←前の記事 次の記事→

【VTC】Vertcoin(ヴァートコイン)

ASIC耐性のあるPoW暗号通貨。


Translate this article in English

【VTC】Vertcoin(ヴァートコイン)
Vertcoin

通貨名(通貨単位):Vertcoin(VTC)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):37,083,947 VTC

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Lyra2REv2)

公開日:2014年1月8日

公式サイト:http://vertcoin.org/

ソースコード:https://github.com/vertcoin

Blockchain Explorer(取引詳細):https://explorer.vtconline.org/

ホワイトペーパー:https://vertcoin.org/downloads/Vertcoin_Lyra2RE_Paper_11292014.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1828453

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/vertcoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 改良されたアルゴリズムによってASIC耐性を生み出した暗号通貨。
  • 電力使用量も削減することでマイナーの参加要件を引き下げる。
  • 参加者増加により真の分散化に繋がる。

概要

ヴァートコインはASICの開発に抵抗している暗号通貨です。(What is Vertcoin)

ASIC抵抗の暗号通貨

高度に専門化されたコンピュータであるASICは、より少ない人の手で暗号通貨を保持する権力を握っています。

この電力の集中化は、コインのセキュリティを弱め、長期的な価値に影響を与える可能性があります。

ヴァートコイン(Vertcoin)は、意味のある革新を通じて分散化の全面化に専念を行っています。

他の多くのコインとは異なり、ヴァートコインはコミュニティと開発者を常に革新させる目的を持っています。

元々から分散化にコミットし、Vertはこの夢への脅威と戦うために一貫して進化しました。

結果として、私たちの主な機能の1つは、ASIC耐性であり、Scrypt-N ASICが開発されたことを発見したときに『Lyra2RE』と呼ばれる新しい作業証明アルゴリズムに成功し、ボットネットを発見した後にLyra2reV2が成功しました。

マイニングプロセスを一般化された低リスクの消費者向けハードウェアの手に保つことで、マイナーの参加要件を引き下げ、コインを採掘する人の数を増やし、真の分散化につなげることができると考えています。

Lyra2REv2

Lyra2REはX11よりも約15%の電力使用量削減を達成しました。

このアルゴリズムは、コアでASIC耐性を持つように設計された革新的な新しい作業証明アルゴリズムです(ブロック208301)。

Lyra2REはASICのマイナーを撃退するために、私たちの以前の実績とヴァートコインの革新的なScrypt-Nを置き換えました。

フォークは成功裏に実行され、ヴァートコインは分散型のASICフリーゾーンとなり、ヴァートコインはASICの脅威が明らかになったときにハードフォークを約束します。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。