←前の記事 次の記事→

【ODN】Obsidian(オブシディアン)

Stratisを用いた暗号化メッセージングアプリケーション。


Translate this article in English

【ODN】Obsidian(オブシディアン)
Obsidian

通貨名(通貨単位):Obsidian(ODN)

最大供給量:98,989,363 ODN

現在の供給量(記事作成時):24,400,000 ODN

システム(アルゴリズム):Proof of Stake

公開日:2017年7月5日

公式サイト:https://obsidianplatform.com/

ソースコード:https://github.com/obsidianplatform/

Blockchain Explorer(取引詳細):http://obsidianblockchain2.westeurope.cloudapp.azure.com/

ホワイトペーパー:https://drive.google.com/file/d/0B5ffnLUWqKkMMG1YTXUtNjNvOGc/view

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2004871.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/obsidian/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 暗号通貨と安全な匿名メッセージングを組み合わせたアプリケーション。
  • StratisベースのC#によるブロックチェーンでマスターノードとサービスノード両方を備える。
  • Obsidian Secure Messenger(OSM)アプリケーションを開発し、現在一般に公開。

概要

オブシディアンは暗号通貨と安全な匿名メッセージングを組み合わせたアプリケーションです。(Early demo of Obsidian Messenger (OSM) install and chat with file sharing)

オブシディアンとは

オブシディアン(Obsidian)プラットホームは、ストラティス(Stratis)ベースのC#によるブロックチェーンで、マスターノード(Masternodes)とサービスノード(Service Node)の両方を備えています。

私たちはObsidian Secure Messenger(OSM)アプリケーションを開発し、現在一般に公開されています。

暗号化

エンドツーエンドのbcrypt SHA-512暗号化アルゴリズムを使用すると、送信したメッセージやファイルには専用の個人の連絡先でのみアクセスできます。

匿名

エンド・ツー・エンドの暗号化により、あなたのメッセージ、ファイル、画像、ビデオなどがあなたが意図していない人には見られないようになります。

メッセンジャー転送の自動削除をタイムリーに行うことで、過去のやりとりが決して誰にもアクセスできないようにします。

分散型

オブシディアンのブロックチェーン統合は、システム全体が完全に分散されていることを自動的に意味します。

これは他社のメッセージアプリケーションであるThreemaとSignalにはないものです。

ストラティスコア

オブシディアンは、ストラティステクノロジスタックのカスタムバージョンを、.Netコアテクノロジで使用できるようにカスタマイズされたバージョンのNBitcoinと併用します。

Proof of Stake

Obsidian Coin(ODN)はメッセンジャーサービスと将来のオブシディアンアプリに深く根付いています。

これはオブシディアンプラットフォーム全体のネットワークに関連しており、ステイカーは100%PoSシステムでODNを作成できるだけでなく、マスターノードを設定してネットワークをホストすることもできます。

Obsidian Secure Messenger(OSM)

OSMはオブシディアンネットワークのライトクライアントであり、EDHに依存する完全転送秘密(PFS – Perfect Forward Secrecy)によるエンドツーエンドメッセージ暗号化を提供します。

オブシディアンIDはCurve25519署名鍵で保護されています。

より高速なブロックチェーン相互作用を作成するために、2次並列ネットワークが利用されています。

時間のかかる削除は、テキストメッセージとバイナリファイルが完全にトレース不可能であることを保証します。

▲ サイト最上部へ移動 ▲