←前の記事 次の記事→

【LTC】Litecoin(ライトコイン)

ビットコインの軽量版。


Translate this article in English

【LTC】Litecoin(ライトコイン)
Litecoin

通貨名(通貨単位):Litecoin(LTC)

最大供給量:84,000,000 LTC

現在の供給量(記事作成時):51,195,657 LTC

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Scrypt)

公開日:2011年10月7日

公式サイト:https://litecoin.com/

ソースコード:https://github.com/litecoin-project

Blockchain Explorer(取引詳細):http://explorer.litecoin.net/chain/Litecoin

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=47417.0

公式フォーラム:https://litecointalk.io/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/litecoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ビットコインの代替通貨として生み出された暗号通貨。
  • 発行量はビットコインの4倍。
  • 他にもブロックタイムの違いや採掘難易度の調整など、BTCとは異なる要素がある。

概要

ライトコインとは。(What is Litecoin)

ビットコインの軽量版

ライトコインはビットコインに似た実質的なオルトコイン(代替通貨)を作成するためにIRCに参加した私たちの一部の結果です。

ビットコインの金貨に対して銀貨のコインを作りたかったのです。

これまでに様々な代替通貨が登場しており、革新をもたらした人もいれば、問題を抱えていた人もいます。

仕事量による証明(Proof of Work)

私たちは本当にTenebrixのScrypt証明を気に入っていました。

Scryptを使用するとビットコインをマイニングしながらライトコインを掘ることができます。

実装のためにArtForzに大きな感謝を申し上げます。

プレマイン(Premines)

ライトコインには150枚のコインがプレマイン(事前採掘)されています。

ジェネシスブロック(最初の0ブロック)とそれを確認する最初の2ブロックが有効です。

私たちはコインを公正に放出する必要があると考えています。

ある人(またはグループ)が大量のコインをコントロールできるようにすることは、ビットコインの分散型ビジョンに反するものです。

私たちには協力者に賞金を与える余裕はありませんが、人々がこのコインの美徳を見て、早期採用者としてそれに投資し、このコインをより良くするためのサービスを作るのに時間を費やすでしょう。

高速トランザクション

私たちはSolidCoinの高速トランザクション(取引)の利便性に感銘を受けました。

迅速な確認はビットコインの遅い確認ほど安全ではないことがわかっていますが、トランザクションを必要としない小規模のやり取りにとっては非常に便利です。

ライトコインブロックの平均時間は2.5分で、ビットコインの10分に対して1/4です。

ただ、利用者がビットコインほど安全であることを望むなら、ライトコイン確認で4倍の時間を待つことができます。

しかし、ほとんどの利用者は小額のライトコインに対して1回の確認取引を容易に受け入れることが可能です。

採掘難易度変更

採掘難易度の変更はビットコインの2016ブロックと同じように保たれていますが、ブロックが4倍速く検出されるため、難易度は約3.5日ごとに再調整されます。

早い調整の時間とScryptのProof of Work(ライトコインはビットコインのマイナーと競合しません)の組み合わせはNamecoinが遭遇した同様の問題に遭遇しません。

それよりも、突然勢いを失ったハッシュパワーは採掘を行うすべての人にとって非常に困難な採掘難易度を引き起こしました。

コインの生成

マイナーは1ブロックにつき50コインを生成します。

ビットコインの生成プロセスを適切に模倣するために、より高速なブロックを考慮してコインの生成が半分になるブロックを変更する必要がありました。

ビットコインの生成は210,000ブロックごとに半分になります。

対してライトコインの生成は840,000ブロックごとに半分です。

ライトコインは数学をする人にとって、ビットコインの約4倍、約8,400万のコインを生産する予定です。

公平性

私たちは最も公正だと信じている計画を思いつきました。

以前のコインの一部はWindowsのバイナリなしで、またはソースコードなしでリリースされました。私たちはそれが危険なほど不公平だと考えています。

公開3日前、事前にソースコードとバイナリをリリースしました。

人々はソースをコンパイルし、マシン上でクライアントをライトコインテストネットに対して実行する時間がありました。

これにより、人々は公開前にすべてがうまくいっていることを確認することができました。

私たちは投票にも参加していて、投票に最適な時間に投票することができます。ライトコインの開始時(Oct 12 03:00 GMT)に我々はジェネシスハッシュをリリースし、誰もが同時に採掘を開始しました。

テストネットの代わりに実際のコインを採掘するためには設定ファイルを変更するだけでした。

51%攻撃

オルトコインの問題はコインが始動したときにネットワークのハッシュレートが低くなる可能性があり、51%の潜在的な攻撃者のための簡単なターゲットとなります。

少しの希望、少しの祈り、誇大宣伝、革新的なリリースのおかげで、最初から大きなハッシュレートがありました。

これにより、攻撃者がこのチェーンを標的にするのを阻止することができました。

予想通り、一度に多くの人がチェーンを掘り起こしているため、ブロックが自然に孤立しています。

難易度が変わる度にブロックをロックすることで、どんな攻撃も回避することも可能です。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。