←前の記事 次の記事→

【SNGLS】SingularDTV(シンギュラーDTV)

ブロックチェーンに構築されるオンデマンドプラットフォーム。


Translate this article in English

【SNGLS】SingularDTV(シンギュラーDTV)
SingularDTV

通貨名(通貨単位):SingularDTV(SNGLS)

最大供給量:1,000,000,000 SNGLS

現在の供給量(記事作成時):600,000,000 SNGLS

システム(アルゴリズム):-

公開日:2016年7月23日

公式サイト:https://singulardtv.com/

ソースコード:https://github.com/ConsenSys/singulardtv-contracts

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/SNGLS

ホワイトペーパー:https://coss.io/documents/white-papers/singulardtv.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1562292.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/singulardtv/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • イーサリアム上に構築されたコンテンツ制作および配信プラットフォーム。
  • ブロックチェーンとスマートコントラクトにより、エンタメ業界を公正効率透明なビジネスに変化させる。
  • 複数のセキュリティシステムにより欠陥を排除する努力を行っている。

概要

シンギュラーDTVはブロックチェーンのエンターテインメントスタジオ、権利/収益/ロイヤルティ管理プラットフォーム、オンデマンドポータルです。(What Is SingularDTV?)

シンギュラーDTVとは何ですか?

シンギュラーDTV(S-DTV – SingularDTV)は、イーサリアム(Ethereum)上に構築されたコンテンツ制作および配信プラットフォームです。

目標は高品質の映画やテレビコンテンツを制作し放送するだけでなく、ブロックチェーンとスマートコントラクト技術により、エンターテインメント業界をより公正で効率的で透明なビジネスに変えることです。

どのように機能するのか

S-DTVは、集中的に組織された分散エンティティ(CODE)です。

CODEは、イーサリアム基金の形成の背後にある同じ法律事務所であるMMEと提携して開発された組織構造の新しい形態です。

CODEは資金が集中している分散型エンティティであり、プラットフォームによって生成される利益から配当を受けるトークン所有者間で資本が共有されますが、一元的に管理されます。

つまり、トークン所有者は意思決定およびプラットフォームの開発に参加しません。

このガバナンスモデルの分散コンポーネントは、トークン化されたスマートコントラクトシステムとして、イーサリアムブロックチェーン上に存在します。

これらのトークンはSNGLSと呼ばれ、S-DTVの知的所有権(Intellectual Property)の映画、テレビ、ソフトウェアプロジェクトのシェアを表しています。

集中化されたコンポーネントは、S-DTVの資金、プロジェクト、および開発の管理を担当する多数の異なる企業構造によって表すことができます。

合計10億のSNGLSトークンが発行され、その半数は群衆の販売で利用可能になり、40%は『保管庫(Storage Vault)』に保管されます。

残りの1億トークンはS-DTVのコア投資家に配分されます。

この保管庫は、これら400mのトークンから受け取った配当金がワークショップに配分されるため、プラットフォームに継続的に再投資されるファンドを維持する目的で存在します。

ワークショップはまた、金額/暗号通貨を収集し、それを保管庫およびスマートコントラクトシステムに送信することにより、SCSはSNGLSおよび知的所有権収益をトークン所有者によって分配します。

前述の収入は、トランザクションオンデマンド(TVOD – Transactional video on demand)ポータルから、権利とロイヤリティマネジメントプラットフォームから収集されます。

シンギュラーDTVは、他の映画やテレビ番組の配信権を取得し、TVODポータルやAppleTV iTunes、GooglePlay、Vimeoのようなブリッジポータルのブランドの下で、そのプロジェクトと共に配信します。

S-DTVが現在取り組んでいるプロジェクトには、長編ドキュメンタリー番組と短編ドキュメンタリーシリーズのTV番組『Singular』があります。

権利およびロイヤリティマネジメントプラットフォームは、知的財産権を販売することによって収益を創出します。

Ujoデジタル著作権管理ソフトウェアシステム(Ujo digital rights management software system)を購入し、公平かつ公平な所有権を得ることをS-DTVが意図しています。

S-DTVは、Ujoから独立した独自のデジタル権利プラットフォームを構築することもできます。

セキュリティ

DAOのハッキングの出来事に続いて、特に重要なブロックチェーンプロジェクト、特にイーサリアム上に構築されているブロックチェーンプロジェクトのセキュリティが重要です。

SNGLSトークンは投票機能や分割機能を持たないため、このシステムは本質的にDAOよりも安全です。

それに加えて、S-DTVはThe Guardと呼ばれる監査/セキュリティ機構によって保護されています。

シンギュラーDTVは、スマートコントラクトシステムに欠陥がないことを保証するために、さらなる努力を払っています。

S-DTVはThe Guardによって実施される監査の他に、30BTC分のバグバウンティー(バグ報告報酬)を提供しています。

トークンの起動

シンギュラーDTVは総額750万ドルを集めたいと考えています。

そのために1ヶ月間続くクラウドセールが開催されます。

この間、5億個のSNGLSトークンは最初の10日間SNGLあたり0.00125 ETHの固定レートで販売され、4日間ごとに12.5%減少し(12日間で)50%に達します。

これらの資金は、『シンギュラー』のテレビ番組の完成、S-DTVドキュメンタリー部門の立ち上げ、Ujo権利管理プラットフォームへの株式の購入、TVOD配信ポータルの開発に使用されます。

これには最低34mのSNGLSを販売する必要があります。

そうしないとプロジェクトがキャンセルされ、すべての投資が返却されます。

トークンの発行はイーサリアムネットワーク上で行われるため、イーサリアムを使用している場合にのみ、クラウドセールの販売に投資することができます。

これは、特別なスマートコントラクトウォレットアドレスにETHを送信することによって行われます。

これにより、新しく作成されたSNGLSトークンが発行され、送信されます。

これは任意のウォレットを使用して行うことができますが、トークンを表示して転送するには、ミストブラウザまたはS-DTVライトウォレットを使用する必要があります。

S-DTVライトウォレット

クラウドセールの販売を容易にし、ユーザーがトークンを管理するための簡単にアクセス可能なプラットフォームを提供するために、シンギュラーDTVはイーサリアムライトウォレットを開発しました。

このウォレットを使用すると、SNGLSトークンとイーサリアムを格納して転送できます。

S-DTVチームは、このウォレットを使用する方法に関するビデオチュートリアルを作成しました。

S-DTVライトウォレットの生成、使用、復元の方法に関する動画。(The SingularDTV Lightwallet)

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。