←前の記事 次の記事→

【EDO】Eidoo(エイドゥ)

異なるプロジェクト間の橋渡しを行い、管理ツールを提供するプラットホーム。


Translate this article in English

【EDO】Eidoo(エイドゥ)
Eidoo

通貨名(通貨単位):Eidoo(EDO)

最大供給量:90,708,326 EDO

現在の供給量(記事作成時):10,708,403 EDO

システム(アルゴリズム):-

公開日:201年10月7日

公式サイト:https://eidoo.io/

ソースコード:-

Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xced4e93198734ddaff8492d525bd258d49eb388e

ホワイトペーパー:https://eidoo.io/white-paper/

Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2243926.0

公式フォーラム:-

CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/eidoo/

(本文前に)簡単な3行まとめ

  • ウォレット、取引所、デビットカード、マーケットプレイスを提供するプラットホーム。
  • ユーザーエクスペリエンスを特に重視し、暗号通貨の複雑さから開放させることを目標。
  • ユニークなユーザーエクスペリエンスを通じてさまざまなテクノロジーを管理するツールを作成する。

概要

エイドゥはブロックチェーンと人間用インターフェイスで、ブロックチェーンとそのユーザーとのやり取りを簡素化します。(Eidoo Wallet and Exchange)

エイドゥとは

エイドゥ(Eidoo)はブロックチェーンと人間用インターフェイスで、ブロックチェーンとそのユーザーとのやり取りを簡単にします。

エイドゥの目的は他人がしていないことを達成するだけでなく、より安全で簡単な方法で、ユーザーエクスペリエンスを特に重視し、暗号世界の複雑さをさらに高めることです。

私たちは1つのアプリケーションしか作成せず、使いやすく、暗号の世界をエンドユーザーにもたらしたいと考えています。

現時点ではユーザーエクスペリエンスとしての世界に向かってお互いに離れた場所から橋渡しをしています。

このプロジェクトの目標は、異なるビジョンのために共同体(BitcoinやEthereumなど)が協力し合っていないテクノロジーに共通の場所を提供し、ユニークなユーザーエクスペリエンスを通じてさまざまなテクノロジーを管理するツールを作成することです。

エイドゥは、今日存在する技術とサービス、現時点では想像がつかない技術やサービス、さらには想像できない技術とサービスを統合しています。

ブロックチェーンベースのスマートアセット用に使いやすく安全なウォレットのビジョンは、次のとおりです。

・ERC20標準とEVM契約に基づいて開発を資金提供するための組み込みトークンシステムを使用した、使いやすく、使いやすく、破壊的で柔軟性の高い機能豊富なターンキーのイーサリアム(Ethereum)の実装。

・従来の非営利のオープンソースの資金調達手法を用いて、新しいアセットプロトコルRGBとオフチェーンのトラステッドコンピューティングに基づいた、セキュアでスケーラブルで長期的な、プライバシーに準拠したビットコイン(Bitcoin)の実装。

テクノロジーとアプリケーションの使いやすさの両方で常にダイナミックな世界に直面している現在、良くないソリューションは永遠に残ることはありません。

方法論的なアプローチを通じて、エイドゥは技術とユーザーの両方の経験を向上させ続けるでしょう。

▲ サイト最上部へ移動 ▲