←前の記事 次の記事→

【ENRG】Energycoin(エナジーコイン)

エネルギーアプリケーションを構築するためのプラットフォーム。


Translate this article in English

【ENRG】Energycoin(エナジーコイン)
Energycoin

通貨名(通貨単位):Energycoin(ENRG)

最大供給量:-

現在の供給量(記事作成時):121,013,254 ENRG

システム(アルゴリズム):Proof of Stake

公開日:2014年4月29日

公式サイト:https://energycoin.eu/

ソースコード:https://github.com/EnergyCoin

Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/enrg/

ホワイトペーパー:-

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1028941.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/energycoin/

概要

エナジーコインは再生可能エネルギーに基づいた暗号通貨です。(EnergyCoin Presentation)

エナジーコインとは

2014年、ピアコイン(PeerCoin)というビットコイン(Bitcoin)のようなProof of Stakeを用いた暗号通貨をクローン化した暗号通貨がエナジーコイン(Energycoin)です。

この通貨は、コミュニティ、企業、個人が暗号通貨やブロックチェーンの強みを利用してエネルギーアプリケーションを構築するためのプラットフォームを提供することを目的としています。

コインの目的は、いわゆるエネルギー転換と化石燃料から地元の発電と再生可能エネルギーへの移行を促進することです。

実際の例は私たちのブログに掲載されます。

私たちは、この技術には、既存のテクノロジーがオープンソースであり、分散され、安全であることに比べて、主要なメリットがあると考えています。

エナジーコインを使う理由

暗号トークンは実際の支払いシステムに簡単に接続できます。

トークンは現地通貨の形式として導入することもできます。

価値のあるローカルストアとプラットフォームは、価値のある取引のための手段として機能します。

これはすべて、ブロックチェーン技術という要素で行われます。

トランザクションは1つの元帳に記録され、1回書き込まれるので、透明性と不変性があります。

トランザクションログはプロトコルに応じてシンプルで、誰でも参加できるため、プロセスの整合性があります。

データや権限を保護するためのアドオンレイヤーが不要なため、エコシステムが簡素化されています。

▲ サイト最上部へ移動 ▲