←前の記事 次の記事→

【REQ】Request Network(リクエストネットワーク)

イーサリアム上に構築されたペイメントネットワーク。


Translate this article in English

【REQ】Request Network(リクエストネットワーク)
RequestNetwork

通貨名(通貨単位):Request Network(REQ)

最大供給量:1,000,000,000 REQ

現在の供給量(記事作成時):636,000,000 REQ

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年8月31日

公式サイト:https://request.network/

ソースコード:https://github.com/RequestNetwork/

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x8f8221afbb33998d8584a2b05749ba73c37a938a

ホワイトペーパー:https://request.network/assets/pdf/request_whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2137740.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/request-network/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 貿易法のシステムを統合したイーサリアムペイメントネットワーク。
  • 将来のシステムとの互換性を保ちながらIoTで作業するように設計されている。
  • ING銀行とYCombinatorの支援を受けている。

概要

リクエストネットワークは支払いリクエストのための分散型ネットワークです。
リクエストネットワークは支払いリクエストのための分散型ネットワークです。

リクエストネットワークとは

リクエストネットワーク(Request Network)はイーサリアム(Ethereum)上に構築された分散型ネットワークです。

第三者の関与を必要とせずに、どこでも安全な方法でリクエストを検出して支払うことができます。

リクエストネットワークは不変で本物の元帳に保存されます。

この元帳は、会計および監査プロセスの真の固有のソースとして機能します。

リクエストネットワークは貿易法のシステムを統合し、すべての法律を越え動作するだけでなく、すべてのグローバル通貨で機能します。

システムには柔軟性があり、何百年にもわたって将来のシステムとの互換性を保ちながらIoTで作業するように設計されています。

リクエストネットワークは請求書、領収書、またはオンラインで支払いを受けるたびに、第三者がリクエストを生成して共有するために使用されます。

この第三者は通常PayPal、Stripe、または会計ソフトウェアです。

近い将来、第三者を使用する代わりに、ブロックチェーン上で直接リクエストを作成し、シームレスな支払いを可能にします。

利点

このプロセスには多くの利点があります。

一つは安価であり、もう一つがあなたの財務情報を共有しないので、より安全になります。

そして、受取人アプリと支払人アプリのブロックチェーンの相互運用性により、支払いがより​​簡単になります。

これはほんの始まりです。

リクエストネットワークは以下のコンセプトに基づいています。

・リクエストはすべての通貨で機能します。

・リアルタイムで有効化要求を要求します。

・ブロックチェーン上のスマートなアルゴリズムによる財務監査を改善します。

もっとも興味深いのは、リクエストネットワークでは標準的なフレームワーク内でマシンがお互いに支払うことができるということです。

ネットワークは3つの層で構成されています。

コアレイヤーには、支払い要求の作成と検出に使用される最も基本的なスマートコントラクトが含まれています。

拡張レイヤーは課税ルールとビジネスルールを追加します。

最後に、アプリケーション層により、金融機関は請求書にアクセスして支払いを容易にすることができます。

要するに、このようなプロセスを実装する方法を知っているだけでなく、すでに実用的なプロトタイプを作成しています。

私たちのチームは、2014年から決済ネットワークとブロックチェーンを担当しており、貴重なアドバイスを提供するING銀行とYCombinatorの支援を受けています。

私たちの仕事に関わりたいのであれば、私たちのホワイトペーパーを読んで、あなたが十分に分かりにくいものを強調することが最も効果的です。

▲ サイト最上部へ移動 ▲