←前の記事 次の記事→

【SWT】Swarm City(スウォームシティ)

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上で実行される分散型商取引プラットフォーム。


Translate this article in English

【SWT】Swarm City(スウォームシティ)
SwarmCity

通貨名(通貨単位):Swarm City(SWT)

最大供給量:9,525,397 SWT

現在の供給量(記事作成時):6,710,181 SWT

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年3月19日

公式サイト:http://swarm.city/

ソースコード:https://github.com/swarmcity

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/SwarmCity

ホワイトペーパー:https://github.com/swarmcity/sc-token/blob/master/token-exchange-miniwhitepaper.md

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1794644

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/swarm-city/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • イーサリアムによる分散型商取引プラットフォーム。
  • ユーザーはツールを用いてリクエストを作成、要求したり、取引を実行出来る。
  • 評判機能や相互通信によるピアツーピア共有経済を構築する。

概要

スウォームシティは、真に分散したピアツーピア共有経済の第一歩です。
スウォームシティは、真に分散したピアツーピア共有経済の第一歩です。

スウォームシティとは

スウォームシティ(Swarm City)はスウォームシティトークン(SWT)を使用して価値を取引する、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上で実行される分散型商取引プラットフォームです。

ボードウォーク(Boardwalk)は、スウォームシティの最低限可能な製品です。

ユーザーはSWTを使ってリクエストを作成、要求したり、取引を実行したりすることができます。

ボードウォークはスウォームシティ内で商業が始まる場所であり、スウォームシティのピアツーピア共有経済に参加するためのシンプルで直感的なシステムを提供します。

ボードウォークは2017年6月15日にリリースされ、リリースに伴い、スウォームチームはStorefrontの3番目のリリースに向けて、実際のシナリオでトランザクション処理、評判の獲得、ハッシュタグの使用に関する基本概念を確実に実行します。

基本的なボードウォーク機能

ユーザは、スウォームシティのアイデンティティを作成するために使用するターミナルで旅を始めます。

ユーザーがターミナルを離れると、彼らはボードウォークで自分自身を見つけるでしょう。

ボードウォークは、新規参入者が会い、街の構造と市民と知り合う場所です。

最初の関係が構築され、評判が明らかになり、最初の取引が行われます。

ボードウォークでのより深い見方

ボードウォークはスウォームシティのピアツーピア共有経済を最もシンプルな形で表現したものです。

ボードウォークでは、ハッシュタグに基づいたプロバイダのリクエストが導入され、お互いに通信したり、評判を得たり、取引することができます。

スウォームシティチームは、スウォームシティを細かく調整するために、開発、通信、およびビジネスリソースをどこに割り当てる必要があるかについて貴重な洞察を得るでしょう。

また、プロジェクトの短期的な成長可能性を明らかにします。

スウォームシティチームが検討する最初の指標は、トランザクション数、トランザクションサイズ、トランザクションの種類、ユニークユーザー数です。

ボードウォークのインタラクションが設計通りに機能していることを確認すると同時に、プロジェクトの可能性をよりよく理解することが目標です。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。