←前の記事 次の記事→

【OPT】Opus(オーパス)

イーサリアムとIPFSを用いた分散型音楽プラットフォーム。


Translate this article in English

【OPT】Opus(オーパス)
Opus

通貨名(通貨単位):Opus(OPT)

最大供給量:249,308,531 OPT

現在の供給量(記事作成時):140,080,549 OPT

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年7月9日

公式サイト:http://opus-foundation.org/

ソースコード:https://github.com/Opus-foundation/contracts

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x4355fC160f74328f9b383dF2EC589bB3dFd82Ba0

ホワイトペーパー:https://opus-foundation.org/whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2011065.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/opus/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 規模の小さいアーティストおよびユーザーの保護を目指す音楽プラットホーム。
  • IPFSを記憶層として使用し、4層のレイヤーによってスケーラブルで安定した構造を開発。
  • ブロックチェーンベースのベータ版はリリース済みで現在試用可能。

概要

オーパスはイーサリアムとIPFSを用いた音楽プラットフォームです。 (Opus | Music Decentralized)

オーパスとは

現在の音楽業界は壊れています。

Spotify、Deezer、Apple Musicなどのストリーミングプラットフォームは、アーティストの収益の80%を占め、大きなアーティストはそれを受け入れることができますが、小さなアーティストは音楽ストリーミングで生計を立てることができません。

音楽ファンもひどい経験をしています。

排他的な取引のために競合するストリーミングサービスや音楽業界の断片化により、ファンは好きなアーティストの声を聞くだけで、さまざまなプラットフォーム間で闘争しなければならないことがよくあります。

プレイリストメーカーはオンラインストリーミング業界の成長の大部分を牽引しますが、巧みに作られたプレイリストを作成するために苦労したことに対しても、全く報われていません。

この問題を解決するのがオーパス(Opus)です。

私たちが開発したのは、最先端の低遅延IPFSを記憶層として使用して、曲を永続的かつ透過的に保存する、ベータ対応の4層分散システムです。

オーパスネットワークはすべてのトランザクションを処理するイーサリアム(Ethereum)ベースのロジックレイヤーを使用します。

音楽トラックのグローバル元帳を追跡するためのUniversal Music Registry Number(UMRN)リレー、そしてコアプレイヤーを含むあらゆるプレーヤーがオーパスインフラストラクチャにアクセスして音楽トラックを全て再生できるようにします。

このような不変システムを導入して、OpusDAOやアーティストバウンティシステムなどの追加メカニズムを導入します。

我々は根本的な原因となる独占および集中化されたプラットフォームを狙いました。

どの音楽プレーヤーを選んでも、いつどこで購入しても、いつどこで購入しても音楽がどこにあるのか想像してみてください。

あなたはそれ以上のことを想像する必要があります。

私たちのブロックチェーンベースのベータ版は準備ができており、今すぐ試すことができます。

テクノロジー

オーパスでは、スケーラブルで安定したインフラストラクチャの開発を信じています。

この目的のために、オーパスプロトコルスタックを駆動する新しい4層のソリューションを開発しました。

アプリケーション層:これはOpus APIが音楽トラックをデコードして配信するために様々なサードパーティプレイヤーと対話する最上位レイヤーです。

論理層:この層はイーサリアムブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトのシステムです。このレイヤーでは、各ユーザーの解読キー、参照ファイルハッシュをIPFSストレージに格納するユーザー契約、およびトランザクションを処理するビジネスロジックが存在します。

ディレクトリレイヤー:各トラックには永続的なIPFSハッシュがありますが、ディレクトリレイヤーはオーパスネットワーク上で利用可能なトラックのハッシュをすべて保存するJSONデータベースです。

ストレージレイヤー:ガスの制約のため、すべてのトラックをIPFSネットワークに保存します。これにより、曲が永続的に、分散的に、そして低レイテンシで利用できるようになります。

▲ サイト最上部へ移動 ▲