←前の記事 次の記事→

【MTH】Monetha(モニーサ)

分散型信頼評判システムを備えた商取引プラットホーム。


Translate this article in English

【MTH】Monetha(モニーサ)
Monetha

通貨名(通貨単位):Monetha(MTH)

最大供給量:402,400,000 MTH

現在の供給量(記事作成時):216,689,764 MTH

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年6月21日

公式サイト:https://www.monetha.io/

ソースコード:https://github.com/monetha

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xaf4dce16da2877f8c9e00544c93b62ac40631f16

ホワイトペーパー:http://https//www.monetha.io/static/media/Monetha_White_Paper.8141b945.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1978067.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/monetha/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • スマートコントラクトを用いた商取引プラットホーム。
  • クライアントとマーチャントはクレームを提出/解決しお互いを評価することが可能。
  • 分散型信頼評判システムによって信頼性の低い商取引の可能性を最小限に抑える。

概要

グローバルに信頼される商取引。(First public Monetha announcement)

モニーサとは

商取引と信頼はお互いに必要であり、現在のシステムは複雑です。

私たちはスマートコントラクトを使って関係を単純化しています。

当社の分散型信頼評判システム(DTRS – decentralised trust and reputation system)は、モニーサ(Monetha)の決済プロセッサーと完璧に連携します。

バイヤーは、以前の顧客が行った信頼できる透明なレビューを見ることができます。

バイヤーと売り手の間の信頼できる関係を保証するために必要な情報(保証など)はブロックチェーンに記録されます。

スマートコントラクトは、トランザクションの品質を評価するアルゴリズムに従って、各当事者の信用格付けを自動的に修正します。

これは画期的です。

トランザクション中に保存された情報に基づいて、クライアントとマーチャントはクレームを提出/解決し、お互いを評価し、評価を表示することができます。

その履歴は不変のイーサリアム(Etherium)ブロックチェーンに記録されます。

コスト

従来の決済ゲートウェイでは、最大15種類の手数料がかかります。

取引手数料は2%から6%です。

イーサリアムブロックチェーンを使用することにより、モニーサはシングルステップと1.5%の手数料のみを支払います。

スピード

ほとんどの人は、VISAまたはMastercardトランザクションに関与するステージの数を認識していません。

受け入れられた取引は、数日または数週間後に加盟店の銀行口座に入金されるまでの間に、仲介手数料の長いシーケンスが始まるだけです。

時間はお金です。

モニーサは数秒で取引を行います。

仲介者はおらず、あなたと顧客のみです。

分散化された信頼と評判

イーサリアムブロックチェーンを使用することにより、モニーサは商取引を透明かつ信頼できるものにします。

モニーサの分散型信頼評判システムは、バイヤーとクライアントの両方にとって信頼性の低い商取引の可能性を最小限に抑えています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲