します。

カスタムクライアントアプリケーションとの安全なプライベート通信は、保護されたトランザクションのセキュアメモ機能を完全に活用します。

エンドユーザアプリケーションは、ブロックチェーン上で1対多のプライベート通信を提供します。

安全なメッセージングは、InterPlanetary File System(IPFS)でのパブリッシュを提供します。

分散パブリッシングと分散メッセージングにより、世界中の匿名通信が可能になります。

また、ゼンキャッシュのGithubページには、ウォレットやその他のアプリケーションのすべての開発情報が含まれています。

世界と未来のために設計

ユーザとユーザビリティに重点を置いたZenCashの特徴は次のとおりです。

多言語による国際文書とウォレット。

包括的意思決定を伴うグローバルガバナンス。

継続的な改善のための信頼できる資金提供。

セキュアなノードが国際的なレジリエンスを提供

Zenは、グローバルコミュニティを活用して、即時の通信とトランザクションのためのプライベートで安全なプラットフォームを構築しています。

Zen Secure Nodesは、世界中のどこにいてもアクセシビリティと使いやすさのための分散型で復元力のあるネットワークの基盤を形成します。

セキュアノードは完全に暗号化された通信とネットワーク難読化を可能にし、エンドユーザの活動を保護します。

継続的な運営と開発のための資金調達

ZenCash Treasuryファンドは、各ブロックマイニング報酬の8.5%で生成され、操作、開発、および世界への禅のメッセージの発信に使用されます。

ファンドの資金は、ゼンのエコシステムの成長と維持を委任された非営利団体であるゼンブロックチェーン財団(Zen Blockchain Foundation)によって委託され、配分されています。

Zen Secure Node操作は、ブロックマイニング報酬の3.5%リダイレクトによって奨励され、資金提供されます。

個人のプライバシーの価値を世界に広げる

私たちのプラットフォームは、包括的で意思決定権限と協力の努力をグローバルに分散して管理されます。

私たちは、個人が最もプライベートなデータの管理を委託し、自分たちのデータは価値があり、そのセキュリティは重要であることを知らないという情報基盤の社会に住んでいます。

私たちは、ユーザーが富、識別データ、通信、およびトランザクションを安全に保管して保管するために、信頼を利用できるインフラストラクチャーの構築に取り組んでいます。

任意のタイプまたはサイズの情報を伝達する

Zenプライベートメッセージングは、分散パブリッシングと情報アクセスのためにIPFS(https://ipfs.io/)と統合されています。

IPFSは分散Webです。

Webをより速く、より安全に、よりオープンにするためのピアツーピアハイパーメディアプロトコル。

複数の形式のあらゆるタイプの情報をIPFSに公開し、Zenプライベートで安全な通信にリンクしてメッセージを送ることができます。

IPFSとの統合により、インターネットの次のWebを構築

IPFSはオープンでフラットなWebの本来のビジョンに真実を維持し、そのビジョンを実現させるテクノロジーを提供します。

IPFSは、インターネットのバックボーン接続の有無にかかわらず、永続的な可用性を可能にする、多様性の高いネットワークの作成を可能にします。

IPFSは歴史的なバージョニング(gitのような)を提供し、データミラーリングのための弾力性のあるネットワークを簡単に設定できます。

▲ サイト最上部へ移動 ▲