←前の記事 次の記事→

【XRP】Ripple(リップル)

リアルタイムで世界中の銀行間支払いを実行。


Translate this article in English

【XRP】Ripple(リップル)
Ripple

通貨名(通貨単位):Ripple(XRP)

最大供給量:100,000,000,000 XRP

現在の供給量(記事作成時):38,532,538,149 XRP

システム(アルゴリズム):Ripple Ledger Consensus

公開日:2004年

公式サイト:https://ripple.com/

ソースコード:https://github.com/ripple

Blockchain Explorer(取引詳細):https://ripple.com/graph

ホワイトペーパー:https://ripple.com/files/ripple_consensus_whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1381669.0

公式フォーラム:http://www.xrpchat.com/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/ripple/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 世界中の銀行と協力することでリアルタイム送金を実現させるプロジェクト。
  • これにより収益機会増、コスト削減、顧客満足度が向上する。
  • 銀行は料金や手数料、支払い状況の追跡、配送確認などの情報をリアルタイムで確認可能。

概要

国境を越えた取引を行うインフラストラクチャ技術、リップル。(Ripple: Real-Time Cross-Border Transactions)

価値あるインターネットを生み出す

グローバルな商取引は急速に変化しています。

企業は最初からますますグローバルになり、消費者はサービスと情報のオンデマンド配信を期待するようにプログラムされています。

しかし、現在の支払い基盤はこれらのニーズを満たすには悲惨なほど不十分です。

リップルは銀行と協力して世界中のお金を送金する方法を変化させます。これは今日の経済成長を牽引するために必要なステップです。

私たちのビジョンは価値あるインターネットを可能にし、今日の情報の移動方法に世界が価値をもたらすことができるようにすることです。

リップルとは?

リップルの分散型金融テクノロジにより、銀行はネットワークを介してリアルタイムの国際支払いを送信できます。

何故リップルを使用するのか

リップルを使用することで、銀行はあらゆる支払いサイズに対してより高速で低コストのオンデマンドのグローバル決済サービスに対する需要を満たすことができます。

その結果、新しい収益機会、処理コストの削減、全体的な顧客体験の向上が実現します。

アクセス:銀行間の直接決済

スピード:即時決済

確実性:資金のリアルタイムトレーサビリティ

コスト:最低限の決済コスト

銀行の効率性を定量化する

リップルを使用することで、銀行は新しい顧客を獲得し、差別化された製品やサービスを通じて収益を伸ばすことができます。

それに加え、リップルは国際支払いを処理し解決するための効率的な仕組みを通じ、銀行のバックオフィスコストを削減します。

このモデルを使用すると、国際的な支払いのためにリップルを使用して銀行が達成できる効率的な利益を見積もることができます。

詳細については関連記事を参照して下さい。

銀行はリップルを採用している

リップルは銀行が新しい収益機会を開き、処理コストを削減し、全体的な顧客エクスペリエンスを向上させることを可能にします。

リップルは成長する金融機関と流動性プロバイダの潜在的可能性にアクセスするために一度統合します。

リップルの利点

リップルは、銀行が既存の決済プロセスの効率を高め、顧客に差別化された商品やサービスを提供することを可能にします。

決済リスクのないリアルタイム支払い:リップルのソリューションを使用して、銀行は複数の元帳間の資金移動を調整、決済リスクをすべて除去し、支払いプロセスの遅延を最小限に抑えることができます。多くのノストロ(当方勘定)アカウントを介してグローバルにアクセスする必要はなくなりました。

柔軟な流動性プロビジョニング:より効率的な流動性調達を通じて、リップルを使用して新しい廊下へのリーチを拡大します。既存のノストロアカウントを活用し、競争力のあるFXレートの大量の廊下を利用するか、サードパーティの流動性プロバイダーの市場を活用してください。

運用コストの削減:リップルの双方向メッセージングにより、銀行は資金が移転される前にトランザクションを検証、資金の送達を確認し、高いストレートスルー処理率、低い収益率、無視できるトラッキングと和解努力を保証することができます。

ユースケース

リップルはシンプルな統合により、成長し続けるネットワークへの即時アクセスを提供し、新しい方法と収益を生むユースケースを開拓します。

法人向け融資:銀行はリアルタイムでオンデマンドで完全なトレーサビリティとデータ豊富な国際決済サービスを法人顧客に提供することができ、優れた運転資本管理、高いストレートスルー処理率、自動調整を実現できます。

小売送金:リップルにより銀行は低コストの送金サービスを提供し、顧客満足度が大幅に向上します。リップルを使用すると銀行は料金や手数料、支払い状況の追跡、配送確認などの情報をリアルタイムで把握して、顧客にリアルタイムの送金を提供することができます。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。