←前の記事 次の記事→

【GRC】GridCoin(グリッドコイン)

マイニングを研究目的のために使用することが出来る暗号通貨。


Translate this article in English

【GRC】GridCoin(グリッドコイン)
Gridcoin

通貨名(通貨単位):GridCoin(GRC)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):390,312,753 GRC

システム(アルゴリズム):Distributed Proof of Research

公開日:2013年11月3日

公式サイト:http://www.gridcoin.us/

ソースコード:https://github.com/gridcoin

Blockchain Explorer(取引詳細):http://www.gridresearchcorp.com/gridcoin/

ホワイトペーパー:https://www.gridcoin.us/images/gridcoin-white-paper.pdf

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=324118.0

公式フォーラム:https://cryptocurrencytalk.com/topic/1331-new-coin-launch-announcement-grc-gridcoin

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/gridcoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • BOINCの上に構築された暗号通貨。
  • マイニングによるコンピューティングパワーが科学プロジェクトに貢献される。
  • マイニングには複数の種類が選択可能。

概要

グリッドコインは人類に利益をもたらす分散コンピューティング(BOINC)を使用する新しい暗号通貨です。(Gridcoin, BOINC science cryptocurrency!)

グリッドコインとは

グリッドコイン(Gridcoin)は、分散型オープンソースの数学ベースのデジタル資産(アセット)です。

中央発行機関を必要とせずに、ピアツーピアでピアツーピアでトランザクションを実行します。

グリッドコインは、事実上あらゆる種類の分散コンピューティングプロセス(GPU / CPU / Sensor / Etc)の可能性があるBOINC(Berkeley Open Infrastructure for Network Computing)ホステッドワークを同等に報奨し、暗号的に証明する作業アルゴリズムを提供した最初のブロックチェーンプロトコルでした。

これは無料で、プロセッサ/グラフィックスカードから未使用のクロックサイクルを利用して、がん/エイズ/エボラ/マラリアを治療し、乳白色の図を描き、エニグマコードをクラックさせます。

グリッドコインはProof of BONICとProof of Stake v2の組み合わせであるDPOR(Distributed Proof of Research)報酬メカニズムを使用したBOINC計算によって報酬を与えます。

Proof of Workコンセンサスメカニズムはグリッドコインネットワークでは利用されていないため、ネットワークは既存のPoW暗号通貨よりもはるかにエネルギー効率が高くなります。

ワールド・コミュニティー・グリッド

ワールド・コミュニティー・グリッドは、数千のボランティア・デバイスに数百万の小さなデータベースのコンピューターベースの実験結果を収集し、研究者に送り返します。

研究者は、パターンのデータを調べて、それらが世界的に変化する結果に近づくようにします。

それが始まって以来、ボランティアは科学者が数年間で何千年もの作業を完了するのを助けました。

Wワールド・コミュニティー・グリッドは、がん治療や太陽エネルギー研究における科学的なブレークスルーを可能にしました。

私たちの研究パートナーは、ワールド・コミュニティー・グリッドで実施された研究を基に、健康、貧困、持続可能性に関する知識を向上させ、査読済みの科学誌に35以上の論文を掲載しています。

何故マイニングで研究が出来るのか

Proof of Workアルゴリズムは、マイニングプロセスで無意味な式にエネルギーを浪費し、特殊なハードウェアアーム競争を奨励してトランザクション処理を集中化するという批判を受けています。

グリッドコインは、コンピュータに何か生産的な何かを与える、Proof of Researchアルゴリズムを導入しています。

意味のない方程式を解くために競争する代わりに、グリッドコインのマイニング研究者は病気の治癒の発見、ゲノムマッピング、気候研究などの問題に取り組み、彼らの仕事に対して補います。

グリッドコインは実際に仕事をしてくれたことを報いています。

私たちの目標は、コンピューティングパワーを無駄なハッシングから生産的なコンピューティングに転換し、あらゆる種類の科学調査と技術開発をサポートするスーパーコンピューティングクラスタを作成することです。

スーパーコンピュータへのアクセスは、従来、大規模な研究大学や企業に限られていました。

大規模なコンピューティングデバイスネットワークを構築することで、大部分の研究者にとっては手に入らない複雑な計算が可能になりました。

あらゆる種類のハードウェアをサポートし、テクノロジーの変化として適応するオープンコンピューティングプラットフォームであるネットワークコンピューティング用のBONICは、2002年から分散型スーパーコンピューティングを提供してきました。

リップル(Ripple)、キュアコイン(Curecoin)、リサーチサポートコイン(Research Support Coin)などの研究への参加を増やすための補償メカニズムを作成しようとしましたが、報酬分配の決定や研究トピックの選択に集中モデルを使用しています。

グリッドコインでは、何を研究するのかを決めることができます。

グリッドコインはBOINCの上に構築されており、プログラム、アルゴリズム、またはハードウェアの種類に限定されるものではありません。

BOINCは、Windows、Mac OS X、Linux、およびAndroidをサポートしています。

研究に貢献するために特別なハードウェアは必要ありません。

毎日数時間使用するコンピュータは、CPUを使用しない科学プロジェクトに貢献することができます。

報酬のためにGPUまたはASICと競合する電気。特別なGPUマイニングを持つものは、並列計算用に特別に設計されたプロジェクトに参加することもでき、次世代ASICへのROIの喪失を心配する必要もありません。

現在、30種類以上のプロジェクトがあり、それぞれに独自のハードウェアが必要です – CPUが必要なもの、GPUが必要なもの、センサーが必要なものがあります。

サポートされているハードウェアの多様性により、ほぼすべてのデバイスでネットワークに貢献し、より安全になり、マイニング機能の集中を最小限に抑えることが可能になります。

報酬システムは、1ペイ・パー・シェアのマイニングプールと同じ方法で支払いするように設計されているため、ブロックを解決する速度ではなく、あなたの仕事に基づいて公正に報酬を受けます。

BOINCを通じて科学研究に貢献するために使用できるデバイスには、CPU、GPU、Android、R-Pi、ASICなどがあり、常に追加されています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲