←前の記事 次の記事→

【PDC】Project Decorum(プロジェクトデコラム)

あらゆる種類のデジタル社会活動に適した、分散型ソーシャルプラットフォーム。


Translate this article in English

【PDC】Project Decorum(プロジェクトデコラム)
ProjectDecorum

通貨名(通貨単位):Project Decorum(PDC)

最大供給量:50,000,000 PDC

現在の供給量(記事作成時):50,000,000 PDC

システム(アルゴリズム):-

公開日:2016年4月10日

公式サイト:http://www.project-decorum.com/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):http://omnichest.info/lookupsp.aspx?sp=59

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1432872.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/project-decorum/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • オープンソースプロトコルを使用してフォーラム、コメントセクション、プライベートコミュニティを作成。
  • あらゆる種類のデジタル社会活動に適した分散型ソーシャルプラットフォームを実現することが目標。
  • プロトコルを使用するすべてのアプリケーションとSAFEウェブサイトが相互に互換性がある。

概要

プロジェクトデコラムはSAFEネットワークによる分散型ソーシャルプラットフォームです。
プロジェクトデコラムはSAFEネットワークによる分散型ソーシャルプラットフォームです。

プロジェクトデコラムとは

プロジェクトデコラム(Project Decorum)は、あなたのデジタルソーシャルアクティビティをあなたが望むやり方で整理し、整形する自由を提供することを目指しています。

オープンソースプロトコルを使用してフォーラム、コメントセクション、プライベートコミュニティを作成することができます。

あなたのソーシャルサークルを組織し、あなたの肩を見渡すサードパーティなしであなたの身元と個人データを管理してください。

プロジェクトデコラムは、分散化されたフォーラムを作成するという目標を持ち始めました。

この名前はDecentralizedおよびForumから来ています。

設計フェーズでは、分散フォーラムに必要なプロトコルがSAFEネットワーク上のあらゆる種類のソーシャルメディア製品を可能にすることがすぐに明らかになりました。

その結果、プロジェクトデコラムの目標は、あらゆる種類のデジタル社会活動に適した分散型ソーシャルプラットフォームを実現するように進化しました。

コアプロトコル

このプロジェクトの主な課題は、すべての人が自分の個人データを所有する分散ネットワーク上の複数の未知の当事者間の永続的なコミュニケーションを可能にすることでした。

現在のインターネット上のほぼすべての場所で使用されているクライアント/サーバーアーキテクチャでは、サーバーは中央のコーディネーターとして機能し、すべてのデータの所有権を取得します。

SAFEネットワークの中心的な機能の1つは、サーバーレスであることです。

プロジェクトデコラムのコアプロトコルは、欠落している中央コーディネーターの代用品です。

コアプロトコルは、会話データをSAFEネットワークにアップロードする場所と方法を記述する一連のルールで構成されています。

これらのルールは、たとえば、元の場所に関係なく、SAFEネットワーク上の特定のメッセージへの返信がどこで終了するかを予測できます。

これは、このプロトコルを使用するすべてのアプリケーションとSAFEウェブサイトが相互に互換性があることを意味します。

人々は、お互いに通信するために同じアプリケーションやウェブサイトを必ずしも使用する必要はありません。

データレベルでは、プロトコルはツリー構造の会話を構成します。

ツリーの各リーフはユーザーからのメッセージを表します。

以前のメッセージへの返信は新しいブランチを作成します。

このツリー構造は、よく知られている多くのフォーラムやコメントプラグインによって行われるスレッド化形式で表現されています。

誰でも新しいルートを作成して、新しい会話の新しいツリーを開始できます。

これは、フォーラム、ブログのコメントセクション、グループチャットボックスなどを作成するために使用できます。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。