←前の記事 次の記事→

【TAAS】TaaS(タース)

暗号通貨投資に関する障壁を低減させるスマートコントラクトを用いたツール。


Translate this article in English

【TAAS】TaaS(タース)
TaaS

通貨名(通貨単位):TaaS(TAAS)

最大供給量:101,000,000 TAAS

現在の供給量(記事作成時):8,146,001 TAAS

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年2月2日

公式サイト:https://taas.fund/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/Taas

ホワイトペーパー:http://taas.fund/media/whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1775766

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/taas/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 利益分配型のスマートコントラクトで構築されたトークン。
  • ブロックチェーン空間への投資のリスクと技術的障壁を軽減するように設計。
  • 取引履歴とポートフォリオ残高を簡単に検証するツールを開発。

概要

タースは投資家があらゆる障壁に遭遇することなく、ブロックチェーン市場を活用することができます。(TaaS. Token-as-a-Service. )

タースとは

タース(TaaS – Token as a Service)は、トークン化されたクローズドエンド基金であり、ブロックチェーン空間への投資のリスクと技術的障壁を軽減するように設計されています。

利益分配型のスマートコントラクトに基づいて構築されたTaaSは、投資家がファンドの収入ストリームを購読できるように、革新的なサービスとしてのビジネスモデルを導入しています。

TaaSは革新的な暗号監査技術を構築し、暗号化トークンとトークン専用の最初の真の透明な基金となりました。

ビジネスの主な特徴

TaaSは革新的なビジネスモデルを導入し、投資家が暗号チェーンとトークンの所有、移転、取引に伴うハードル、リスク、技術的障壁に遭遇することなくブロックチェーン市場の台頭を活用することができます。

ICOの期間中の投資を目的とした開設のため、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンと暗号監査技術を利用して投資家に完全な透明性を提供する最後の閉鎖型ファンド(CEF – closed end fund)です。

ファンドから償還されない固定数の株式を発行する従来のクローズドエンド・ファンドとは異なり、TaaSは利益分配型のスマートコントラクトで構築されたトークンを発行します。

スマートコントラクトにより、トークン所有者は四半期利益の50%を回収することができます。

追加投資を行わずに資本プールを成長させるためには、利益の25%がファンドに再投資されます。

これにより、トークンのNet Asset Value(NAV)が時間とともに増加し、その値を親プロジェクトのパフォーマンスに明示的に結び付けるための最初のブロックチェーントークンになります。

本質的には、進入障壁を効果的に排除し、投資家がファンドの収入フローに安全に加入できるようにすることで、TaaSはToken as a Serviceビジネスモデルを導入します。

スマートコントラクトは正当な支払い配分を安全に保証することができますが、非イーサリアムトークンに投資する場合は透明性を提供しません。

我々は、この透明性を提供するために社内の暗号監査(CA – Cryptographic Audit)技術を構築しました。

CAは、TaaSトークンの所有権にかかわらず、あらゆるメンバーが取引履歴とポートフォリオ残高を簡単に検証できるようにする一連の監視ツールです。

他のソリューションの中には、Regular Blockchain Snapshots、Proof of Reserves、ビュー専用APIキーなどがあります。

暗号監査は、ブロックチェーンプロジェクトにおけるマネーフローの高いセキュリティ基準を設定するために構築されています。

我々は、将来のICOが主流採用に向けて重要なマイルストーンと見ています。

私たちの使命は、ブロックチェーンのコミュニティに長期的なイノベーションを提供することです。

そのため、ファンドの運営に加えて、ブルームバーグのような最初の暗号化のポートフォリオ管理と分析プラットフォームであるケプラー(Kepler)を構築しています。

ケープラーは、市場調査、デューデリジェンス、オーダー管理からリスクエクスポージャーと業績予測まで、投資プロセスの全範囲を網羅します。

開発費用は、TaaSの利益によって完全にカバーされます。

ケプラーMVPはすでに作成中で、プライベートベータ版は2017年第3四半期に予定されています。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。