←前の記事 次の記事→

【RCN】Ripio Credit Network(リプトクレジットネットワーク)

P2P機能を用いたローンプラットホーム。


Translate this article in English

【RCN】Ripio Credit Network(リプトクレジットネットワーク)
Ripio Credit Network

通貨名(通貨単位):Ripio Credit Network(RCN)

最大供給量:999,942,647 RCN

現在の供給量(記事作成時):485,142,647 RCN

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年9月24日

公式サイト:https://ripiocredit.network/

ソースコード:https://github.com/ripio/rcn-token

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xf970b8e36e23f7fc3fd752eea86f8be8d83375a6

ホワイトペーパー:https://ripiocredit.network/#whitepaper

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2202647.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/ripio-credit-network/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • スマートコントラクトとブロックチェーン技術に基づいた国際信用ネットワーク。
  • 共署名によってリスクおよび契約条件を改善する。
  • デジタル経済全体に細かくて新しい道を生み出す事を目指す。

概要

リプトクレジットネットワークはコーディネートされたスマートコントラクトに基づくグローバルなピアツーピアクレジットネットワークです。(Ripio Credit Network)

リプトクレジットネットワークとは

リプトクレジットネットワーク(Ripio Credit Network)は、世界のどこにいても、どの通貨でも貸し手と借り手を結びつける、合理化されたスマートコントラクトとブロックチェーン技術に基づくグローバルな信用ネットワークです。

RCNは、通貨に関係なく、世界のどこにいても貸し手と借り手との間の接続を可能にし、双方にとってより良い条件を可能にし、今日利用可能なものよりも優れた信用枠を作り出します。

Ripioは、ラテンアメリカで最も有名なビットコイン(Bitcoin)企業の1つです。

Riptoはスペイン語で砂利を意味します。

砂利のように、Ripioはデジタル経済全体に新しい道路を建設することを目指しています。

新しい道路は新たな可能性を生み出し、誰にとっても財政的な取り組みへのアクセスを広げる鍵となります。

機能

RCNスマートコントラクトは、借り手の信用リスクを公平に分析するエージェントに、借り手のアイデンティティに関する情報をエージェントに結び付けることで、ブロックチェーン技術を通じて与信貸付を標準化します。

RCNは貸し手のリスクを分配して軽減するとともに、借り手の現地法制度へのアクセスを維持することによって契約条件を改善するのに役立つ共署名として機能します。

cosignerはRipio信用ネットワークの重要なエージェントの1つです。

これは、貸し手のリスクを分散し軽減する再保険会社として機能し、おそらく最も重要なことは、借り手の現地法制度へのアクセスを維持することによって借り手側の契約条件を改善する助けとなることです。

貸し手によって包括されることは、貸し手自身に起因する損失だけでなく、貸し手によって維持される損失も大幅に減少させます。

問題と解決

RCNは、信用の民主化に向けて道を歩み、従来の銀行システムの代替案を提供し、ブロックチェーン技術を通じて与信貸付を標準化しています。

伝統的な与信システムは、特定の地理的位置に業務を集中させるため、異なる地域の人々が与信取引の目的で接続することが困難になります。

銀行はリスク容量に応じて貸付金と与信を行い、またこの情報の収集と分散に固有の官僚制を伴います。

その結果、一部のクレジット・プロジェクトは、借り手の信用力に比べて負担がかかりすぎます。

ピアツーピア・ローンなどの新しいクレジット・オルタナティブには、依然として解決すべきいくつかの構造上の問題があります。

第一に、信用リスクは一般的に依然として貸し手によって引き受けられており、P2Pプラットフォームでは想定されていません。

第二に、信用リスク評価プロセスは非対称的なままです。

第三に、貸し手は資産を管理する管理ツールがほんのわずかです。

最後に、P2Pプラットフォームの背後にある会社が債務不履行または倒産を宣告した場合、貸し手は借り手に対して借り手としての義務が制限されます。

▲ サイト最上部へ移動 ▲