←前の記事 次の記事→

【WAX】WAX(ワックス)

あらゆる仮想市場を運用できる分散プラットフォーム。


Translate this article in English

【WAX】WAX(ワックス)
WAX

通貨名(通貨単位):WAX(WAX)

最大供給量:1,850,000,000 WAX

現在の供給量(記事作成時):492,954,537 WAX

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年10月5日

公式サイト:https://wax.io/

ソースコード:https://github.com/waxio

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x39Bb259F66E1C59d5ABEF88375979b4D20D98022

ホワイトペーパー:https://wax.io/documents/WAX_White_Paper.pdf?1515801042342

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2237916.0

公式フォーラム:-

公式ブログ:https://medium.com/wax-io

チャット:https://t.me/wax_io

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/wax/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • オンラインゲーム内アイテム取引市場であるOPSKINの創業者によるトークン。
  • ビデオゲームでの使用だけでなくバーチャルグッズをトークン化させることが可能。
  • 1つの分散プラットフォーム上に独自の仮想ストアを作成し、大きなエコシステムを生み出す。

概要

Worldwide Asset eXchange(WAX)はバーチャル資産のためのグローバル分散マーケットです。(How can you use Dragons?)

ワックスとは

Worldwide Asset eXchange(WAX)は、誰でもセキュリティ、インフラストラクチャ、または支払い処理に投資することなく、完全に機能する仮想市場を運用できる分散プラットフォームです

ワックスはオンラインビデオゲーム資産のマーケットプレイスであるOPSKINの創業者によって開発され、すでにゲームアイテムを収集、購入、販売している4億人以上のオンラインプレーヤーにサービスを提供するように設計されています。

ブロックチェーン技術の力を活用して、ワックストークンは、ビデオゲームでの使用だけでなくバーチャルグッズをトークン化し、暗号通貨を容易にするユーティリティトークンです。

取引の基礎となるスマートコントラクトは、買い手と売り手の間の信頼できない取引を可能にする仕組みとして機能します。

ワックスプラットフォームは、何百万人ものトレーダーが1つの分散プラットフォーム上に独自の仮想ストアを作成し、即座の支払い、セキュリティ、信頼サービスを提供し、何百万人もの新しい参加者が成長するエコシステムになるようにします。

ワックスプラットフォームは、バイヤーおよび売り手のグローバルプールが、仮想商品のグローバル供給にアクセスすることを可能にする一方、一般的な委託ベースのマーケットプレイスモデルで遭遇する財務リスクを排除します。

ワックスは、より早期のオンラインマーケットプレイスが起業家をパワーセラーにできるように、新世代の仮想資産トレーダーを可能にします。

エコシステム

購入者は、ワックスのシンプルな取引ウィジェットを使用して、アイテムを選択し、ワックストークンで支払いを行い、自分がいるサイトを離れずにアイテムを受け入れることができます。

売り手のアイテムは、購入者がワックスプラットフォームとやりとりすることで表示および購入することができます。

ワックスプラットフォームは誰でもアクセス可能なグローバル仮想アイテムリポジトリで、リアルタイムで販売可能なすべてのアイテムの完全なカタログを提供します。

これは、ブロックチェーン技術のすべての利点を持つ、世界市場へのアクセスを持つWAXのユーザーを提供します。

分散性を通じ、ワックスは高い支払い処理手数料、通貨換算手数料、在庫への制限付きアクセスなど、デジタル商品取引業者が経験する問題を解決します。

これらの障壁を取り除くことにより、既存の商品取引市場の規模は、大きなものになるでしょう。

▲ サイト最上部へ移動 ▲