←前の記事 次の記事→

【RADS】Radium(ラジウム)

スマートチェーンによる高度なブロックチェーン機能を搭載。


Translate this article in English

【RADS】Radium(ラジウム)
Radium

通貨名(通貨単位):Radium(RADS)

最大供給量:9,000,000 RADS

現在の供給量(記事作成時):3,257,232 RADS

システム(アルゴリズム):Proof of Stake

公開日:2016年1月19日

公式サイト:https://radiumcore.org/

ソースコード:https://github.com/tm2013/Radium

Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/rads/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1333026

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/radium/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • Proof of Stakeを採用したスマートチェーン導入暗号通貨。
  • ブロックチェーン上で高度なファイルの検証とID機能を提供する。
  • 使いやすいGUIによって誰でもスマートチェーン機能を活用可能。

概要

ラジウムは高度なユーティリティをブロックチェーンに持ち込みます。
ラジウムは高度なユーティリティをブロックチェーンに持ち込みます。

ラジウムは安全で安定したブロックチェーンです

ラジウム(Radium)は、Proof of Stakeに基づく暗号通貨です。

これは、世界中のノードを持つ分散ブロックチェーンです。

Windows、MacOS、Linuxで利用できます。

ラジウムクライアントは、Raspberry PiなどのローエンドARMデバイスで簡単に実行できます。

Azure、AWS、Docker上でラジウムをBlockchain as a Serviceプラットフォームとして使用することもできます。

ラジウムのスマートチェーン(SmartChain)は、高度なブロックチェーンファイルの検証とID機能を提供するラジウムブロックチェーン上のデータレイヤーです。

これにより、他の暗号通貨では利用できない高度なブロックチェーン機能を利用できます。

使いやすいGUIは、誰でもスマートチェーンが提供する機能を最大限に活用できることを意味します。

ラジウムコア

ラジウムは安全なファイル検証とアイデンティティ管理などが搭載されています。

アイデンティティ管理

スマートチェーンによる高度なブロックチェーンID管理。

ユーザが暗号的に安全なブロックチェーンアイデンティティを得ることを可能にします。

ファイル検証

スマートチェーンファイルの検証と関連するファイルの所有権。

増加するファイル転送とダウンロードセキュリティ。

ユーザーがデータを承認せずに変更されていないことを確認できるようにする。

セキュリティ

世界中に分散されたノードを持つ安定したセキュアな証拠ベースのブロックチェーン。

スマートチェーンの堅牢な基盤を提供します。

交換

Poloniex、Bittrex、Changelly、および1EXを含む複数の取引所で利用できます。

簡単に購入でき、広く利用できます。

オープンソース

ラジウムコア(Radium Core)は、世界中の開発者が貢献できるオープンソースプロジェクトです。

コードが公的に監査され、安全に実装されていることを保証します。

チーム

経験豊かな開発者の専用チーム。

ラジウムユーザベースを拡張しながら、新しい機能やサービスを構築するために一貫して作業します。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。