←前の記事 次の記事→

【MGC】MergeCoin(マージコイン)

マージコインは、世界のどこにいても誰でも即座に支払いを行うことができるデジタル通貨です。


Translate this article in English

【MGC】MergeCoin(マージコイン)
Mergecoin

通貨名(通貨単位):MergeCoin(MGC)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):105,401,250 MGC

システム(アルゴリズム):Proof of Stake

公開日:2016年

公式サイト:http://www.mergecoin.com/

ソースコード:https://github.com/mergecoin-project

Blockchain Explorer(取引詳細):http://www.mergechain.com:3000/

ホワイトペーパー:http://www.mergecoin.com/Mergecoin%20Technical%20Whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):-

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/mergecoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • マスターノードを提供する暗号通貨。
  • プライベートトランザクションを発行可能で、プライバシーを強化する。
  • Proof of Stakeを採用しており、低エネルギーで安全なブロックチェーンを構築する。

概要

ダッシュペイとブラックコインのハイブリッド機能を備えたP2P暗号通貨。
ダッシュペイとブラックコインのハイブリッド機能を備えたP2P暗号通貨。

マージコインとは

マージコイン(Mergecoin)は、世界のどこにいても誰でも即座に支払いを行うことができるデジタル通貨です。

マージコイン(Mergecoin)はClearNetを介してピアツーピア技術を使用し、中央権限なしで操作出来ます。

トランザクションの管理と通貨の発行はマージコインネットワークによって一括して実行されます。

マージコインはマージコインという通貨の使用を可能にするオープンソースソフトウェアの名前です。

プライベートトランザクション(ダッシュのような)

マスターノード(Masternodes)は、通貨の完璧な代替性を利用した分散型ミキシングサービスを通じて、プライベートトランザクションを促進します。

マージコインの任意のユニットは、特定のユニットのトランザクション履歴に関係なく、同じサイズの他のユニットと同等の価値を持ちます。

マスターノードは、このプロパティを使用して、プライベートトランザクションを自動的に複数の同一で区別できないトランザクションに分割します。

元のトランザクションに複雑さを加え、任意のユニットの出所を難読化します。

プライベートマージコイントランザクションは、ローカルウォレットを介して開始され、マスターノードサブネットワークによって受信されます。

トランザクションは3つのグループで処理されます。

共通金額の入力が必要です。

たとえば、0.1 MGC、1 MGC、10 MGC、100 MGCなどです。

POS(ブラックコインのような)

私たちはマイニングとProof of Workを安全の基礎とせずに拒絶し、代わりにProof of Stakeを採用しました。

PoSシステムは、低エネルギーの分散コンピューティングネットワークに依存して、安全な分散ブロックチェーンの同じ目的を達成します。

これは、ネットワークを確保する報酬の基礎としてコンピューティングパワーの代わりにコインの蓄積に頼っています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲