←前の記事 次の記事→

【MAID】MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)

全て安全なアクセス、セーフネットワーク。


Translate this article in English

【MAID】MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)
MaidSafeCoin

通貨名(通貨単位):MaidSafeCoin(MAID)

最大供給量:1,000,000,000 MAID

現在の供給量(記事作成時):452,552,412 MAID

システム(アルゴリズム):Proof of Resource

公開日:2014年4月22日

公式サイト:http://maidsafe.net/

ソースコード:https://github.com/maidsafe

Blockchain Explorer(取引詳細):http://omnichest.info/lookupsp.aspx?sp=3

ホワイトペーパー:https://github.com/maidsafe/Whitepapers

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=579797.0

公式フォーラム:https://safenetforum.org/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/maidsafecoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 未使用のHDDスペース、処理能力、ユーザーのデータ接続で構成されたネットワーク。
  • 自己認証システムによってパスワード等を他所に保管する必要が無い。
  • ネットワークは常に各データの複製コピーを保持するようにプログラムされている。

概要

全て安全なアクセス、セーフネットワーク。(An Introduction to the SAFE Network)

SAFEネットワークの特長

SAFE(Everyone For Secure Access)ネットワークは、未使用のハードドライブスペース、処理能力、およびユーザーのデータ接続で構成されています。

既存のインターネットでは現在利用できないレベルのセキュリティとプライバシーを実現し、ユーザーを企業に委ねるのではなく、企業のテーブルを変えてデータを管理します。

これを可能にする多くの機能があります。

仲介無しでログインしデータを保護してください。

パスワードを誰にも与える必要はありません、データにアクセスする第三者の許可を求めることもできます。あなたの情報とそれへのアクセスはあなたのものです。

PINとキーワードはネットワーク上のデータの場所を特定するために使用され、コンピュータを離したパスワードはローカルで復号化に使用されます。

これは誰もあなたのファイルの記録やログインの詳細を保持する必要がないことと、誰にもアクセスを許可するよう頼む必要がないことを意味します。

このプロセスは自己認証(Self-Authentication)と呼ばれ、自分のデータを見つけたり、ロックを解除したり、復号化することができます。

自己暗号化

ネットワークにアップロードされたファイルは、断片化して暗号化され、ネットワーク全体に分散されます。

このプロセスを自己暗号化(Self-Encryption)といいます。

ユーザーがSAFEネットワークアプリケーションの1つを介してネットワークにファイルをアップロード(または保存)すると、ファイルは自動的にチャンクに分割されます。

これらのチャンクは暗号化され(許可された人だけがそれを読むことができるようにエンコードされます)、他のSAFEネットワークユーザのコンピュータにランダムに保存されます。

これらの暗号化されたチャンクは完全に読めず、所有者以外の誰もアクセスできません。

オポチュニティックデータキャッシングを使用した分散型ネットワーク

SAFEネットワークは完全に分散化されており、さまざまなデバイスに世界中のファイルが分散されて格納されています。

これにより、弱点の中心点を持たずにネットワークを攻撃に強くすることができます。

ネットワークの分散された性質により、データに物理的なセキュリティが提供されます。

つまり、既存の集中ソリューションと同様に、第三者がアクセスまたは削除することはできません。

オポチュニティックキャッシングと呼ばれる機能は、一般的なデータのより多くのコピーを要求されている場所の近くに自動的に作成し、人気のあるウェブサイトやその他のデータフィードは、今日のウェブでのように減速してクラッシュするのではなく、実際には訪問者が増えるにつれてスピードアップします。

データの可用性と組み込みの冗長性

ネットワークは、常に各データの複製コピーを保持するようにプログラムされています。

ユーザーがコンピュータをオフにすると、ネットワークはより多くのコピーを作成して他のマシンに保存し、ユーザーは常にそのファイルにアクセスできるようになります。

この絶え間ないデータ移動(チャーン:churn)は、データの場所が変わってもハッカーがターゲットにする中心点がないため、SAFEネットワークが提供するセキュリティの重要な部分です。

不要な重複は自動的に削除されます

ファイルがアップロードされると、同じファイルをアップロードする他のユーザーは自動的に元のファイルに参照した後にコピーの数が制限され、ファイルの保存に必要なコンピューティングリソースが削減されます。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。