←前の記事 次の記事→

【SYNX】 Syndicate(シンジケート)

企業と消費者を結ぶ次世代の製品管理プラットフォーム。


Translate this article in English

【SYNX】 Syndicate(シンジケート)
Syndicate

通貨名(通貨単位):Syndicate(SYNX)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):11,268,860 SYNX

システム(アルゴリズム):Proof of Work(X11),Proof of Stake

公開日:2016年6月14日

公式サイト:http://syndicatelabs.io/

ソースコード:https://github.com/SyndicateLabs

Blockchain Explorer(取引詳細):http://synx.cryptophi.com/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1511215.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/syndicate/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 企業と消費者を結ぶビジネスマネジメントを行うプラットフォーム。
  • 在庫、売上および経費を把握するのに役立つ、完全に統合された管理システムを備える。
  • すべての適切なコンポーネントを組み合わせることで、大量採用のためのツールを作成。

概要

シンジケートはビジネスマネジメントを行うプラットフォームです。
シンジケートはビジネスマネジメントを行うプラットフォームです。

ビジョン

暗号世界には、暗号プロジェクトが多く溢れています。

新しい暗号通貨を発行するという簡単な目的で開発されたものもあれば、市場導入の具体的な目的でこれを構築するものもあります。

いくつかの勇敢な魂は、起動したコインを利用するソリューションやサービスを開発することで、これをさらに拡大しようとしています。

私たちはSYNXを用いて我々は業績を上げることを目指しています。

シンジケート(SYNDICATE)は、企業と消費者を結ぶ次世代の製品管理プラットフォームを目指しています。

シンジケートは、ビジネスオーナーが在庫、売上および経費を把握するのに役立つ、完全に統合された管理システムを備えています。

作成するすべてのレコード&セールスレポートは、財務管理に現在使用しているソフトウェアを補うために、複数の形式で完全にエクスポートできます。

シンジケートのウォレットは、設計通りに、多面的なモジュール機能を目指しています。

周辺機器通信は在庫管理ハードウェア(リーダ、スキャナ、RFID、タグなど)を引き続き採用し、現在の在庫管理ビジネスプロセスを無秩序に最適化します。

シンジケートは、企業と消費者をつなぐ次世代の製品管理プラットフォームを目指しています。

シンジケートは、すべての適切なコンポーネントを組み合わせることで、大量採用のためのツールを作成します。

▲ サイト最上部へ移動 ▲