←前の記事 次の記事→

【HSR】Hshare(エイチシェア)

高い安全性を持ったオープンソースのサイドチェーン暗号通貨。


Translate this article in English

【HSR】Hshare(エイチシェア)
Hshare

通貨名(通貨単位):Hshare(HSR)

最大供給量:84,000,000 HSR

現在の供給量(記事作成時):33,600,000 HSR

システム(アルゴリズム):Proof of Work,Proof of Stake

公開日:2017年

公式サイト:https://h.cash/

ソースコード:https://github.com/HyperCash

Blockchain Explorer(取引詳細):http://hshare-explorer.h.cash/

ホワイトペーパー:https://h.cash/themes/en/dist/pdf/Hcash+Whitepaper+V0.8.1.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1992228.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/hshare/

概要

エイチキャッシュ(エイチシェア)は複数の利点を持った暗号通貨です。(HCASH VIDEO)

エイチシェアとは

エイチシェア(Hshare)トークンの元であるエイチキャッシュ(Hcash)プラットフォームは、ブロックチェーンベースおよびブロックチェーンレス両方のサイドチェーンになるように設計され、DAG(Directed Acyclic Graph)システムを使用しています。

エイチキャッシュはこれらのシステム間で可能な価値と情報の交換を可能にする主要なブロックチェーンの価値と情報キャリアとなり、無制限の情報と価値の流れを実現します。

また、エイチキャッシュはあなたのプライバシーを保護することができます。

エイチキャッシュは、ゼロ・ナレッジ・プルーフ・テクノロジーを採用し、双方向暗号化とトランザクションプライバシーを求める他の多くの分野を実現します。

他にもPOW + POSオープンガバナンスモデルを採用し、すべてのエイチキャッシュ保有者は、プロトコル更新やPOSマイニング・メカニズムによるアップグレードなど、コミュニティ全体の重要な意思決定に参加する能力を持っています。

そしてHcashの保有者は、DAOガバナンスによりリアルタイムの動的投票システムで資金の使用を決定します。

分散型自治組織(DAO – Decentralized Autonomous Organization)は、将来の発展の原動力であり、コミュニティに継続的な活力を提供します。

システムの維持には安全性が重要ですが、エイチキャッシュはシステム設計の当初から量子抵抗を考慮に入れています。

したがって、エイチキャッシュは実用的な量子コンピュータの登場後でさえも、システムレベルで他のシステムよりも利点があります。

トークンの破壊

Hcashコードと機能開発を実装するには時間がかかるため、ICOの終了後、すべての投資家は現在の成熟したUTXOブロックチェーンを元にしたHshareをトークンとして取得します。

Hcashのメインラインがオンラインになった後、オンラインHshare交換でHcashを使って交換することができます。

そして約10ヶ月後にすべての受け入れと交換を完了させます。

Hcashチームは技術的手段を使用してすべてのHshareを破壊します。

すべてのHshareは締め切り後に永久に破壊されます。

HshareのオープンソースコードHcashのGitHubページでは、誰もがHshareのソースコードを読んでレビューし、Hsahreリリースの総数がHcashのホワイトペーパーで指定されたHcash番号と同じであることを確認できます。

▲ サイト最上部へ移動 ▲