←前の記事 次の記事→

【XZC】ZCoin(ゼットコイン)

ゼロコインプロトコルを用いた、プライバシー保護に特化した暗号通貨。


Translate this article in English

【XZC】ZCoin(ゼットコイン)
ZCoin

通貨名(通貨単位):ZCoin(XZC)

最大供給量:21,000,000 XZC

現在の供給量(記事作成時):2,312,890 XZC

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Lyra2RE)

公開日:2016年10月6日

公式サイト:https://zcoin.io/

ソースコード:https://github.com/zcoinofficial

Blockchain Explorer(取引詳細):http://explorer.zcoin.io/

ホワイトペーパー:http://zerocoin.org/media/pdf/ZerocoinOakland.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1638450

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/zcoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ゼロコインプロトコルを通じて財務プライバシーを完全に保証。
  • トランザクションの履歴は完全に削除。
  • 開発者はゼットキャッシュより安全性が高いと主張。

概要

ゼットコインはゼロコインプロトコルによるゼロ知識証明で金融プライバシーを保証します。(Introduction to Zcoin, the first Zerocoin cryptocurrency)

ゼロコインの実装

ビットコイン(Bitcoin)では、すべての取引が公的元帳に転送されます。

研究では公表された住所などの外部情報を使用して、個人の身元と組織を取引に結びつけることができることを示しました。

さらに、ソーシャルネットワークトポロジの分析など、ソーシャルネットワークのプライバシーを破るために使用されているのと同じタイプのメカニズムを使用して、ビットコインネットワークのプライバシーを破ることができます。

ゼットコイン(ズィーコイン:Zcoin)は、ゼロコインプロトコル(Zerocoin Protocol)を通じて財務プライバシーを完全に保証します。

ゼロコインプロトコル(http://spar.isi.jhu.edu/~mgreen/ZerocoinOakland.pdf)は、ゼロ知識証明(Zero-Knowledge proofs)を使用して、送信者と金融取引の受取人に関する情報の漏洩をゼロにします。

ゼロ知識証明は、特定のステートメントが真実であるという事実以外の情報を伝えることなく、あるステートメントが真実であることを他の人に証明できる方法です。

ゼットコインはゼロ知識暗号を作成することによりゼロ知識証明を使用します。

誰かがゼロコインを送ると、その人はX金額が自分の財布に送られたことが分かるだけです。

ビットコインおよび以前のすべての暗号通貨とは異なり、送信者と受信者に関するその他の意図しない識別情報、または添付されたトランザクション履歴はありません。

ゼロコインでは、トランザクションの履歴は完全に削除されます。

ゼットコインはゼットキャッシュ(Zcash)とは異なり、さまざまな暗号実装を使用します。

ゼットコインは、過去3年間で最も引用された暗号論文の1つであったゼロコインプロトコルの実績のある暗号方式を使用しています。

ゼットキャッシュはより実験的なゼロキャッシュ(Zerocash)プロトコルを使用します。

ゼットキャッシュは、ゼットキャッシュが紹介する欠点なしに、ゼロ知識証明のプライバシー上の利点の多くを提供していると考えています。

ゼットコインは通貨の生成に数秒だけですが、ゼットキャッシュでは平均的なコンピュータでは数分かかるため、モバイル採用に問題があります。

私たちの総コインの供給も監査可能であるため、特に信頼できる設定を扱う際に検出されるセキュリティ上の欠陥はずっと簡単です。

ゼロコインテクノロジー

ビットコインとこれに先行する代替の暗号化通貨は、トランザクションミキサーやリングシグネチャを使用して個人情報の漏洩を解決しようとしました。

しかしながら、これらの提案された解決策には多くの欠点があります。

1つは、悪意のある、または侵害されたミキサーまたはリング署名のメンバーがプライバシーを破る可能性があります。

さらに、匿名性セットは、秘密の秘匿性がどのように秘密であるかを理解する重要なメトリックです。

以前に提案された解決法で設定された匿名性は、混合サイクルまたはリング署名のサイズによって制限されます。

各ミキシングサイクルまたはリングシグネチャは、サイクルあたりのトランザクション数によって制限されます。

これは、暗号化のブロックサイズによって一時的に制限されます。

したがって、以前のプライバシー侵害の試みで設定された匿名性は数百の取引に過ぎない傾向があります。

ゼットコインでは、匿名性セットは劇的に高いレベルにあります。

匿名性が数十に制限されているのではなく、ゼットコインは特定のRSAアキュムレータ内のすべての貨幣を含む匿名セットを持っています。

他のソリューションとは異なり、トランザクショングラフ分析の対象にはなりません。

▲ サイト最上部へ移動 ▲