←前の記事 次の記事→

【MYB】MyBit Token(マイビットトークン)

IoT資産の所有権を持つ者への分配を容易に行うイーサリアムトークン。


Translate this article in English

【MYB】MyBit Token(マイビットトークン)
MyBit

通貨名(通貨単位):Mybit Token(MYB)

最大供給量:2,812,073 MYB

現在の供給量(記事作成時):2,530,116 MYB

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年2月20日

公式サイト:http://mybit.io/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x94298f1e0ab2dfad6eeffb1426846a3c29d98090

ホワイトペーパー:https://mybit.io/docs/MyBit_Whitepaper_v0.13.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1797720

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/mybit-token/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • IoT資産による集団的資金調達が可能となるイーサリアムトークン。
  • 資金調達モデルと収益の流れを逆転させて、より大きなスケーラブルで民主的なモデルを作り出す。
  • 目的は中央集権的な組織ではなく、世界中の人々が所有するマシンによって経済を生み出すこと。

概要

マイビットは分散型エネルギーおよびAIインフラストラクチャへの投資のためのイーサリアムDAppです。(MyBit Intro (Official))

マイビットとは

マイビット(MyBit)を使用すると、収益を生み出すマシン(IoTアセット)の集団的資金調達が可能になります。

そのため、誰でも収益を生むデバイスの株式を買うことができ、その代償として、機械が生み出す収益の一部を受け取ることができます。

これは、資金調達モデルと収益の流れを逆転させて、より大きなスケーラブルで民主的なモデルを作り出しています。

以前は大規模な集中管理機関のために平均的な人に保有されていた投資機会を数十億ドルに広げます。

これらのすべては、プロセスを自動化し、中間者、ブローカー、および他の形式の仲介者を必要とせずにセキュリティを維持し、P2P投資プロセス全体の摩擦を減らすためのイーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトによって管理されます。

この結果は、より多くの機会を利用できる新しい投資エコシステムであり、投資家は技術的な効率性を活用してより多くの資金を確保することができます。

ここでは、分散型の所有という用語をよく使用します。

マイビットが行うことは、特定のIoT資産の所有権を複数の所有者(投資家)に容易に分配できるようにすることです。

今後のマシン経済の台頭に伴い、私たちのビジョンは、オーナーシップとその結果得られる収益の流れを維持する中央集権的な組織ではなく、世界中の人々が所有するマシンによって経済を生み出すことです。

活用例

例を見てみましょう。

アリスは20,000ドルのコストがかかるソーラーパネルを望んでおり、そのために割り当てられるのは5kドルだけです。

伝統的に彼女は貸出機関(銀行)に行って、実際に銀行がソーラーパネルとアリスを所有していることになる銀行に負債ベースの商品(ローン)を申請しなければならないだろう。

ソーラーパネルは収益を生み出すため、投資家はアリスが第三者(財務的)に義務を負わずにこの機会に利益を得ることができるため、負債手段は必要ありません。

代わりに、アリスは世界中の投資家から残りの75%(または15,000ドル)を集めて徴収することができます。

設定された時間間隔(通常30日)内に必要な金額($20k)が引き上げられない場合、すべての資金はスマートコントラクトを介して投資家に返還されます。

資金調達の目標に達すると、調達された資本金は自動的にハードウェアインストーラ/製造業者に送られ、アリスが資金を悪用するリスクを排除します。

一旦インストールされると、ソーラーパネルは、ハードウェアから使用量と支払いデータを取得するオラクルを介してマイビットプラットフォームに接続され、すべてが透明になり、投資家や第三者によって容易に追跡され、監査されます。

ソーラーパネルが収益を生み出すと(この場合、賃貸料やグリッドへの売却)、投資家は所有権に比例して利益の一部を受け取ります。

運用コストと維持管理コストは、最初の資金調達目標に値を付けたり、収益からパーセンテージとして控除することができます。

▲ サイト最上部へ移動 ▲