←前の記事 次の記事→

【SPR】SpreadCoin(スプレッドコイン)

セキュリティや半減期の特殊な調整などを行った暗号通貨。


Translate this article in English

【SPR】SpreadCoin(スプレッドコイン)
SpreadCoin

通貨名(通貨単位):SpreadCoin(SPR)

最大供給量:20,000,000 SPR

現在の供給量(記事作成時):8,343,459 SPR

システム(アルゴリズム):Proof of Work(SpreadX11)

公開日:2014年7月30日

公式サイト:http://www.spreadcoin.info/

ソースコード:https://github.com/spreadcoin

Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/spr/

ホワイトペーパー:http://spreadcoin.info/downloads/SpreadCoin-WhitePaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1045373

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/spreadcoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • プール防止を行う特殊なメカニズムを導入した暗号通貨。
  • トランザクションのシグネチャをよりコンパクトに表現。
  • ブロック報酬は突然半減せず、時間の経過と共に徐々に減少する。

概要

スプレッドコインはビットコインよりも分散化された新しい暗号通貨です。
スプレッドコインはビットコインよりも分散化された新しい暗号通貨です。

SpreadX11

スプレッドコイン(SpreadCoin)のSpreadX11は、洗練されたプール防止メカニズムを導入することで、通常のX11とは異なります。

SpreadX11では、すべてのブロックヘッダーに追加情報(MinerSignatureおよびhashWholeBlock)が含まれています。

この情報の助けを借りて、プロトコルは、ブロック全体の内容とコインベーストランザクションを費やすプライベートキーを知るために、新しいブロックのマイナーが常に最初のものであることを保証します(プールオペレータがそれらの事を知る最初の人であるプールマイニングとは対照的に)。

そのため、マイナーがブロックを見つけたときには、プールにこれを処理させるのではなく、ブロックにサインしてネットワークに送信する必要があります(ソロマイニングなど)。

プールによって設定されたルールに従うのではなく、仮定されたプール内の任意のマイナーが常にブロック報酬を盗むことができるため、ルールを強制的に非強制的にすることによって、プールを効果的に防ぎます。

コンパクトなトランザクション

スプレッドコインは、トランザクションのシグネチャをよりコンパクトに表現します。

スプレッドコインとビットコイン(Bitcoin)はECDSA署名を使用します。

ビットコインは対応する署名の公開鍵のコピーを保持しますが、スプレッドコインは公開鍵を署名から直接再生することでこれを排除します。

このようにして、すべてのECDSA署名の公開鍵をブロックチェーンに保持する必要はないため、トランザクションが小さくなり、ブロックチェーンが小さくなります(CPUの数サイクルのコストで)。

半減期の調整

ビットコインとは異なり、スプレッドコインでは急激な報酬の半分(半減期)はありません。

ブロック報酬は時間の経過と共に徐々に減少しています。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。