←前の記事 次の記事→

【SIB】SIBCoin(シブコイン)

ロシアコミュニティをメインにしたダッシュフォーク。


Translate this article in English

【SIB】SIBCoin(シブコイン)
SIBCoin

通貨名(通貨単位):SIBCoin(SIB)

最大供給量:24,000,000 SIB

現在の供給量(記事作成時):14,962,656 SIB

システム(アルゴリズム):Proof of Work(X11-GOST)

公開日:2015年5月9日

公式サイト:http://sibcoin.org/

ソースコード:https://github.com/ivansib/sibcoin

Blockchain Explorer(取引詳細):http://chain.sibcoin.net/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1153781.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/sibcoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ロシアコミュニティが主要の暗号通貨。
  • ダッシュからフォークされ、追加のアルゴリズムが搭載されている。
  • 頻繁なコミュニティミーティングが開催されている。

概要

シブコインは実験的な新しいデジタル通貨で、世界のどこにいても匿名の即時支払いを可能にします。
シブコインは実験的な新しいデジタル通貨で、世界のどこにいても匿名の即時支払いを可能にします。

シブコインとは

シブコイン(SibCoin)は、ロシアの中心地から誕生し、ロシア全国の暗号コミュニティにおいて莫大な支持を得ています。

シベリアはロシアの伝説の宝庫ですが、他の国と同じように、この険しい土地に住む人々は、生活条件が経済へのインプットを十分に反映しているとは思わないことがよくあります。

ブロックチェーンは、多くの人々による腐敗や官僚的な非効率性に対する解決策と見なされています。

しかし、政治的見解の不一致や西側からの大きなアイデアへの一般的な不信のために、今までのロシア人のほとんどはビットコインを信頼する準備ができていませんでした。

彼らは、ブロックチェーンの世界にそれらを紹介するために、馴染みがよく親しみやすいものが必要でした。

そして、こうして、シベリアン・シェルボネット(Siberian Chervonets – SIB)が生まれました。

シブコインはダッシュ(Dash)のフォークで、ロシアの暗号技術者が考案した追加の暗号アルゴリズムを採用しています。

コインの採用は、2015年5月に最初のブロックが採掘されてから急速に拡大しています。

シブコインは、ロシアのブロックチェーンコミュニティの統合の原動力になるよう努めています。

シベリアの大都市やロシア西部や近隣諸国の都市では、頻繁なコミュニティミーティングが開催されています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲