←前の記事 次の記事→

【RHOC】RChain(アールチェーン)

高スループットを実現する分散アプリケーションプラットフォーム。

【RHOC】RChain(アールチェーン)
RChain

関連情報

通貨名(通貨単位):RChain(RHOC)

最大供給量:1,000,000,000 RHOC

現在の供給量(記事作成時):344,166,289 RHOC

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年1月11日

公式サイト:https://www.rchain.coop/

ソースコード:https://github.com/rchain/

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x168296bb09e24a88805cb9c33356536b980d3fc5

ホワイトペーパー:https://media.readthedocs.org/pdf/rchain-architecture/stable/rchain-architecture.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1747033.0

公式フォーラム:-

公式ブログ:https://medium.com/rchain-cooperative

チャット:https://discord.gg/fvY8qhx

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/rchain/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • スケーラブルで安全なブロックチェーンをユーザーに提供するブロックチェーンプラットフォーム。
  • RhoVMの各インスタンスは、独立ブロックチェーンと独立したスマートコントラクトセットを必要なときにのみ実行する。
  • Rチェーンのコントラクトは内部的に並行して行われ、高いスケーラビリティを生み出す。

概要

RChainプラットフォームはスケーラブルで安全なブロックチェーンをユーザーに提供するブロックチェーン技術です。(RChain Vision)

Rchainとは

Rチェーン(RChain)分散アプリケーションプラットフォームは、Rho仮想マシンによって強化されています。

RhoVMの各インスタンスは、独立したブロックチェーンとネットワーク上で独立したスマートコントラクトセットを必要なときにのみ実行します。

これは、デフォルトでRChainが分割(シャード)されていることを意味し、コーディネートされたブロックチェーンとパラレルブロックチェーンのネットワークです。

このようなマルチチェーンデザインは、自給自足を念頭に置いて構築されています。

プラットフォームが成長すると、ノードはRhoVMの新しいインスタンスを初期化して負荷を管理します。

これにより、パフォーマンス、一貫性、およびコードの複雑さを一定に保ちながら、プラットフォームを直線的に拡張できます。

RhoVMの各インスタンスは軽量でマルチスレッドなので、単一のノードに複数の高性能インスタンスが存在する可能性があります。

したがって、Rチェーンのアプリケーションは前例のないスループット、可用性、および応答時間を達成し、現代市場に適した分散アプリケーションの新しい展望を開きます。

NameSpaces

ブロックチェーンとそのスマートコントラクト、ネットワーク上の他のコントラクトの可視性は、ブロックチェーンのネームスペースによって決まります。

ネームスペースは、機能、依存関係、および行動パターンに基づいて一連のコントラクトを配置して実行する半自動化されたフレームワークを開発者に提供します。

これらのプロパティは静的にチェックすることができ、開発者が暗号化、サポートされているインタフェース、経済的なプロトコル、アイデンティティなどについて型保証された環境方針を構築するのに役立ちます。

スマートコントラクト言語

Rチェーンのコントラクトは内部的に並行して行われます。

彼らはメッセージパッシングパラダイムを活用して応答性を最適化し、よりダイナミックかつ洗練されたスマートな契約エコシステムを提供します。

並行性に加えて、スマートコントラクトは業界をリードする多くの機能を備えています(メタプログラミング、リアクティブ・データ・ストリーム、パターンマッチング)。

その結果、Rチェーンコントラクトはスループットとプログラマビリティにおいて無比です。

さらにRチェーンのコードはすべて、並行計算の正式モデルとしてよくテストされており、スケーラビリティの高い契約の自動正式検証が可能です。

▲ サイト最上部へ移動 ▲