←前の記事 次の記事→

【RLC】iEx.ec RLC(アイエグゼック RLC)

ブロックチェーンベースの分散型クラウドコンピューティングプラットフォーム。


Translate this article in English

【RLC】iEx.ec RLC(アイエグゼック RLC)
iEx.ec

通貨名(通貨単位):iEx.ec(RLC)

最大供給量:86,999,785 RLC

現在の供給量(記事作成時):78,070,793 RLC

システム(アルゴリズム):Proof of Contribution

公開日:2017年1月10日

公式サイト:http://iex.ec/

ソースコード:https://github.com/iExecBlockchainComputing

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/RLC

ホワイトペーパー:http://iex.ec/?page_id=186

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1746241.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/assets/rlc/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • イーサリアムブロックチェーン上の分散型クラウドコンピューティングプラットホーム。
  • 開発チーム多くの経験による高い能力を持っている。
  • 多くのコンピューティングリソースにより、分散型のインフラストラクチャと市場を提供する。

概要

iEx.ecシステムはコンピュータをつなぎ合わせて、コンピューティングリソースの1つの巨大なネットワークを構築します。(iEx.ec Announces Its Cryptocurrency Crowdsale to Launch the First Distributed Cloud Platform )

アイエグゼックは何を構築していますか?

アイエグゼック(iEx.ec)はブロックチェーンベースの分散型クラウドコンピューティングプラットフォームです。

開発者は、コンピューティングパワー、サーバー、データセンターをレンタルし、未使用のリソースをイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上の独自の市場を通じて利用できるようにします。

大規模なアプリケーションを実行し、大量のデータを処理するために、業界や科学界からのコンピューティングパワーに対する需要が高まっています。

さまざまな理由で、あらゆる種類のアプリケーションをアイエグゼックのクラウド上でホストすることができます。

アイエグゼックの法的構造は何ですか?

アイエグゼックは、IEXEC BLOCKCHAIN TECH(SIRET 82307092500016)という名前でフランスに設立された会社です。

本社と研究センターはフランスのリヨン市にあります。

アイエグゼックは、INRIA研究所のスピンオフ企業です。

アイエグゼックの中国企業は北京にあり、名門清華大学のSEM X-eleratorによって推進されました。

チームの経験はどうですか?

過去10年間、私たちは多くのアルゴリズムの提案、ソフトウェアの開発だけでなく、世界の多くの科学者が使用する実際のコンピューティング・インフラストラクチャーの確立にも貢献してきました。

私たちは80以上の科学論文を発表しており、そのうちいくつかは最も有用な会議で最優秀論文賞を2回受賞し、EUから1.2M以上の資金を調達しています。

そして9月以降、チームはブロックチェーン開発者、PRおよびマーケティング担当者、ビジネス開発者を含みます。

アイエグゼックの技術は200万ドルの価値がありますか?

過去10年間、私たちは分散クラウドを確立するための大きな技術ポートフォリオを開発しました。

XtremWeb-HEPは、コンピューティング集約型またはデータ集約型のアプリケーションを実行するためのあらゆる種類のコンピューティングリソースを使用できる、成熟した、固体でオープンソースのソフトウェアです。

XtremWeb-HEPは、フォールトトレランス、マルチアプリケーション、マルチユーザー、ハイブリッドパブリック/プライベートインフラストラクチャ、仮想イメージの展開、データ管理、セキュリティとアカウンタビリティ、オーバーレイネットワーク、VM管理、サンドボックス、 HPC標準などを構築出来ます。

アイエグゼッククラウド上にあるRLCトークンの役割は何ですか?

RLCはアイエグゼッククラウドプラットフォームのネイティブトークンです。

RLCトークンの交換では、ユーザーはネットワーク、例えばサーバー、データ、アプリケーションをレンタルして、分散アプリケーションを実行することができます。

なぜ高い目標を掲げているのか

この技術は、大規模な導入には高価です。

私たちは過去にそうしたために、これらのタイプのネットワークを委託するのにどれくらいの費用がかかるかを知っています(EDGIを参照)。

私たちは、市場のネットワークがあることを確認する必要があります。

ドキュメントを提供し、ユーザーをサポートする開発者を養成、プロバイダなどを説得しなければならないのであり、私たちは循環中のトークンの数が市場ネットワーク内において分散を正当化するのに十分であることを確認する必要があります。

将来のビジョン

アイエグゼックは、ブロックチェーン上で動作する分散アプリケーションを提供し、必要なサービス、データセット、コンピューティングリソースにスケーラブルで安全かつ容易にアクセスできるようにすることを目指します。

このテクノロジーは、イーサリアムスマートコントラクトに依存し、オンデマンドで高性能コンピューティングサービスを提供する仮想クラウドインフラストラクチャを構築することを可能にします。

アイエグゼックは、デスクトップグリッドコンピューティングの分野におけるINRIAおよびCNRSの研究機関で開発された一連の研究技術を活用しています。

デスクトップグリッド(ボランティアコンピューティング[BOINC – Volunteer Computing]とも呼ばれます)のアイデアは、インターネット上で十分に活用されていないコンピュータリソースを収集して、従来のスーパーコンピュータのコストのほんの一部で非常に大きな並列アプリケーションを実行することです。

2000年代初め以来、私たちはこの考えを極限まで押し上げてきました。

大規模なデータ処理、データ管理、並列コンピューティング、セキュリティと信頼性、QoS、eScienceインフラストラクチャとの相互運用性など、画期的な革新をもたらした多数のソフトウェアとアルゴリズムを制作しました。

アイエグゼックはフォールトトレランス、マルチアプリケーション、マルチユーザ、ハイブリッドパブリック/プライベートインフラストラクチャ、仮想イメージの展開など、必要な機能をすべて実装し、成熟でソリッドな、オープンソースのデスクトップグリッドソフトウェアであるXtremWeb-HEPに依存しています。

これは他にもデータ管理、セキュリティとアカウンタビリティなど、多くの機能を備えています。

アイエグゼックのおかげで、誰もがコンピューティングリソース(CPU、ストレージ、GPUなど)を借りるという、分散型のインフラストラクチャと市場を整理することができます。

ビッグデータとHPCアプリケーションを設計する革新的なSMEは、それらを実行するために必要なリソースをすぐにオンラインで販売し、細かいビジネスモデルで価値の高いデータセットをレンタルすることができます。

さらにブロックチェーンは完全に分散された状態で分散したコンセンサスと弾力性を提供するため、分散システムとアプリケーションを設計する方法が大幅に変化すると考えられます。

アイエグゼックはまさに新しい時代の始まりです。

▲ サイト最上部へ移動 ▲