←前の記事 次の記事→

【KIN】Kin(キン)

消費者のためのデジタルサービスにおける分散型エコシステム。


Translate this article in English

【KIN】Kin(キン)
Kin

通貨名(通貨単位):Kin(KIN)

最大供給量:10,000,000,000,000 KIN

現在の供給量(記事作成時):756,097,560,976 KIN

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年

公式サイト:https://kin.kik.com/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/Kin

ホワイトペーパー:https://kin.kik.com/#Papers

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1933262.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/kin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • メッセージアプリのKikアプリケーションに統合されたデジタルサービス。
  • ステークホルダーにはエコシステムの貢献者として報酬が配布される。
  • 開発者には構築、強化、収益化するためのオープンで持続可能なプラットフォームを提供する。

概要

キンは日常生活のためのデジタルサービスにおける分散型エコシステムです。(Token Summit I – Surprise Announcement, Introducing Kik’s Kin with Ted Livingston, Kik CEO)

キンとは

日常のデジタルサービスで使用する暗号通貨として想定されているキン(Kin)は、キンエコシステム内のすべてのトランザクションに使用されます。

ERC20トークンとして公開されているイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンで実装されたキンは、キンエコシステム内の他のデジタルサービスとの相互運用性の基盤となります。

キンはKikアプリケーションに統合され、Kikエコシステムに参加する最初のデジタルサービスとなります。

何百万人ものユーザーがいるにもかかわらず、Kikはキンの主流の消費者の採用を推進し、暗号通貨の基本的価値を確立することが期待されています。

キンウォレットをネイティブにアプリケーションに統合することで、世界で最も採用され、使用されている暗号通貨のウォレットの1つになる可能性があります。

Kin Rewards Engineは、共通通貨としてのキンの使用を促進するための革新的暗号経済構造です。

Kin Rewards Engineを通じて、キンは、コミュニティ全体のエコシステムへの貢献を反映するアルゴリズムによってーに配布される、毎日の報酬として配布されます。

この経済構造は、他のデジタルサービスの所有者がキンを採用し、キンエコシステムのパートナーになるという自然なインセンティブを作り出すことを意図しています。

非営利法人でないキン財団は、キンエコシステムの非営利ガバナンス機関としての役割を果たします。

キン財団の任務は、消費者が簡単に探索して価値を見つけられるデジタルサービスのオープンエコシステムを成長させ、開発者にこれらのサービスを構築、強化、収益化するためのオープンで持続可能なプラットフォームを提供することです。

時間が経つにつれて、キン財団は、キンエコシステムの完全に分散された自律的なネットワークへの繊細な移行を確実にします。

ビジョン

チャットアプリケーションやソーシャルネットワークなどのデジタルサービスは、新しい、かつてない方法でコミュニケーション、情報、商取引を結集しています。

通信システムへの経済的価値の同化は、デジタルサービスを日常生活に不可欠にしています。

同時に、ますます多くの企業がこれらのサービスを管理しており、選択肢が少なく、イノベーションが少なく、最終的には自由度が低くなります。

しかし、分散化は持続可能な道を提供します。

キンのビジョンは、幅広い参加者が集まり、デジタル通信の公正なユーザー指向のモデルを市場にもたらし、消費者の経験を優先させるデジタルコミュニケーションと商取引のためのツールのオープンエコシステムを作り出すという信念に根ざしています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲