←前の記事 次の記事→

【TKN】TokenCard(トークンカード)

アプリと物理カードで様々な決済が出来るスマートコントラクトトークン。


Translate this article in English

【TKN】TokenCard(トークンカード)
TokenCard

通貨名(通貨単位):TokenCard(TKN)

最大供給量:39,406,760 TKN

現在の供給量(記事作成時):23,644,056 TKN

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年4月25日

公式サイト:http://tokencard.io/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/TokenCard

ホワイトペーパー:http://tokencard.io/tokencard_whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1887092.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/tokencard/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 物理カードも提供する暗号通貨スマートコントラクトトークン。
  • 世界中に設置されるデビットカード端末でトークンを使用可能。
  • トークンアプリケーションにより従来の銀行口座の必要性を排除する。

概要

ユーザーの資産を保護し、ユーザー設定の支出およびセキュリティパラメータを強化します。
ユーザーの資産を保護し、ユーザー設定の支出およびセキュリティパラメータを強化します。

トークンカードとは

トークンカード(Tokencard – the token™)はユーザーの資産を保護し、ユーザー設定の支出およびセキュリティパラメータを強化します。

物理トークンカードはウォレットをデビットカードネットワークに接続しERC20トークンを使用してオンライン支払い、PoS取引、ATM引き出しを可能にします。

また、モバイルアプリケーションではプロセスを統合し、美麗で直感的なエクスペリエンスを提供し、ユーザーがどこにいても最終的に銀行に行く必要がなくなります。

トークンカードは、基礎となるERC20トークンTKNを導入し、TKN資産契約で比例した請求を行います。

この資産契約では、トークンカードのすべての取引で1%のライセンス料(スマートコントラクトによって適用されます)が発生します。 TKN保有者はいつでも、TKNを『現金化して焼く』ことで、基礎資産のシェアを償還することができます。

あなたの財政はトークンアプリケーションで簡単になります

モバイルトークンアプリは従来の銀行口座の必要性を排除します。

あなたは、トークンを管理し、消費活動を見直し、支払いを行うことができます。

また、トークンアプリを使用すると、安全に簡単に契約ウォレットと対話できます。

さまざまなパラメータに基づいて革新的な支出オプションを作成し、ライフスタイルに合わせてセキュリティプロファイルを管理します。

ユーザーがカードをスワイプすると、Google Maps APIを使用して、ビジネス名、施設タイプ、使用額(ローカルの金額とトークン)、およびトランザクションの場所を表示するトークンアプリケーションにトランザクションエントリが同時に表示されます。

トークンカードであなたのトークンを使う

トークンカードを使用すると、世界中のデビットカード端末でERC20トークンを使用できます。

これは画期的であり、DGX、ETH、DAI、または他のERC20トークンで品物を買うことができます。

また、1つの取引で複数のトークンを費やすこともできますし、契約ウォレット内で希望するポートフォリオの割り当てを自律的に維持することもできます。

そして、これまでどおりに入金する必要はありません。

あなたのトークンは、あなたが管理する契約ウォレットの中に確保されています。

トークンカードの支払いを有効にするためのコントロールはあなたによって設定され、いつでも変更することができます。

更に、これまでユーザーはセキュリティを得るために機能を犠牲にしたり、機能のセキュリティを犠牲にしたりしなければなりませんでした。

しかしトークンカードでは、トレードオフはありません。

グローバル・ペイメント・ネットワークの効用を獲得しながら、契約ウォレットのセキュリティと制御を維持します。

トークンカードの最もエキサイティングなユースケースは、その市場の他のプロジェクトで探究されているものです。

これらのネイティブのイーサリアム(Ethereum)プラットフォームと積極的に統合することで、TKNの保有者は多種多様な市場に直接アクセスしながら、主要な決済経路に接続することができます。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。