←前の記事 次の記事→

【HEAT】HEAT(ヒート)

スピードに最適化された独自チェーンを持った分散資産元帳。


Translate this article in English

【HEAT】HEAT(ヒート)
HEAT

通貨名(通貨単位):HEAT(HEAT)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):26,971,664 HEAT

システム(アルゴリズム):Proof of Stake+Proof of Presence

公開日:2016年7月9日

公式サイト:http://heatledger.com/

ソースコード:https://github.com/Heat-Ledger-Ltd

Blockchain Explorer(取引詳細):https://heatwallet.com/#/explorer

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1543991.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/heat-ledger/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ヒューリスティックに拡張された非同期トランザクション元帳を提供するプラットホーム。
  • 主要な暗号通貨にアクセスして取引可能。
  • アルゴリズムにProof of StakeとProof of Presenceを採用している。

概要

H.E.A.T.はHeuristically Enhanced Asynchronous Transactionsの略です。(HEAT – Blockchain 3.0)

ヒートとは

ヒートレジャー(HEAT Ledger)は、暗号通貨とピアーツーピアの分散資産元帳を構成するまったく新しい方法を具現化した、ヒューリスティックに拡張された非同期トランザクション元帳の略です。

ヒートは、現在使用されているブロックチェーンデータベーステクノロジーをモジュラコンポーネントに分割し、あらゆる規模の企業ニーズに柔軟にスケーラブルなサーバーサイドテクノロジを容易に提供します。

無制限のスケーラビリティ

ヒートの無制限垂直スケーラビリティは、使用するハードウェアの性能によってのみ制限されます。

1つのブロックチェーンではなくブロックチェーンを利用し、オフヒープメモリマップバイナリファイルを使用して埋め込みデータベースを削除することで、ヒートブロックチェーンは少なくとも常に1000 tpsのトランザクションスループットを維持できます。

私たちの内部テストでは、ヒートサーバーは、一般的に利用可能なコンシューマーハードウェア上で1秒間に100,000件の更新を達成することができました。

ダイレクトクリプトトレード

ヒートクライアントはクライアントサイドの暗号をホストし、内蔵の不可視ゲートウェイを介してヒートブロックチェーンアセット交換に統合されているため、交換を行わずにP2Pのオーダーブックのウォレットから暗号鍵を借用することができます。

これは、一度にトレードが出来ることを意味します。

BTC / ETHが通過すると、通常どおりBTCまたはETHを使用できます。

これにより出金遅れが無くなります。

ライセンスされたマルチシグフィアットウォレット

独自のHEAT暗号クライアントは、BTC、ETH、FIMK、NXTなどの主要な暗号通貨へアクセス出来ます。

また、オペレータが任意のサイズで作成したカスタム資産の作成、転送、取引も可能です。

その技術が可能な通貨のために複数のsigを持つ – クライアントはマルチシグ秘密鍵で保護された金銭勘定をサポートします。

HEAT Ledger Ltdは、EUのワイド・トランスミッター・ライセンスが保留中の合弁事業契約を締結しており、暗号通貨元帳の現金決済金銭を現実に移転する見込みがあります。

より小さいブロックファイルハッシュ結合

確認されていない残高、確認されていない確認済みの資産売買注文などの均質なデータタイプのために、ブロックチェーンを別々のファイルに分割することにより、ヒートは多くのノード関与レベルで機能することができます。

各ユーザーはフルブロックチェーンをホストする必要がなくなり、暗号化された安全なフルブロックチェーンを形成するために、トレントのように連鎖されたスライスされたブロックファイルのうちの1つまたは複数を格納できます。

ハイブリッドブロックリワード

平均で25秒ごとに付与されたブロック報酬のために、ヒートはツインシステムを使用します。

ブロック報酬の半分は従来のPoS(Proof of Stake)アルゴリズムから得られ、残りの半分はPoP(Proof of Presence)ブロックファイルをオンラインでホストするノードの場合、ヒートアルゴリズムは、ブロックスライスファイルの存在を監視し、より少ないコピー数のオンラインを有するスライスに対してより高い確率を割り当てます。

そうすることで、相対的なブロックファイル数に生じる矛盾が軽減されます。

ディストリビューションサービスアーキテクチャ

ヒートはスマートコントラクトを提供するものではありませんが、より良い分散サービスアーキテクチャ提供します。

DSA(DISTRIBUTED SERVICES ARCHITECTURE)はブロックチェーンベースのアプリケーションに対するヒートの答えです。

私たちが作成したのは、Web用に今日使用されているHTTPプロトコルによく似た、ステートフルな双方向通信プロトコルです。

これにより、世界中の誰もがJVMスクリプトエンジン(Java、JavaScript)でサポートされている言語でアプリケーションを作成し、配布されたアプリケーションが(暗号化された)分散状態の全メモリ空間としてブロックチェーンを使用してインタラクティブにサービスするようにできます。

Javaをサポートしていますが、これはオープンソースのブロックチェーンではこれまでにない特徴です。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。