←前の記事 次の記事→

【WTC】Walton(ウォルトン)

ブロックチェーンを用いたRFID技術の統合を目指すプロジェクト。


Translate this article in English

【WTC】Walton(ウォルトン)
Walton

通貨名(通貨単位):Walton(WTC)

最大供給量:100,000,000 WTC

現在の供給量(記事作成時):24,898,178 WTC

システム(アルゴリズム):-

公開日:2016年11月30日

公式サイト:http://www.waltonchain.org/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xb7cb1c96db6b22b0d3d9536e0108d062bd488f74

ホワイトペーパー:http://www.waltonchain.org/upload/1498826072890.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2127069.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/walton/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ブロックチェーン技術をRFID技術に適用し、モノのインターネットにまで拡張する。
  • タグのステータスと重要なデータのハッシュ値が含まれており、タグの内容が改ざんに強い。
  • チップはシステム全体の重要な要素であり、将来のビジネスアプリケーションと密接に関連。

概要

知恵はラベル、貿易機関、ネットワークを変えます。(Waltonchain Introduction)

ウォルトンとは

ウォルトン(Walton)は2011年11月30日に亡くなった、カリフォルニアで生まれのCharlie Waltonに由来しています。

RFID技術の発明家として、彼はRFID(Radio Frequency Identifier)技術の開発に尽力しました。

彼は1973年にRFID技術に関する最初の特許を取得し、最終的に50以上の発明特許を取得しました。

彼はRFIDの新しい時代を創り出し、RFIDの開発に著しい貢献をしました。

現在、RFID技術は、身分証明書から高速道路料金請求、モバイル決済、クレジットカード決済まで世界中のさまざまなアプリケーションで幅広く使用されており、どこでもRFIDを見ることができます。

このプロジェクトは、Charlie Waltonの死去から5年を迎えた2016年11月30日に設立されました。

RFID技術の偉大な発明者を記念して、このプロジェクトは彼の発明を進めて未来への道を切り開くために “Waltonchain”と命名されました。

チーム

Waltonchainチームは、ブロックチェーン、モノのインターネット、RFID技術の統合に特化した一群のパイオニアから構成されています。

チームメンバーには、ビジネス、アカデミー、投資のサークルからの中国と韓国のエリートの才能が含まれています。

彼らは急速に変化する時代に技術の流れを導く強いコミットメントをもって、ブロックチェーン技術をモノのインターネットにまで拡張しようと努力しています。

このプロジェクトは、シニアブロックチェーン開発者、有名な投資機関、有名な弁護士、ファイナンスの専門家、世界的なチップ設計の専門家、中国のトップテック企業や衣料品事業の上級管理者によって強く支持され、強化されています。

ウォルトンプロジェクトとInchainとの違い

ウォルトンプロジェクトは、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせのスキームを採用しています。

一方、他のセキュリティトレーサビリティブロックチェーンプロジェクトにはハードウェアはありません。

したがって、ウォルトンプロジェクトのスキームは、他のプロジェクトとは本質的に異なります。

1.このプロジェクトのタグチップのメモリには、タグのステータスと重要なデータのハッシュ値が含まれており、タグの内容が改ざんに強いことを確認します。

2.WALTONCHAINプラットフォームと同様に、タグとリーダライタは真に偽造防止と、全体的な情報源へのトレーサビリティを確実にします。

3.WALTONCHAINは、商業的価値観から、RFIDシステムをキャリアとして利用しており、RFIDシステムの普及は不可逆的なメガトレンドです。

将来的にRFIDシステムを採用する商人の数が増え、ウォルトンチェーンのユーザー数が絶えず増加していることから、その商業的価値は非常に高いと考えられます。

ウォルトンとSigmaにおけるチップの違い

シグマプロジェクトのチップは、主にマイナーとして使用されますが、ビジネスアプリケーションの主要要素ではありません。

しかし、ウォルトンプロジェクトにはRFIDタグチップとリーダライタ主制御チップの2種類のチップがあります。

RFIDタグチップは、物理的な商品をチェーンにアップロードするための商品側のインターフェースです。

言い換えれば、今後RFIDタグチップを搭載した商品(フェーズ1.0の衣服ハングタグ、ケアラベルなど)は、リーダライタとのデータ交換により関連するデータをチェーンにアップロードすることができ、手動の介入は必要ありません。

リーダーライター主制御チップは、物理的な商品をチェーンにアップロードするためのサーバー側のインターフェースです。

WALTONCHAINの主鎖または子鎖のノードとして機能する可能性があります。

RFIDシステムを使用する商人の数が増加するにつれて、それに応じてウォルトンチェーンのノードがますます多くなり、システム全体の堅牢性がますます良くなります。

前述のように、ウォルトンプロジェクトのチップは、システム全体の重要な要素であり、将来のビジネスアプリケーションと密接に関連しています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲