←前の記事 次の記事→

【MYST】Mysterium(ミステリアム)

スマートコントラクトを用いた分散型バーチャル・プライベート・ネットワーク。


Translate this article in English

【MYST】Mysterium(ミステリアム)
Mysterium

通貨名(通貨単位):Mysterium(MYST)

最大供給量:32,433,365 MYST

現在の供給量(記事作成時):19,429,024 MYST

システム(アルゴリズム):-

公開日:22017年5月1日

公式サイト:https://mysterium.network/

ソースコード:https://github.com/MysteriumNetwork

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xa645264C5603E96c3b0B078cdab68733794B0A71

ホワイトペーパー:https://mysterium.network/whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1895626.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/mysterium/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • セキュアに構築された分散型のVPNネットワーク。
  • スマートコントラクトをはじめ、複雑なアーキテクチャをベースに構築。
  • Mysterium Networkはマーケットプレイスとして機能する。

概要

ミステリアムは、誰でもインターネットに安全かつ匿名で接続するために使用できる分散型仮想プライベートネットワークを構築しています。(Mysterium To Build Ethereum Based VPN For A More Anonymous Internet (The Cryptoverse #258))

ミステリアムとは

ミステリアム(Mysterium)財団は、Mysterium Network(ミステリアムネットワーク)という、仮想プライベートネットワーク(VPN – Virtual Private Network)ノードに分散型ネットワークという力を供給するオープンソースのソフトウェアを開発しています。

Mysterium Networkはマーケットプレイスとして機能し、オープンソースソフトウェアは誰でも、未使用のネットワークトラフィックを販売するプロバイダーとして、または他のMysterium Networkプロバイダーから顧客購入VPNサービスとしてネットワークに参加することができます。

Mysterium Networkは、P2P、ブロックチェーン、スマートコントラクト、国家チャネルなどを中心とした複雑なアーキテクチャをベースにしています。

セキュアで分散型のVPNネットワーク

これまで、大衆は集中化した大規模なVPNプロバイダーに個人データを信頼させなければなりませんでした。

現在ミステリアムは、大企業から力を取り戻すことを目指す、代用となる分散型ピアツーピア(P2P – Peer to Peer)ネットワークを提供します。

ミステリアムは、VPNサービスの提供および提供のための分散市場として機能し、安全なイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン技術によってバックアップされます。

今日ではインターネットのプライバシーが攻撃されています。

つい最近、米国はインターネットサービスプロバイダー(ISP – Internet Service Providers)が顧客の活動を追跡し、そのデータを最高入札者に売ることを可能にする重要な消費者保護の権利を取り消しました。

電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)によれば、顧客は『顧客にターゲットを絞った広告を追跡し、配信するための新しく侵略的な方法』の対象となります。

その結果、米国の人々はプライバシーを回復しようとしているため、VPNの需要が急増しています。

ほとんどのユーザーは、集中化されたISPのプライベートデータを集中化されたVPNプロバイダーの手に移動するだけであることに気づいていません。

ミステリアムは、分散型のオープンソースで暗号化されたVPNソリューションであるため、中央集権のプロバイダとは比類のないプライバシーレベルを備え、真の代替手段を提供します。

ミステリアムプラットフォームは、余った帯域幅を持つ誰でもVPNノードプロバイダーとしてネットワークに参加し、MYSTトークンを報酬として獲得できるように設計されています。

システムの拡張を可能にするために、トランザクションはプラットフォーム独自のCOREという分散型マイクロペイメントシステムを通じて処理されます。

MarketResearchFutureによると、グローバルVPN市場は、2022年末までにサイバーセキュリティを『主要な推進要因』として106億ドルに達すると予測されています。

すべてのインターネットユーザーにプライバシーを提供するという使命をもって、ミステリアムはサイバーセキュリティに鋭い焦点を当てています。

ミステリアムチームは、ユーザーが企業や政府の利益の対象から守られている未来をしっかりと信じています。

ミステリアムは、最高レベルの透明性、弾力性、安全性を備えたこの未来を担う重要なプラットフォームとなるでしょう。

▲ サイト最上部へ移動 ▲