←前の記事 次の記事→

【MCAP】MCAP(エムキャップ)

マイニングとICO投資を行うトークン。


Translate this article in English

【MCAP】MCAP(エムキャップ)
MCAP

通貨名(通貨単位):MCAP(MCAP)

最大供給量:100,000,000 MCAP

現在の供給量(記事作成時):4,443,399 MCAP

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年

公式サイト:https://bitcoingrowthfund.com/mcap

ソースコード:https://github.com/BitcoingGrowthFund/MCAP

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x93e682107d1e9defb0b5ee701c71707a4b2e46bc

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1915021.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/mcap/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • トークンの使用によって長期的に大きな利益を生み出す。
  • トークンの売却利益による資金はマイニング投資およびICO投資を行われる。
  • オルトコインをいつ採掘するかを決定するアルゴリズムを開発。

概要

MCAPはBGFによる鉱業およびICOトークンです。
MCAPはBGFによる鉱業およびICOトークンです。

暗号通貨の急騰する価格はMCAPの価値も高めます

一般市民がゆっくりと市場に流通している暗号通貨を認識するようになるに連れ、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)などのコイン投資を始める人が増えています。

最近の数ヶ月で、ビットコイン(Bitcoin)の価格は$ 954から$ 1500を少し上回りました。

そして、2017年末までに、Bitcoinは17年3月の価格のほぼ150%の増加を見るでしょう。

同様に、イーサリアム、ライトコイン、ゼットキャッシュ(Zcash)などの他の暗号通貨も、指数関数的な価格上昇が目撃されています。

Bitcoin Growth Fund(BGF)では、マイニングから得られる可能性のある利益を実現し、さまざまなパラメータに基づいて、特定の瞬間にどの暗号暗号が最も利益を上げるかを計算するアルゴリズムを開発しました。

新規通貨販売(ICO – Initial Coin Offering)は、企業がプロジェクトの資金を調達するためにトークンを使う、市場における最初のプロセスです。

Roger Aitkenのフォーブスに掲載された最近の記事によると、2017年末までに暗号通貨のブームが広がり、マイニングが大幅な利益を生み出すと推測しています。

この時、MCAPトークンを使用することでユーザーは、複数の暗号通貨に投資するのではなく、価格が上昇することを期待して1つのコインに投資して長期的に大きな利益を得ることができます。

私たちのMCAPトークンの売却を通じて調達された資金で、BGFはビットコインと他のコインのマイニングに投資し、またICO投資を行います。

成長市場と暗号通貨の取引量が徐々に増加するにつれて、BGFの開発チームは、利益を最大限に得るためにいつオルトコインを採掘するかを決定するアルゴリズムを開発しました。

▲ サイト最上部へ移動 ▲