←前の記事 次の記事→

【GXS】GXShares(ジーエックスシェアズ)

あらゆる組織、代理店間の取引および共有を行う中国発の分散型データ取引所。


Translate this article in English

【GXS】GXShares(ジーエックスシェアズ)
GXShares

通貨名(通貨単位):GXShares(GXS)

最大供給量:100,000,000 GXS

現在の供給量(記事作成時):39,000,000 GXS

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年3月4日

公式サイト:https://www.gxb.io/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://block.gxb.io/

ホワイトペーパー:https://ico.gxb.io/download/GXB_Blockchain_White_Paper_v1.2_EN.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1813679.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/gxshares/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • あらゆる組織でのP2P取引および共有を実現するブロックチェーンベースの分散型データ取引所。
  • 顧客はインターネット金融企業から、政府機関、銀行、およびデータ交換需要のある保険会社に及ぶ。
  • 市場への迅速なアクセスを実証するためにP2P融資、自動車金融、消費者金融および銀行を対象グループとしたデータを設定。

概要

公信宝(GXB – Gongxinbao)はあらゆる組織、代理店間の取引および共有を行うよう設計された分散型データ取引所です。(公信宝 – Gongxinbao – Blockchain-based Decentralized Data Exchange)

GXシェアズとは

公信宝(GXB – Gongxinbao)は、異なるプラットフォームでリリースされたデータソース間のブリッジを設定し、あらゆる種類の組織または代理店間のピアツーピアデータの取引および共有を実現するように設計されたブロックチェーンベースの分散型データ取引所です。

GXシェアズ(GXShares)はGXBのトークンです。

理想的なデータ取引は、両当事者が最小限のリスクとコストで取引をストアし、転送し、データを交換できるようにするものでなければなりません。

理想的なデータ交換を実現するために、分散化とブロックチェーンテクノロジというアイデアを基にしたGXBという新しい製品を再定義しました。

まず、GXBデータ取引所はデッドロックを解消して、従来のデータ取引に存在するデータ降下を取り除きます。

取引当事者以外の第三者がデータにアクセスすることはできません。その間、アイデンティティのプライバシーを保護するために、両当事者はGXBによって匿名で保管されます。

さらに、GXBは、データボリュームの広いギャップを持つ企業間での平等な取引を可能にし、デジタル資産の所有権の認証を容易にし、データ取引におけるデータ作成を効果的に抑制します。

ユニバーサルデータ取引プラットフォームであるGXBデータ取引所と、ブロックチェーン(パブリックチェーン)テクノロジに基づくアライアンスチェーンは、すべてにおけるデータ取引に適用されます。

その典型的な顧客は、インターネット金融企業から、政府機関、銀行、およびデータ交換需要のある保険会社に及びます。

その適用範囲と市場へのより迅速なアクセスを実証するために、我々は最初にP2P融資、自動車金融、消費者金融および銀行を対象グループとし、これらの機関および代理店が財務契約の成績をデータ交換の主要資産として生成したデータを設定します。

インターネット・ファイナンスの発展

経済的に言えば、投資、消費、輸出は、しばしばGDPの伸びを促す3つのキャリッジと比較されます。現在の投資成長率の低下と輸出原動力の不足とは対照的に、消費は急速に成長し、経済発展の新しいラウンドにつながります。

iResearchが発表した関連データによると、中国の消費者信用度は2013年に13兆元、2014年に15.4兆元、2015年に19兆元に達し、2019年には41兆元まで上昇すると見込まれています。

これは今後数年間で堅調に推移すると見込まれています。

経済成長への消費の継続的な増加は、急速な産業発展に伴い、経済成長が居住者の福祉と達成共有により反映されることを意味します。

将来的には消費が大きな意味を持つことを示します。

中国人民銀行と中国銀行監督管理委員会は、2016年第1四半期に、新規消費セクターへの財政支援の強化に関する指針を共同で発表しました。

一方、消費者金融市場へのアクセスの禁止は、2016年6月10日の国務院幹事会で決定されたとおりに解除される予定でした。

16都市の指定消費者金融会社で実施されたパイロットプログラムは、経済成長の消費の原動力を高めるために全国に拡大し、消費者金融の発展を推進し、消費可能性を解放し、消費のアップグレードを容易にします。

頻繁な政策指針と消費者金融の発展のハイライトは、消費者金融の地位の基盤を確立することとなりました。

中国の信用調査システムは、個人信用調査のための準備確認に関する通知に基づいて資格を得ている8つの民間信用調査機関によって、正式に帆を立てました。

国家政策の支援と信用調査システムの段階的な完備により、消費者金融の禁止が解除され、消費者金融が全国に拡大しました。

銀行業界の自己変革とインターネットファイナンスの出現を促すことが期待されています。

これによって、消費者金融市場は大きな発展の機会を迎えました。

個人信用調査業の発展の可能性

金融業界の中核はリスク・プライシングです。

インターネット・ファイナンスが訴えたように、2013年から軌道に乗っている信用調査業界は、この嵐の中に浮かび上がっており、利益のために互いに闘い合っている当事者のターゲットになっています。

一部の信用調査会社やデータ会社は、闇市場から直接データを購入したり、データを盗むためにハッカーを雇うことさえあります。

そのような会社の1つは何十億人民元の人民元で評価されました。

一部の企業はデータをキャッシュすることを熱望しています。

彼らは、信用調査の報告を各地で促進するために代理店を雇用しており、年間売上高は最大数億ドルです。

クレジット調査会社が登録した信用調査報告を公表しているこの種の登録取引のための仲介業者が出現します。

現在、データを売る仲介業者は数万人にのぼり、毎回転売されるデータの価格は数万人から数百万人にも上ります。

地下闇市場は既に1兆もの市場に成長していると関係者は語っています。

機密性の高い中核産業は、未曾有の時代を経験しています。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。