←前の記事 次の記事→

【XEL】Elastic(イラスティック)

独自のプログラミング言語を搭載したマルチタスクに優れた言語。


Translate this article in English

【XEL】Elastic(イラスティック)
Elastic

通貨名(通貨単位):Elasctic(XEL)

最大供給量:100,000,000 XEL

現在の供給量(記事作成時):63,623,070 XEL

システム(アルゴリズム):-

公開日:2017年6月8日

公式サイト:https://www.elastic.pw/

ソースコード:https://github.com/elastic-coin

Blockchain Explorer(取引詳細):http://elasticexplorer.org/

ホワイトペーパー:https://github.com/elastic-coin/whitepaper

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1957064

公式フォーラム:https://talk.elasticexplorer.org/

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/elastic/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • 分散型スーパーコンピュータの構築を目指すオープンソースのプロジェクト。
  • 独自プログラミング言語を搭載しており、マルチタスクに優れている。
  • システムは完全にトラストレスであり、外部サービスに依存しない。

概要

イラスティックは、最初の分散型スーパーコンピュータの構築を目指すオープンソースのプロジェクトです。
イラスティックは、最初の分散型スーパーコンピュータの構築を目指すオープンソースのプロジェクトです。

イラスティックが出来ること

イラスティック(Elastic)では、特定のユースケースの代わりに、ユースケースをシステムのユーザがイラスティックの独自のプログラミング言語であるElastic PLでコーディングする必要があります。

これはCに似ていますが、機能が限定されているため、イラスティックコードを他のマシンで実行しても害を及ぼすことはありません。

Elastic PLでプログラムを書くことができ、正しく実行されれば、悪用も無限ループも、データ漏れもないことを確認出来るでしょう。

これにより、イラスティックはタスクの設計において柔軟性がありますが、他のシステムよりも1つの特定のユースケースでは優れていません。

他のスーパーコンピュータモデルでは、6つの異なるタスクを実行する場合は、6つの別々のユースケースが必要です。

イラスティックを使用すると、一度にすべてを行うことができます。

Elastic PLがさらに発展するにつれて、タスクの多様性はますます複雑になります。

現在は、検索スペースを探索するタスクだけが実行され、複数のパッケージに分割されたタスク(レンダリングのように大きな画像を多数の小さなタイルに分割するタスク)は実行できません。

Elastic PLは時間の経過とともに、Elastic PLが提供する柔軟性でより良くなるでしょう。

システムは、ユーザーが設定可能なタスクを可能にするために、このように構築、設計されています。

これにより、イラスティックは現在これを提供している唯一のシステムになります。

イラスティックの可能性は基本的に無限です。

その他のデザイン機能

現在のシステムは完全なトラストレスです。

これは、何かを検証する中央の権限がないことを意味します(BOINCベースのすべてのコインは単一のエンティティによって制御される外部サービスに依存し、不正になり、コイン全体を損なう可能性があります)。

ネットワーク内のノードは、それ自身で作業を検証します。

さらにスーパーノードがノードで処理された作業をチェックし、最終レベルのセキュリティがスーパーノードが作業を行っていることを確認するGuardノードにあります。

▲ サイト最上部へ移動 ▲