←前の記事 次の記事→

【LSK】Lisk(リスク)

JavaScript開発者のためのブロックチェーンアプリケーションおよびサイドチェーンプラットフォーム。


Translate this article in English

【LSK】Lisk(リスク)
Lisk

通貨名(通貨単位):Lisk(LSK)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):107,431,420 LSK

システム(アルゴリズム):Delegated Proof of Stake

公開日:2016年5月24日

公式サイト:https://lisk.io/

ソースコード:https://github.com/LiskHQ

Blockchain Explorer(取引詳細):https://explorer.lisk.io/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1346646

公式フォーラム:https://forum.lisk.io/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/lisk/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • JavaScript開発者のためのブロックチェーンアプリケーション。
  • すべてのアプリは独自のサイドチェーンで動作する。
  • すべてのアプリケーションは分散化され、独自のブロックチェーンの上に構築される。

概要

リスクはJavaScript開発者のためのブロックチェーンアプリケーションおよびサイドチェーンプラットフォームです。(Lisk – A Blockchain Application and Sidechain Platform!)

驚くべきアプリケーションを構築する

分散型ブロックチェーンアプリケーションは、純粋なJavascriptでリスク上にビルドされ、強力なLisk APIを利用します。

さらに、すべてのアプリは独自のサイドチェーンで動作し、リスク自体が安全でスケーラブルな状態に保たれるようにします。

現在開発中で、これらの機能は2017年第4四半期に利用可能になります。

簡単で迅速な導入

リスクプラットフォームは、ブロックチェーンアプリケーションのための多数のストレージオプションを提供します。

.zipアーカイブ内のコードをGitHubやWebサーバーなどのサービスにデプロイし、展開すると名前、説明、タグ、ダウンロードリンクなどの必要なフィールドにLibrariesプラットフォームを登録することができます。

リスクの力を引き出す

リスクネットワークは分散型の強大な組織です。

豊富なユーザー基盤を利用することで、エンドユーザーと開発者は世界中のサーバーを通じて、真の分散型の方法で将来のブロックチェーンアプリケーションを実行するサードパーティのノードを見つけることができます。

開発者はリスクディレクトリとリスクグローバルコミュニティネットワークを組み合わせて、アプリケーションのユーザーベースを拡大します。

プロになる

あなたの手で貴重なリソースをすべて手に入れましょう。

現在、AppleのApp StoreとGoogleのPlayストアがあります。

これは集中化された企業が所有する集中型ソリューションです。

リスク財団は、分散した未来を信じています。

これを実現するために、リスクはユーザーと開発者のために同様にブロックチェーンアプリケーションプラットフォームを構築することで、誰もが利用できるブロックチェーンテクノロジを実現するよう努めています。

2016年5月24日、リスクブロックチェーンネットワークは、LSKと呼ばれる独自の暗号通貨を誕生させました。

その日からリスク財団は契約者と協力して、ソフトウェア開発キット(SDK – Software Development Kit)のリリースに向けて努力しています。

SDKはJavaScriptで書かれたフレームワークで、主要なリスクネットワークの隣に独自のブロックチェーンネットワークを展開します。

分散アプリケーションは、独自のブロックチェーンの上に構築することができます。

プラットフォームに依存しないソーシャルネットワーク、メッセンジャー、ゲームなどを開発するなど、可能性は無限にあります。

複雑なコンセンサスアルゴリズムやピアツーピアネットワーキングプロトコルの手間をかけずに、対応するトークンを含む独自のブロックチェーンネットワーク上にすべてを分散しましょう。

▲ サイト最上部へ移動 ▲