←前の記事 次の記事→

【RDN】Raiden Network(ライデンネットワーク)

高速で安価な取引が可能となるオフチェーンのスケーリングソリューション。


Translate this article in English

【RDN】Raiden Network(ライデンネットワーク)
RaidenNetwork

通貨名(通貨単位):Raiden Network(RDN)

最大供給量:100,000,000 RDN

現在の供給量(記事作成時):50,000,000 RDN

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年11月8日

公式サイト:https://raiden.network/

ソースコード:https://github.com/raiden-network/raiden/

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x255aa6df07540cb5d3d297f0d0d4d84cb52bc8e6

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2376150.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/raiden-network-token/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • イーサリアム上に構築されたインフラストラクチャレイヤー。
  • 即時で低料金でスケーラブルな支払いを可能にする。
  • ステートチャネル技術を研究し、プロトコルを定義し、リファレンス実装を開発する。

概要

Raiden Networkはオフチェーンのスケーリング・ソリューションであり、即時で低料金でスケーラブルな支払いを可能にします。(Raiden Network in a Nutshell)

ライデンネットワークとは

ライデンネットワーク(Raiden Network)はオフ・チェーンのスケーリング・ソリューションであり、即時で低料金でスケーラブルな支払いを可能にします。

これはイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンと補完関係にあり、ERC20互換のトークンで動作します。

ライデンプロジェクトは進行中です。

目標はステートチャネル技術を研究し、プロトコルを定義し、リファレンス実装を開発することです。

テクノロジー

ライデンネットワークは、イーサリアムブロックチェーンの上にあるインフラストラクチャレイヤーです。

基本的な考え方は単純ですが、基礎となるプロトコルは非常に複雑で実装は簡単ではありません。

専門的には開発者がライデンに基づくスケーラブルな分散型アプリケーションを構築するためではなく、単純なAPIとインターフェースすることができるように抽象化することができます。

ブロックチェーンは、すべての転送の順序と結果にグローバルなコンセンサスが必要であるため、うまく拡張できません。

すべての参加者は、共有元帳へのすべての更新について学習する必要があります。

ハードウェアと帯域幅の制約により、分散型ネットワークで共有できる1秒あたりの更新数が制限されます。

ライデンネットワークの基本的な考え方は、ブロックチェーンのコンセンサスのボトルネックを避けることです。

これは、オフチャネルで、つまり転送ごとにブロックチェーンを介さずに、値を安全に転送することを可能にする支払いチャネルのネットワークを活用することによって行われます。

ユースケース

ライデンネットワークの明らかな使用例は、支払いです。

現在、世界の決済業界は毎年約2兆ドルの収益を生み出しており、その成長が続いています。

小売支払

ブロックチェーンベースの支払いを大衆にもたらすために競合するいくつかの高プロファイルイーサリアムトークンベースのプロジェクトがあります。

特に発展途上国では、これらの努力は潜在的に数百万人の人生を改善する可能性があります。

ライデンネットワークは、スケーラブルなテクノロジーと競争力に大きく依存しているため、重要な要素となります。

P2Pキャッシュ

私達が知っているように現金は、キャッシュレスの社会に向かう傾向があります。

スケーラブルなブロックチェーンベースの支払いは、新しい世代の期待に合わせてユーザーエクスペリエンスを更新しながら、現金の非公開かつ分散された性質を維持するのに役立ちます。

マイクロペイメント

ブロックチェーンは、今後のマシンツーマシン経済の支払いインフラストラクチャになるための有力候補です。

IoTは、商取引の数を一桁増やすことができ、移転コストが安くなるほどユースケースが多く出現します。

マイクロペイメントは、API、帯域幅、コンピューティングパワー、ストレージ、電気、基本的にあらゆるインフラストラクチャへのきめ細かなアクセスを得るために使用できます。

同じことが、ウェブページ、ゲーム、ビデオ、またはオーディオストリーミングなどのコンテンツまたはエンターテイメントにも当てはまります。

すでに今日、提案されたDAppsの多くは、ネットワーク内の参加者間の協調行動を促すための小さな支払いに頼っています。

インスタントトークンスワップ

支払いの次に、トークンの交換はおそらくブロックチェーンの2番目に顕著なユースケースです。

トークン化の現在の傾向が続く場合、これはさらにそうです。 ライデンネットワークのアトミックトークンスワップ機能をベースにした分散型の交換は、低コストでトークンを即座に交換できるようにします。

▲ サイト最上部へ移動 ▲