←前の記事 次の記事→

【GRS】Groestlcoin(グロイストルコイン)

より効率的でエコなPoWマイニングを行えるSegwit対応の暗号通貨。


Translate this article in English

【GRS】Groestlcoin(グロイストルコイン)
Groestlcoin

通貨名(通貨単位):Groestlcoin(DCT)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):67,890,463 GRS

システム(アルゴリズム):Proof of Work(Groestl)

公開日:2014年3月22日

公式サイト:http://www.groestlcoin.org/

ソースコード:https://github.com/GroestlCoin

Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/grs/

ホワイトペーパー:http://www.groestl.info/groestl-implementation-guide.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=525926.0

公式フォーラム:http://www.groestlcoin.org/forum

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/groestlcoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 独自のProof of WorkアルゴリズムであるGroestlを追加した暗号通貨。
  • GroestlアルゴリズムによってASICに対しての耐性が発生する。
  • これにより消費電力を大幅に削減し、より強力なセキュリティを維持する。

概要

グロイストルコインはPoWにGroestlアルゴリズムを利用した新しい暗号通貨です。(GroestlCoin Cryptocurrency of the Future)

グロイストルコインとは

グロイストルコインは独自のProof of WorkアルゴリズムであるGroestlを採用しています。

現在のところ、GroestlにはASICは存在しません。

そのため、すぐに開発される可能性は低いです。

これにより、分散された分散型の暗号通貨の性質を具現化しています。

リソースの消費と迷惑を最小限に抑えて、誰でも効果的にマイニングすることができます。

これまで、ASICの流入により、分散したマイニングはまもなく死んでいくだろうと考えられました。

しかし、グロイストルコインは生まれ変わり、別のレベルに引き継がれました。

Groestlの付加価値は、Groestlでは『より豊かな利点(いくつかのGPUを所有していること)』があまり面白くないことです。

通貨とマイニングの民主化により、世界のどこででもすぐにお金を送受信する能力、高額の銀行手数料を払わないこと、安全で匿名の環境で取引することは公正公平を意味しています。

革新的なアルゴリズムにより、グロイストルコインネットワークは、消費電力を大幅に削減し、より強力なセキュリティを維持し、sha256、scrypt、x11、x13ベースのコインよりも持続可能な方法でマイナーに報酬を与えます。

GrostlはGPUマイニングの新し​​いグリーンハウスであり、より少ないエネルギーと熱でより大きなハッシング結果を提供します。

私たちは大衆に革新的でユーザーフレンドリーで、誰もが利用できるアース・スチールを利用できるように努めています。

私たちは、完全性と透明性を高く評価します。

デジタル通貨は未来であり、グロイストルコインはこの革命のリーダーの1つになります。

名前の意味

『Grøstl』という名前は、多言語の言葉遊びであり、通常は残ったジャガイモと豚肉でできたスライスのオーストリア料理を指しています。

これらはタマネギとバター脂肪と一緒にパンで焙煎されます。

料理は塩、コショウ、マジョラム、クミン、パセリで味付けし、揚げた卵やクラウト(キャベツ)を添えて食べます。

したがって、gröstlはハッシュと呼ばれるアメリカ料理と幾分似ています。

文字『ö』は、『ø』と同じように発音されるデンマーク語アルファベットの文字である『ø』に置き換えられました。

このように、名前には、ハッシュ関数自体のように、オーストリアとデンマークの影響が混在しています。

Grøstlの発音は難しいようです。

あなたがそう考えるなら、『ø』という文字を「鳥」の『i』と考えてください。

この文字は、いわゆる円唇前舌半狭母音です。

注意事項

当サイトで紹介している暗号通貨は値上がり等を保証するものではありません。

投資を行う場合は、ご自身で綿密な調査を行い、ご自身の責任において投資を行ってください。