←前の記事 次の記事→

【XRB】RaiBlocks(ライブロックス)

元帳ネットワークを配布するプラットフォーム。


Translate this article in English

【XRB】RaiBlocks(ライブロックス)
RaiBlocks

通貨名(通貨単位):RaiBlocks(XRB)

最大供給量:340,282,367 XRB

現在の供給量(記事作成時):104,446,993 XRB

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Blake2)

公開日:2016年2月29日

公式サイト:https://raiblockscommunity.net/

ソースコード:https://github.com/clemahieu/raiblocks

Blockchain Explorer(取引詳細):-

ホワイトペーパー:https://docs.google.com/document/d/13s6BKzRq9oD5Me55JBRzR7BdvjJ44QKqPu2lf-JsAlU/view

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1381323.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/raiblocks/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • スケーラブルで効率的な分散元帳プラットフォーム。
  • シンプルなシステムを提供する代替案に比べていくつかの重要な改善がなされる。
  • グローバルスループットが大幅に向上し、トランザクション時間が短縮。

概要

ライブロックスは元帳ネットワークを配布するプラットフォームです。
ライブロックスは元帳ネットワークを配布するプラットフォームです。

ライブロックスとは

分散元帳は数年前から存在していますが、プラットフォームの採用は低く、初期の導入市場はあまり実現していません。

これらのシステムのトランザクションパフォーマンスは、集中化されたシステムと比較して、地方分権化の利益のみを活用しつつ低速に耐えることのできるニッチ市場に格下げされています。

ライブロックス(RaiBlocks)はスケーラブルで効率的な分散元帳プラットフォームとして設計されています。

この設計により、トランザクションを数秒で処理できるシンプルなシステムを提供する代替案に比べていくつかの重要な改善がなされ、デジタル世界で役立ちます。

このようなパフォーマンスの向上を実現するために、共有状態をメッセージの受け渡しに置き換えるコンカレント・コンピューティングから最適化を適用します。

これにより、共有状態の競合がなくなり、グローバルスループットが大幅に向上し、トランザクション時間が短縮されます。

ライブロックスは、ネットワークのコンセンサスをアービタの回路と同等にすることで、電気工学分野のアナロジーに基づいています。

これにより、ライブロックスはシステムがどのように分散した、平等で効率的な結論になるかについての、よく研究されたモデリングの基礎が確立されています。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。