←前の記事 次の記事→

【LRC】Loopring(ループリング)

スマートコントラクトを用いたオープンプロトコルの分散型取引所。


Translate this article in English

【LRC】Loopring(ループリング)
Loopring

通貨名(通貨単位):Loopring(LRC)

最大供給量:1,395,076,054 LRC

現在の供給量(記事作成時):697,538,027 LRC

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年8月6日

公式サイト:https://loopring.org/

ソースコード:https://github.com/loopring

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xEF68e7C694F40c8202821eDF525dE3782458639f

ホワイトペーパー:https://github.com/Loopring/whitepaper/raw/master/en_whitepaper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2069498

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/loopring/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 暗号トークンを介して取引する分散型の自動実行システムおよびプロトコル。
  • 暗号通貨の流動性を高め、将来の金融システムを構築。
  • トレードは分散型スマートコントラクトで支配下にあり、注文は自動的に実行される。

概要

ループリングはオープンプロトコルの分散型取引所です。
ループリングはオープンプロトコルの分散型取引所です。

ループリングとは

ループリング(Loopring)は、プロトコルだけでなく、暗号トークンを介して取引する分散型の自動実行システムでもあり、ユーザーを取引先リスクから守り、取引コストを削減します。

基本的に暗号通貨の流動性を高め、将来の金融システムを構築しています。

ループリングではメンバーがトークンを取引所に送る必要はありません。

トレードはブロックチェーン上の分散型スマートコントラクトに支配下にあり、注文は自動的に実行されます。

そしてトークンは、トランザクションのライフサイクル全体でブロックチェーンのアドレスに常に残ります。

メンバーは、注文が送信された後でトークンを転送することもできます。

ループすると、最初の価格で取引金額が自動的に調整されます。

ループリングは、メンバーを交換銀行やDDoSなどの脅威から保護します。

また、ループリング・メカニズムは、小さな断片に分割してその断片を交換するための最善の取引所と時間を特定し、ゲーム理論を適用して取引結果を最適化します。

ループリングは、ブロックチェーンに依存しないようにも設計されています。

ブロックチェーンがスマートコントラクトをサポートしている限り、ループリングを実装することができ、そのようなブロックチェーン上のすべてのERC20のようなトークンをループリングの下で交換することができます。

▲ サイト最上部へ移動 ▲