←前の記事 次の記事→

【FTC】Feathercoin(フェザーコイン)

NeoScryptアルゴリズムを採用し、ビットコインを元にした改良版暗号通貨。


Translate this article in English

【FTC】Feathercoin(フェザーコイン)
Feathercoin

通貨名(通貨単位):Feathercoin(FTC)

最大供給量:336,000,000 FTC

現在の供給量(記事作成時):166,869,720 FTC

システム(アルゴリズム):Proof of Work(NeoScrypt)

公開日:2013年4月16日

公式サイト:http://feathercoin.com/

ソースコード:https://github.com/FeatherCoin

Blockchain Explorer(取引詳細):http://explorer.feathercoin.com/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=178286.0

公式フォーラム:http://explorer.feathercoin.com/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/feathercoin/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • NeoScryptアルゴリズムを採用した暗号通貨。
  • 複数のオープンソースプロジェクトを計画。
  • ブロックチェーン技術への拡大、実験、構築が目的。

概要

FTCはバランスのとれた排出モデルと長期的な開発支援により、最も安全で価値のある暗号通貨の一つです。(Feathercoin)

フェザーコインについて

フェザーコインはビットコイン(Bitcoin)、ライトコイン(Litecoin)、無数のオルトコイン(Altcoin)に匹敵する金銭的性質を持つ強力なオープンソースのデジタル通貨ですが、非常に似て異なるものです。

フェザーコインは、ビットコインとライトコインのプロトコルと比較して高度にアップグレードされカスタマイズされたソフトウェアです。

BTCに基づいて、LTCは進化し、そこからFTCが生まれ、ブロックチェーン技術への拡張、実験、そして構築のために、すべての参加者に開放された形で進化しました。

ちょうど1年以上経って、これは多くの素晴らしいプロジェクトの発展につながりましたが、NeoScryptのようなものはありませんでした。

コミュニティの支援とPhoenixcoinの主任開発者Ghostlanderの努力により、私たちは長期的に使われているScryptを採用しました。

技術

フェザーコインはNeoScryptをベースにしており、大部分の暗号通貨にはない多くの機能を実装しています。

私たちには、ATMやPoint of Sales機器、Tシャツやウォレット、レーザーエッチングされた物理的フェザーコイン、およびRaspberry Piベースのプロジェクト向けのオープンソースプロジェクトがあります。

リストにはあまりにも多くのものがありますが、フェザーコインを最も区別する技術的な側面がいくつかあります。

▲ サイト最上部へ移動 ▲